中国和日本的饮食文化的比较 --以鱼料理为例(中国と日本における食文化の比較 ―魚料理を中心に)毕业论文_日语毕业论文

中国和日本的饮食文化的比较 –以鱼料理为例(中国と日本における食文化の比較 ―魚料理を中心に)毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

“民以食为天”,中日两国作为两个在地理与文化上如此联系紧密的两个国家,在饮食这个关键问题上是有一些共同语言的,当然,到底是海两边的两个国家,饮食上那个还是有一些区别的。

在主食方面,就当下情况来讲,中日都是以谷物为主,不像西方那样依靠肉类食品和乳制食品,中国南方主要是大米,这与日本是毫无二致的,当然,中国北方就会有更多的选择,如小麦,豆类,小米。  值得注意的是,中日饮食还有一道独特的风景线,就是都重视在饭后送上一杯茶,以助于消化,当然,主客也可以借着这个空当进行一些必要的交流。 但是,中日饮食文化还是存在巨大差异的。中国的每一道菜都是经过长时间的烹调,原料往往要经过煎煮炒炸卤炖等多到工序的制作方能起锅,在这一系列程序中原料得以定型,原味得以提升,口感也更丰富;而日本,相比之下是更加注重发挥材料本身的味道,根据情况生吃是最好的选择,而这在在国人眼中是难以接受的。  此外,中国人的传统饮食习惯是以植物性食料为主,主食是五谷,辅食是蔬菜,外加少量肉食;日本菜的最大特点是生鲜海食,当然,中国人也吃鱼。而在吃鱼这一方面,中日还是有差异的,日本临海,主要依靠的是海鱼,而中国大陆水域宽广,依靠的主要是淡水鱼。   

中国菜讲究色香味俱全,而日本菜讲究色形味。日本菜肴偏淡,但是很注重形,所以说吃日本菜是用眼睛吃的。

本文就从食材,作料,烹饪方法,中日特色料理,和对于饮食文化的观念等方面介绍两国饮食文化的不同之处。

关键词:饮食文化,中日,料理,饮食观念

要 旨

中日両国は地理と文化の上で緊密な2つの国家である。飲食は肝心な問題で、その上でいくつか共通の言葉があったのも当然で、海の双方の2つの国家として、飲食の上ではまだいくつか違いあったのだろう。

主食の方面で、今、中日はすべて米を主にとして、魚や肉を副食にしている。注意する必要があったのは1つ独特な習慣である。食事をした後、1杯のお茶を重視するので、消化を助けだけではなく、主人と客もこの隙間を利用していくつかの必要な交流を行うことができる。しかし、中日の飲食の文化はまだ違いが存在したのである。中国人の伝統の食習慣は植物性の食材を主にして、主食は五穀で、主食を補佐するのは野菜で、少量の肉類もつけ加えている。日本料理の最大の特徴は生鮮の魚を多用して、当然、中国人も魚を食べます。魚の食材では、中日はまだ違いがあったので、日本は臨海で、海の魚は豊富で、中国大陸の水域は広くて、主要は淡水魚を食材にしている。

中国料理の重んじるところは色と香りと味が全部揃えることで、日本料理の重んじるところは形と味だけである。日本の料理はどうしても薄くて、しかしとても形を重視して、だから日本料理を食べるのが目で食べるのだと言います。本文は食材から、調味料、料理の方法、中日の特色の料理、飲食の文化の観念などの方面についてと両国の飲食の文化の違うところを紹介する。

キーワード:飲食文化 料理 飲食観念

目次

はじめに………………………………………………………………………………6

1.中日料理の原材料と調理…………………………………………………..7

1.1中日料理の食材…………………………………………………………….7

1.2中日料理の調味料…………………………………………………………7

1.3中日料理の調理法…………………………………………………………8

2.特色料理…………………………………………………………………………10

2.1日本特色料理…………………………………………………………….10

2.2中国特色料理…………………………………………………………….10

3.食事文化について……………………………………………………………13

3.1客をもてなす方法と観念…………………………………………..13

3.2食事するときの礼儀作法…………………………………………..13

おわりに…………………………………………………………………………….15

謝 辞……………………………………………………………..16

参考文献………………………………………………..…..……17

はじめに

食生活が多様化している現在、多くの美味しい料理を食べることができる。他の国の料理を食べるとき、いつも自分の国の料理と比べて、いろいろ考えてきた。風味、味など、いったいどの様な違いがあるのだろうか。そして、昔から深い関係がある中国と日本は、食文化において、どういう違いがあるのであろうか。昔から、食文化は人々の生活と多くの関係がある。食文化は時代性と伝統性的要素を持つ。一国内においても多くの民族の特徴を反映している。しかしながら、はやり中日両国の食文化の相違を探求することにもまだまだ一定の意味があろう。本論では、料理の原材料、調味料、調理法、特色料理、食事についての方面から中日食文化比較を行いたい。

1.中日料理の原材料と調理法

1.1中日料理の食材

中日両国の地理的な位置、自然条件などによって、両国の植物と生物も違っている。その植物と生物を料理の原材料として、料理の仕様などに直接に影響をする。一般的にいうと、米を主食として、野菜、肉や魚などを副食とする。そして、日本が島国である上に資源が乏しいから、 食材は魚などの海産物が多い。中国は海、島、湖があるが、陸地が主な部分を占めているから、食材は日本より豊富である。そして、中国は日本と違って、蛇、犬などの動物の内臓も料理として食べている。中華料理は食材を十分に利用する。[1]

中国人は肉が特に好きで、肉を素材にした料理も多い。基本的にすべての動物の肉が食べられると思っている。魚、エビなども中国人の好みである。特殊な食材として、アリ、ハエ、サソリや猴脳などもある。中国は多民族国家であり、多様な生活習慣や地理環境が食材の多様性をもたらしている。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接