从含蓄表达看日本文化的曖昧性―以“はい、わかりました”为中心―(含蓄表現から見る日本文化の曖昧性―「はい、わかりました」を中心に―)毕业论文_日语毕业论文

从含蓄表达看日本文化的曖昧性―以“はい、わかりました”为中心―(含蓄表現から見る日本文化の曖昧性―「はい、わかりました」を中心に―)毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

 日语含蓄表现的重要特征是暧昧性。日本人经常实用暧昧的语言,对话也很温和。暧昧语是日本文化中最重要的特点之一。从日本社会的很多特征中都可以发现这一点。本文主要通过日常生活中对暧昧表现的描写、日本含蓄语文化的背景、以及反应出的日本独特的文化来分析的。以此,来理解日本人的含蓄、日本人强烈的集团意识、以及对于和的尊重。本文是想从日语的含蓄表现来看日本文化的暧昧性。

关键词:暧昧 和 以心伝心 会话

目次

はじめに……………………………………………………………………………1

0.1研究の意義…………………………………………………………………… 1

0.2本論の研究方法と手順………………………………………………………1

第一章 本研究に関連する先行研究……………………………………………2

1.1 含蓄の表現……………………………………………………………………2

1.2「はい、わかりました」について …………………………………………2

第二章 日本含蓄文化の背景…………………………………………………3

2.1 国土は狭い……………………………………………………………………3

2.2 資源が豊かではない、輸入に頼る…………………………………3

第三章 「はい、わかりました」の意味………………………………………4

3.1「はい、わかりました」の意味……………………………………………4

3.1.1依頼、指示、期待されたことを本当に理解できている……………4

3.1.2 ただ相手の意見にたやすく同調する…………………………………6

3.1.3 感情的に受け入れられなくなり、早くその場から退散したいと感じて    いる ………………………………………………………………………7

3.2 日本文化の曖昧性……………………………………………………7

3.2.1 日本人の「和」の精神………………………………………7

3.2.2「以心伝心」の交流方式………………………………………8

おわり……………………………………………………………………………9

はじめに

0.1研究の意義

 言語と文化は民族の特性をあらわす。言語は文化の形成に重要な地位を占める。様々な国の形成と発展の過程で自分の民族に適応な言語を蓄積してきた。日本語の変化と発展は日本の社会、政治、経済を反映している。アメリカの女性人類学者ルース・ベネディクトは1946年に『菊と刀』を書かれた。本の中に「日本人は必ず双方の立場と地位に分からなければならなくて、それぞれその位、について適材適所でようやく心安らかなことができます」と書かれてある。日本人では古くから、物事を直接表現するより、すべてを言わずに、相手に察してもらう表現が好まれてきた。言い切らずに文を終わるほうが丁寧である。日本人はよく曖昧語を使っている。この論文の目的は含蓄表現から日本文化の曖昧性を究明することである。

0.2本論の研究方法と手順

 含蓄表現について研究していきたいと思う。具体的方法として、新聞やドラマなどから収集した例文を分析しながら、「はい、わかりました」の意味と用法を説明して、主にその中から表れた日本文化の曖昧性を研究したいと思う。最後、含蓄の表現と日本文化の曖昧性の関係をまとめる。

第一章 本研究に関連する先行研究

1.1含蓄の表現

 日本語の含蓄表現の重要な特徴は曖昧性である。曖昧語は、婉曲であり、含蓄があり、人々に愉快的、優しい人間関係を持つので、日本人に愛用されている。しかし、多くの外国人はそれが理解できない。実は、中国語でも、英語でも、曖昧な表現のない言語はどこにも存在しないように思うが、日本人は特に曖昧語を愛用する。

日本には今でも「はっきり言い切らない」表現が数多くあり、また、直接的な表現を「失礼な表現」と感じる人も非常に多い。曖昧性とは他人の要求や誘いを直接、正面に拒絶することを回避し、ほのめかしやぼかしや滲みや翳りとかの方法で断る情報を伝達できることである。日本語の会話で曖昧表現にはよく使う言葉はたくさんある。例えば、「が」とか「けれども」とか「ちょっと」とかなどがよく使われている。拒絶する意味の言葉を省略するのは一つの方法である。

1.2「はい、わかりました」について

 日本人が他人と相談する時は、常に「はい、分かりました」ととめどなく話す。日本人は話す時よく頻繁に人の意見にたやすく同調する。これは儀礼だと思われる。相手を尊重する意を示す。人の意見にたやすく同調するだから、うわべから見る、彼はあなたの観点が賛成するような気がする。実は決してそうではない。こんな表現は以下ように理解できる。

①相手の依頼、指示、期待されたことを本当に理解できている。

②だいたい賛成する。

③ただ相手の意見にたやすく同調する。いったいどんな意味で、実の状況について繰り返し推敲する。

 日本は直接的に「いいえ」を話さない民族である。日本人は相手を傷つけたり、人間関係を壊したりしないように曖昧な表現を用いる。「いいえ」を話さなくて、人に直接に拒絶しないで、それで相手に対する傷害を避けられる。だが、直接に拒絶しないとは絶対に拒絶しないというわけではない。それは巧みで丁寧な言い方だから、相手に困らせないと思うわけである。これはいわゆる日本人の特有の特技と物事を処理する技巧で、同様に彼らの集団意識の一種の屈折した表現である。人の感情を傷つけたくないということである。「嫌われるのを極度に恐れているので感情をあまり出せない」。たとえば、「以心伝心」の交流の方式と「いいえ」を話さない性格のことである。

  1.   日本の含蓄文化の背景

日本環境は日本人の生存と発展に満たすことができない。日本人は深刻な実存的な危機を作成する。

2.1 国土は狭い

 日本の領土は全て島から成っている。アジア・東アジアの中でも特に東方にあり、ユーラシアの東端にあたるため、欧米から極東・東洋などとも呼ばれる。  全体的に弓状であり、領土面積は約37.8万km²で世界第60位である。日本は島国であるとともに国土の約73%を山地が占める山国でもある。そのため日本の河川は流路延長に比し川床勾配が急で、大陸を流れる川と違い一気に流れ下る川が多い。

日本の特殊的な地理環境は日本民族精神の形成に決定的な役割を果たした。この相対的な孤立の自然環境で長期的に生きてきたおかげで、日本人の「以心伝心」の交流方式を形成している。曖昧な言語の交流方式は「以心伝心」の重要な表現である。

2.2 資源が豊かではない、輸入に頼る

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接