東野圭吾の作品の魅力についての考察ーー『赤い指』を中心に/东野圭吾作品的魅力--以《红手指》为中心毕业论文_日语毕业论文

東野圭吾の作品の魅力についての考察ーー『赤い指』を中心に/东野圭吾作品的魅力–以《红手指》为中心毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

东野圭吾作为日本推理小说的代表,自上世纪80年代以一部《放学后》获得江户川乱步奖之后,便一直活跃于文坛上。随着其翻译作品和影视作品逐渐流入中国市场,东野圭吾这个名字也被越来越多的中国人所熟知。对东野圭吾作品的研究不仅可以使人们认识日本文坛,也可以更进一步认识日本社会、文化等。但是,目前国内有关东野圭吾作品的相关研究却并不多。

本稿将以东野圭吾的社会派作品《红手指》为例,以作品本身的内容及创作背景为基础,来研究作品的表现技巧和人物描写。同时通过分析三个家庭、两种情感来反映三种社会问题。以此来解读东野作品的文学价值,全面认识东野圭吾的作品魅力。

关键词: 东野圭吾 《红手指》  文学价值  作品魅力

                目 次

1.はじめに 1

1.1問題提起 1

1.2研究難点 1

1.3 先行研究 1

1.4本論の研究目的 2

1.5本論の研究方法と手順 3

2.東野圭吾と東野作品について

2.1東野圭吾の紹介 4

2.2『赤い指』の創作背景 4

2.3『赤い指』のあらすじ 5

3.『赤い指』の魅力について

3.1優れた表現技巧 6

3.2優れた人物描写 7

4.『赤い指』の社会価値

4.1三つの家族 9

4.2二つの感情 10

4.3二つの社会問題 11

5.おわりに 13

参考文献

謝辞

1.はじめに

1.1 問題提起

推理小説とは、小説のジャングルの一つである。殺人、盗難、誘拐、詐欺など何等かの犯罪事件が発生すると、その合理的な解決に向けての経過を描くものである。推理小説はアメリカに始まり、イギリスで発展し、日本で盛んになった。

日本の推理小説と言うと、すぐ東野圭吾を思い出す人は多いだろう。彼の小説の売り上げは非常に高いし、一部分の作品も映像化された。筆者は偶然『赤い指』という映画を見て、すぐ東野圭吾の作品に深い興味を持ってきた。そして『赤い指』を研究するために、色々な面から考察しようと思っている。そこで、インターネットなどを通して資料を捜し、関連文献を読んできた。

東野圭吾の推理小説は世界でも典型的なものであるから、彼の作品の研究により、推理小説の特徴も、日本社会ももっと理解できると思う。しかし、国内に東野作品についての研究は非常に少ない。『白夜行』を研究した資料はいくつかあるが、『赤い指』についての研究は今までに一つしかない。したがって、本論は『赤い指』を中心として、東野圭吾の作品の魅力を研究したい。

1.2 研究難点

まず、国内に東野の作品についての研究は非常に少ない。参考資料が得難い。次に、図書館の資料も少ないし、インタネットで調べられる資料も少ない。そして、どこから手を付けようか、論文の枠組みの打ち立てるのも難しい。

1.3 先行研究

まず、『僕たちの好きな東野圭吾』という本に読者の心をつかむ人気作家のテクニックと魅力を書き記した。東野圭吾の引力、東野圭吾スペクトルと映像化作品の力学の三章から、東野圭吾とはいったいどのような男なのか、どのよな魅力があるかということが紹介された。この本によって、東野作品の創作背景、スタイル、影響などがよく分かった。これは各方面に及んでいる東野作品の研究に役立つ資料と言っても過言ではないと思われる。

この本に「感動を呼ぶ人間ドラマを描いた小説の印象が強い東野だが、『皮肉』をテーマにした作品も数多く存在する。『作家は言いたいことを小説で表現する』と発言する彼は、実体験に基づいたストーリを毒っ気たっぷりに表現している。」という段落がある。確かに、彼の作品に皮肉や感動などを込めていて、『赤い指』もそれである。これは犯罪者心理が描かれている作品であり、それらの心理描写を通じて、皮肉な事実や問題などが現れた。

次に、「东野圭吾推理小说特色解析」という論文は東野圭吾の作品の翻訳本を研究対象として、それらの作品の創作背景、小説主題および表現技巧の研究によって、小説の特徴を全面的に展開した。この論文に東野圭吾についても紹介した。東野圭吾は現代の有名な推理小説家である。2006年、彼は『容疑者Xの献身』で日本推理学界の筆頭格の作家になった。東野圭吾は日本推理小説の代名詞となった。それに、この論文に東野圭吾の小説の主題を分析して、東野小説の主題を五つに分けた。それによって、東野小説の社会観、科学観、家庭観、人性観、女性観を得た。『赤い指』の中に及んだ社会観、家庭観、人性観の研究にとって、重要な参考資料である。

また、「东野圭吾侦探小说的魅力解读——以《白夜行》为例」という論文は東野圭吾の『白夜行』を中心として、作品それ自身の分析に基づいて、命題、スタイル、人物イメージの構造、小説の悲惨さなどから、東野圭吾の推理小説の魅力を研究した。東野圭吾の推理小説は作風によって大体四つのジャンルに区分できる。本格ミステリ、社会性ミステリ、ユーモアミステリ、サスペンスミステリ。『白夜行』は社会派推理小説に属して、社会派推理小説の代表である。小説に描いた不倫の恋愛、変態心理、近親相姦などの社会問題はその時代に存在した社会問題を反映した。人間性問題に対しての注意を払った。『赤い指』も社会派推理小説に属して、『白夜行』と多くの共通点がある。

最後に、「解读东野圭吾经典社会派推理作品——《红手指》」という論文に、中国では『赤い指』は『白夜行』、『容疑者の献身』と比べると、そんなに人気があるのではないながら、社会派推理小説に属して、大きな研究価値と社会価値があるという指摘がある。この物語のあらすじを紹介し、親子愛情の欠けることを指摘した。現在の中国において、この問題もある。例えば、留守児童、身寄りのない老人など。この時代に愛情は人間にとって何よりも重要であると言えよう。

以上は読んできた代表的な文献である。要するに、東野圭吾の推理小説は研究価値がある。私は以上の文献を参考にして、『赤い指』を中心として、東野圭吾の作品の魅力を考察しようと思う。

1.4 本論の目的

日本語を勉強する時に、日本語を習うだけでなく、日本の文化、文学、歴史なども勉強しなければならないと思う。文学の取材は現実の社会から得たものであるから、日本文学の研究によって、ある程度に日本社会を理解することができると思う。そのため、本論は先行研究を踏まえた上に、『赤い指』の研究を通じて、この作品の文学価値と社会価値を研究し、東野作品の魅力を分析する。一方、作品の中に反映した社会現象を分析して、人々の反省を呼びかけようと思う。

1.5 本論の研究方法と手順

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接