从“耻文化”的角度分析日本人体恤他人的心理(恥の文化から日本人の思いやりの心理を分析する)毕业论文_日语毕业论文

从“耻文化”的角度分析日本人体恤他人的心理(恥の文化から日本人の思いやりの心理を分析する)毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

 

日本来不喜欢强烈的主张自己,他们也害怕和伙伴分开,愿意与周围人保持一致,有点人云亦云的味道。“耻”在日本人的生活中占有非常重要的地位。因此日本的文化被称为“耻的文化”。

日本和中国一样,过去都是农业国家,受过去稻作文化所必需的共同体意识和中国儒教思想的影响很强。“耻的文化”就在这种情况下产生了。

现在,随着农村社会共同体体制的衰退和经济的发展,现在日本人的羞耻意识很大程度的改变了,渐渐淡薄了。日本的地理比较特殊,作为一个面积狭小,自然资源缺乏,四面环海的岛国,日本的耻文化也具有其地域特征。“耻文化”可以说是在意别人目光的文化。而“罪的文化”可以说是在意神的文化。各有各的特点。

任何事物都有两面性,耻文化也是如此。有着缺乏个人自立性以及对自己所属集团以外的社会的漠视,不负责任的消极一面;也有着为人着想,促进所属集团团结的积极一面。

关键词: 耻文化 罪文化 地域特征 集团

概   要

日本人は一緒に生活する仲間と別れることを恐れる。だから自己主張をはっきり表すよりほかの人と一致するほうがすきのである。周囲と同調して、違う意見があっても、彼らは心ならずも意を曲げて、事を丸くおさめようとする。日本人の生活の中で「恥」は重要な地位を占める。1946年に米国政府の命令のために、ル-ス・ベネティクトは日本の社会と日本の民族性を研究して、名著「菊と刀」を書いた。その結論は、日本の文化は欧米の「罪の文化」と異なっていて「恥の文化」を指摘した。日本の文化は「恥の文化」と呼ばれる。この本は日本さらに世界に大きく影響を与えた。ただし、どんな事でもよい面とよくない面がある。「恥の文化」ももちろんそうである。自分の属する集団以外の社会に対しては、無関心で無責任な態度を生みやすいが、他人の気持ちをくんだり、集団的な力を促進するようないい面もある。本論は日本の「恥の文化」の根源、変化と影響を研究して、この特別な文化現象を詳しく述べるつもりである。

昔の日本は農業国であり、弥生時代に始める稲作文化に必要とされた、共同体意識や儒教思想の影響は強くである。この影響を受けて、「恥の文化」が生まれた。

農村社会の共同体規制の衰退につれて、現在の日本人の恥意識もずいぶん変わり、だんだん薄くなった。

「恥の文化」は人目を気にする文化であり、体裁を気にする文化であり、「罪の文化」の方は神を気にする文化と言うことができる。それぞれには長所もあれば短所もある。

いかなることにも長所と短所との二面がある。恥の文化もそうである。個人の自立性の欠乏と自分の属する集団以外の社会に対する無関心で無責任な態度のような否定面があるかもしれないが、人々を思いやり、集団的な力を促進するような肯定面もある。

 

キ—ワ—ド

恥の文化  恥意識 罪の文化 原動力 迷惑 世間の目

 

目 次

序論………………………………………………………………………………………………………………1

第一章 「恥の文化」の根源…………………………………………………………………,……..2

第二章 島国環境の影響を受けて形成した文化…………………………………………….3

第三章「 恥の文化」と「罪の文化」…………………………………………………………..4

第四章 昔の日本人の恥意識と現代の恥意識の比較……………………………………..5

結論………………………………………………………………………………………………………………8

参考文献……………………………………………………………………………………………………….9

序 論

初めて「恥の文化」という言葉を聞いたのは、一年生のころに、その時私は「変だなあ」と思って、「どうして日本人の文化を恥の文化なのか。」、「恥の文化はどうして生じるのか。」、「その言い方は正しいかどうか。」などいろいろな疑問が私の頭に浮かんできた。その時の私は「恥の文化」という言葉の意味を恥ずかしい文化(恥の多い文化)、自慢できない文化、として理解していたのである。

恥は他人の批評に対する反応である。人は人前で嘲笑され、拒否されるか、あるいは嘲笑されたと思い込むことによって強く恥を感じる。つまり、「恥の文化」とは、「恥」ということをとても大切にしている文化、のことなのである。

日本の文化を「恥の文化」と言ったのはアメリカの文化人類学者ル-ス・ベネティクトである。当時は第二次世界大戦のために、アメリカは学者を動員して、日本の文化、経済、地理などを科学的に研究したのである。そして、ベネティクトは日本に行くことはなく、日本人の作った映画、日本に関する書物、対象社会から文化類型を抽出し、在米日本人との面談を材料として研究を進めようとする方法に基づいて、名著『菊と刀』を書いた。この著作の中で、「恥の文化」という概念を使用したのである。これが「恥の文化」という言葉が生まれた背景である。

「恥」という言葉そのものの意味は私たち中国人には、よくない言葉である。日本人にとってもよくないであろう。だが、日本人はこのように言われても平気である。それは「恥」を大切にしているからであろうか。ではなぜ日本人は「恥」を重要にするようになったの原因である。

本 論

一、「恥の文化」の根源

ル-ス・ベネティクトの『菊と刀』(長谷川松治訳)によれば、日本人は恥辱感を原動力にしている。明らかに定められた善行の道標に従いえないこと、いろいろの義務の間の均衡をたもち、または起りべき偶然を予見することができないこと、それが恥である。恥は徳の根本である、と彼らは言う。恥を感じやすい人間こそ、善行のあらゆる掟を実行する人である。「恥を知る人」とは、あるときは徳の高い人を、あるときは名誉を重んじる人を指している。日本人の倫理において「恥を知ること」は西洋の倫理において「良心の潔白」、「神に義とせられること」、つまり、罪を避けること占めているのと同じ位置を占めている。

つまり、日本人の生活においては、恥が最高の位置を占めている。恥かしいと言う気持ちがなくなれば人間は終わりである。日本人の行動規範は、恥にある。彼らは何をしても、「もしそうすれば、笑われるだろうか。」「周囲の人はどう思うか。」「人の目に自分がどう映っているか」をとても気にする。いずれの場合においても、恥は強力な強制力となる。もちろん、日本人にも罪の意識が存在する。ただ、日本人は、罪の重大さより恥の重大さに重きを置いている。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接