中日茶道的比较研究 --以千利休与陆羽之比较为中心(日本と中国の茶道の比較研究 ―千利休と陸羽の比較を中心に)毕业论文_日语毕业论文

中日茶道的比较研究 –以千利休与陆羽之比较为中心(日本と中国の茶道の比較研究 ―千利休と陸羽の比較を中心に)毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中国的茶史可以上溯到神农氏。唐代陆羽的《茶经》在很长时间里对世界产生持久影响。那时饮茶活动就逐渐从王公贵族普及到平民百姓。经过宋、明两代茶道发生了很大变化。茶道从茶叶的改良、茶具的发展到茶道思想的完善逐渐成为今天的样子。

在廉仓时代高僧荣西将茶的种子赠与位于京都梅尾高山寺的名惠上人之后,斗茶发展起来。之后,村田珠光、千利休、丰臣秀吉等人改革了茶道,使之成为日本特有的文化艺术。

中日茶道因本国历史文化差异的原因,在茶具,茶礼,茶道思想和美意识等方面有很大的差异。

千利休和陆羽对中日茶道的发展产生了深远的影响,本文将以千利休和陆羽茶道的异同点的比较文中心,研究中日茶道的异同点。

陆羽的《茶经》可以称得上是中国茶道从实用性转为精神文化性的转折点,而在日本历史上利休则是将茶道从精神文化逐渐的变得实用化。利休茶道的形式也没有陆羽的自由,必须遵循严格的形式。陆羽茶道的核心思想是儒家思想,而利休的茶道的心得则是“七规四则”。

关键词:茶道 千利休 陆羽 比较 斗茶

要旨

中国の茶を飲む歴史は神農に遡り、長く世界に影響を与え続けている。中国茶に関する著作に唐時代の陸羽が書いた『茶経』がある。その時からお茶を飲む行為が確認されるが、それは次第に王候貴族から一般の庶民へ広がっていった。宋時代と明時代を通して茶道は大きく変化し茶の葉の改良、茶器の発展、また茶道思想の完備を経て、今のようになった。

日本では鎌倉時代に栄西がお茶の種を京都・栂尾高山寺の明恵上人に贈り、闘茶が発展し始める。その後、村田珠光、千利休、豊臣秀吉などの茶人が茶道を改革して日本独特の文化芸術となった。

中日の茶道には自国の文化や歴史の影響により異なるところが数多くある。たとえば茶具、茶道の儀礼と思想また美意識などの方面で違いが見られた。

千利休と陸羽が中日の茶道の発展に大きな影響を与えたが、本論では主に千利休と陸羽の茶道の儀礼と思想の相違点を明らかにし、その相違点から中日茶道の相違点を明らかにした。

陸羽の『茶経』は中国の茶道が「実用」から「精神文化」になった転換点に位置づけられた。日本の茶道の歴史は逆で、千利休は茶を「精神文化」から「実用」化させた。それに、利休の茶の湯の儀礼は陸羽ほど自由ではない、複雑な儀礼を守らなければならない。陸羽の茶道の核心思想は儒教思想をもとにした「倹」であるが、千利休の茶道の心得には、「四規七則」があることがわかった。

キーワード:茶道 千利休 陸羽 比較 闘茶

目 次

序論 1

1. 中日茶道の起源と発展―千利休と陸羽の茶道への影響の比較を中心に 2

1.1陸羽の中国の茶道の発展への影響 2

1.2千利休の日本の茶道の発展への影響 3

1.3中日茶道の発展の相違点 3

2. 中日茶道の儀礼―千利休と陸羽の比較を中心に 4

2.1陸羽の『茶経』の儀礼 4

2.2千利休の茶の湯の儀礼 4

2.3中日茶道の儀礼の相違点 5

3. 中日茶道の思想―千利休と陸羽の比較を中心に 6

3.1陸羽の『茶経』の核心思想 6

3.2千利休の茶の湯の核心思想 7

3.3中日茶道の思想の相違点 8

結論 9

序論

中日両国の茶に関する交流は長い歴史を持ち、多くの記録が残されている。日本の飲茶とお茶の栽培は中国から直接、あるいは間接に伝播して行ったものである。しかし、日本の茶道は発展の過程で、次第に特有の伝統、規範を形成した。そのため、筆者は中日茶道の相違点に興味を持った。先行する中日茶道の比較研究は、中日茶道の起源と発展、核心思想、儀礼などから論述している。そして、千利休と陸羽が中日茶道において重要な地位を占めていることも多くの研究者によって指摘されている。しかし、その二人が中日茶道の発展に及ぼした影響や彼らの思想、儀礼などに対する直接的な比較研究は殆どない。本論文では千利休と陸羽の直接的な比較を中心に中日茶道の相違点を明らかにしたい。

  1. 中日茶道の起源と発展―千利休と陸羽の茶道への影響の比較を中心に

茶道は中国の伝統文化の一つとして、その起源と発展はお茶を飲む文化の発展につれて生み出されたものだ。そして茶道の創生や形成また復興などは、人間の自然や社会に対する認識、改造など様々な活動と深い関係がある。世界で初めて「茶道」という言葉が現れたのは唐の時代である。後の時代を通して茶道は大きく変化し茶の葉の改良、茶器の発展、また茶道思想の完備を経て、今のようになった。

日本の茶道の歴史は中国の茶文化の歴史ほど長くない。史料によると、お茶が日本に初めて入ってきたのは平安時代であった[1]。その時中国で留学していた僧侶の最澄[2]がお茶の苗を持ち帰ったらしい。その後、村田珠光[3]、千利休、豊臣秀吉[4]などが茶道を改革して日本独特な文化芸術となった。

陸羽と千利休は中日茶道の発展に大きな影響を及ぼしたとよく知られているため、二人の比較から中日茶道の相違点を明らかにしていく。

1.1陸羽の中国の茶道の発展への影響

中国でお茶を飲む習慣は最初は薬用からであり、後に日常の飲み物になったとされる。陸羽の『茶経』はわが国の製茶と飲茶、さらに茶文化の精神的な背景を形成するための基礎を築いた。『茶経』は世界で初めて茶について系統的に述べた本であり、中国の茶の歴史の中でも最も深い影響がある本と言える。『茶経』の出版が中国の茶文化が薬用から飲用に、「実用」から「精神文化」になった転換点だったと考えられている[5]

中国の茶道は、「茶器や水などのお湯に対する影響もしくは茶の木の種類、栽培、加工、茶の葉の化学的な変化などを研究することによって、どのように質のいい茶を生産するかを研究する過程」[6]とされるが、『茶経』は茶の起源、作るための道具、作り方、煮る為の道具、煮る方法、歴史、その他お茶に関することがすべてといって良いほど詳細に書かれている。例えば以下のような記述が見られる。

茶之牙者 発於聚薄之上 有三枝四枝五枝者 選其中枝頴抜者採為

日本語訳:牙のような芽を出した葉は葉群の上に出て、三枝四枝五枝であったりするが、その中の枝の特に抜きん出ているものを選んで採む

其日有雨不採 晴有雲不採 晴採之 蒸之 搗之 拍之 焙之 穿之 封之 茶之乾矣

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接