从副词“ちょっと”看日语的委婉表达(副詞「ちょっと」から見る日本語の婉曲表現)毕业论文_日语毕业论文

从副词“ちょっと”看日语的委婉表达(副詞「ちょっと」から見る日本語の婉曲表現)毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

日本人喜欢避免直接的表现形式,而拥有含蓄间接的,有个性的表现形式。这是因为在语言上不断地使用委婉表现,可以说是一目了然。在日语中,委婉表现的使用数量和使用频率是其他民族不能相提并论的。也就是说日语的委婉表现是日本民族独特的语言文化,或者可以说是体现独特的民族思维方式的表现。

日语的委婉表现体现了日本的社会文化。在近代的言语表现中,“ちょっと”经常利用于日常生活的对话中。如果说了适合的“ちょっと”,可以避免不愉快的事情和误解,双方可以维持适当的面子。委婉表现的使用还反映了语言和社会的关系,以及意义范围和相反文体等的言语表现的规则。因此,本文谈论从副词“ちょっと”来看日语委婉表现。

关键词:ちょっと 委婉表现 会話

目次

はじめに

1﹒1 研究の意義

1﹒2 本論の研究方法と手順

第一章  本研究に関連する先行研究

2﹒1 婉曲表現の定義

2﹒2「ちょっと」の用法と意味

第二章 「ちょっと」の婉曲表現

3﹒1 人と交流するときの負担を減らせること

3﹒1﹒1 勧誘を和らげること

3﹒1﹒2 お願いする時と頼む時、「ちょっと」をよく言う

3﹒2 「ちょっと」の婉曲を利用して、日本人の含蓄が見える

3﹒2﹒1マイナス意見を発表する時、あるいは他人のことを批評する時、「ちょっと」はよく利用する

3﹒2﹒2 否定を和らげる

3﹒3 「ちょっと」は人々の交流の潤滑剤になる

3﹒3﹒1 断る時に、詫びの気持ちがあると、「ちょっと」がつける

3﹒3﹒2 非難をする時、相手の気持ちを考えるから、ちょっとを加える

3﹒4 まとめ

おわり

参考文献

謝辞

はじめに

1﹒1研究の意義

普段、私たちは日本語を使っている時、よく「ちょっと」を言う。なぜ「ちょっと」は毎日の生活に現れられるか。「ちょっと」の婉曲性はどこに存在するか。私は疑わしく思う。だから、本論文は「ちょっと」の婉曲性を研究する。

1﹒2本論の研究方法と手順

副詞「ちょっと」の婉曲性を研究して行きたいと思う。本研究を始める前に、まず多くの資料を調べて読んでおく。それから、アンケート調査に基づいて、さまざまな雑誌に掲載された対談や小説に出てきた会話例を分析してみたいと思う。具体的に、まず「ちょっと」の一般的意味や基礎的文法の機能を説明する。それから、これに基づいて、収集した例文を分析しながら「ちょっと」の婉曲性を論述してみる。最後、結論を整理してまとめる。

第一章 本研究に関連する先行研究

2.1婉曲表現の定義

水谷修(1979)の著作『日本語の生態』の中では、日本語の婉曲表現について日本の共存、同一化志向、相手への配慮などと述べられている。直塚玲(1980)の著作『欧米人が沈黙するとき――異文化間のコミュニケーション』というアンケート調査のデータに基づき、欧米人の婉曲の言語表現方式を論じている。更に、日本語における婉曲表現が日本社会、日本文化とも深い関係があると述べている。森本哲郎(1983)の著作『日本語の表と裏』の中で「日本語が婉曲的な言葉である」と述べ、また、「そのような婉曲的な言葉から日本人の心理特徴、日本の文化などを窺うことができる」と指摘している。

婉曲表現の定義については、いろいろな解釈がある。『国語学大辞典』(1975)では、「断定的に直接的に、また露骨に言うのを避けて、遠回しに表現すること」と定義し、『広辞苑』(1998)は「表現などの遠回しなさま、露骨にならないように言うさま」と定義している。国弘正雄[1](1974)では、「要するに角が立たないようなものいいのことを、こう呼ぶのである。つまり同じことを言うにしても、できるだけオブラートに包み,相手を刺激したり不快な思いをさせたりすることのないよう、注意深く言葉を選び柔らかく表現することをいうのです。」とある。

まとめて言えば、直接で露骨ではなく、遠回しで間接的な表現は婉曲表現である。

2﹒2「ちょっと」の用法と意味

「ちょっと」というのは「数量、程度などがわずかなさま。時間が短いさま。軽い気持ちで行うさま。特に何という考えもなく行うさま。大層というほどではないが、無視できない程度、分量であるさま。下に打ち消しの語を伴って。簡単には(~できない)。軽く相手に呼びかける語。もしもし。」(『大辞林』)、「しばらく。わずか、少し。いくらか。ある程度。簡単には。たやすく。たいした意味を持たない。軽い気持ちで。呼びかけたり、注意を促したりするときの語。」(『広辞苑』)、「数量・時間・程度がわずか。(全部ではないが)ある程度の意味。軽い気持ちで行うときの言いさし。一定の基準を超えたかなりの程度・分量である。呼びかけ。「ちょっと~ませんか」。(『国語大辞典』)がこのように説明される。まとめて言えば、「ちょっと」の副詞の意味は「しばらく。わずか、少し。いくらか。ある程度。簡単には。たやすく。たいした意味を持たない。」のである。

第二章 「ちょっと」の婉曲表現

森田良行(1995)は『日本語の視点~ことばを創る日本人の発想~』において、ことばとは、それを生み出した社会的文化であり、文化的視点を離れてことばを考えることは生きた本当のことばを眺めることにはならない。

以上指摘したように、どの言語も特定の社会文化の中で形成された産物である。同時に、言語とその言語を生み出す自然環境、風土人情、社会文化はお互いに影響を与え、お互いに依存している。異なる言語は異なる文化を反映している。本文では、「ちょっと」を分析して、日本の文化と日本語の婉曲表現の特徴を究明する。

先行研究が指摘したように、「ちょっと」はもっとの「少し」の意味以外に、「かなり·けっこう」の意味もある。また、程度副詞以外、多様な用法や機能を持っている。いまここに分析する「ちょっと」は副詞として用法をとる。

3﹒1人と交流するときの負担を減らせること

日本人は迷惑をかけることが会話の相手に遠慮するから、一般的に交流する時に、できるだけ他人に負担をかけない。

3﹒1﹒1勧誘を和らげること

金田一春彦(1975)は『日本人の言語表現』において、「日本人の価値観といえば、もっとも顕著なものは「和を以って尊しとなす」というものだと述べた。そして、勧誘の時も「和」を考えて、「ちょっと」をつけると、文はもっと婉曲的で相手に対して、マナーがある。」と述べた。

日本人は相手に何かを依頼するとき、人間関係や場合に配慮し、自分の意図を曖昧に表す。その目的を達するために、日本人はよく特定な前置表現「ちょっと」を前に置いてから、口調を柔らかくする同時に、他人に面倒を避ける感じを表すこともできる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接