中日両言語における「雨」に関する言葉の比較 中日语言中有关“雨”的表达的比较毕业论文_日语毕业论文

中日両言語における「雨」に関する言葉の比較 中日语言中有关“雨”的表达的比较毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

作为与人类生活密切相关的天气系统,“雨”扮演了非常重要的角色。同时,也渗透在人类的文化发展中。虽然雨与我们的日常生活息息相关,但是我们也许很少注意到它究竟给我们带来了怎样的影响。一衣带水的中日两国在语言上有很多关于“雨”的词汇。在这之中,因为文化的差异等原因,两个不同的国家之间在某个特定领域中词汇的数量会有很大的差异。而这种差异同样反映在中日两国的文化生活上。

本文以“雨”为例,对中日词汇分布不均进行阐述,以及这些词汇对季节,詩歌与人类生活有怎样的关系进行研究,以此来探寻中日两国文化间的共通性与差异性。

关键词:雨 中日比较 文化差异

目次

1.はじめに ………………………………………………………………………1

2.中日両言語における雨の言葉について………………………………………1

2.1語彙数からの中日「雨」の言葉の比較 ………………………………1

2.2分類からの中日「雨」の言葉の比較 …………………………………1

3.中日両民族の「雨」に対する感情の比較……………………………………2

3.1季節を表す「雨」から見られる中日両民族の雨に対する感情………2

3.2慣用句から見られる中日両民族の雨に対する感情……………………4

4.中日両言語における雨の文化的差異 ………………………………………6

4.1詩歌から見られる文化的差異とその原因………………………………6

5.おわりに ………………………………………………………………………8

参考文献……………………………………………………………………………9

謝辞…………………………………………………………………………………10

  1. はじめに

中日における雨に関する言葉がたくさんある。言葉は人々の日常生活の一面を反映している。本論文は中日の雨に関する言葉の共通性と差異性をあきらかにするために、言葉の数、種類などいろいろな角度から分析を行った。また、「雨」に含める中日両民族の雨に対する感情を比較し、その原因を究明したいと思う。

2.中日両言語における雨の言葉について

中日に雨に関する言葉がたくさんある。本論文はまず語彙数から比較しながら、説明を行いたい。

2.1語彙数からの中日「雨」の言葉の比較

ある領域の語彙の分布状況は、その生活との緊密性を反映している。日本語を勉強しているうちに、きっとその中の自然表現の多いことに驚いたはずであろう。どの国にとっても、雨という資源が貴重な資源といっても過言ではない。しかし、「雨」についての言葉が日本ほど多い国が少ない。仓島厚と原田稔が編集した『雨の言葉辞典』に1190個の雨に関する言葉が載っている。それは生活、農業、節日、文典、自然現象それぞれを含めて、書かれたものである。日本にはそういう言葉が多くある。中国の状況を明らかにするために、筆者は『漢典』を調べて、雨の言葉は502点あるという結論を出した。語彙数から見れば、日本の雨の言葉は中国と比べて、ほとんど2倍以上である。

日本語になぜ雨に関する言葉がそんなに多いのかと言うと、自然と地理条件が第一の原因と思っている学者が多い。周知のように、日本は領土の南北が狭くて長い島国で、大陸の大部分は温帯季節風区域で、海に囲まれる。そして四分の三の海岸は暖流の影響を受けているため、柔らかで湿潤な気候が形成され、四季は明らかである。季節風、梅雨、台風の影響を受けて、降雨量は多い、平均降雨量は1600mmに達する。東京を例にして、平均降雨量は1800mmで、ほとんど全世界の平均降雨量(1000mm)の2倍である。全体的にみて、日本の気候は割合温和であり、雨量が多く、湿気も多い。このような気候の影響で、日本人は非常に大自然の変化に関心を持って、自然を尊重するような民族の特性が顕著である。

2.2分類からの中日「雨」の言葉の比較

日本では、一年通し雨が降る。生活に深い関係があるため、日本には数多く、細かく分類される雨の言葉が人に驚かさせるほど存在している。その中にいったいどんな種類があるか。筆者は詳しく分析し、四種類に分けて、以下のグラフを作った。

言葉

  データ

分類

日本語

中国語

強さを表す語

6%

3%

降り方を表す語

33%

33%

季節を表す語

30%

16%

その他

31%

48%

グラフに書いたように、両国における雨についての言葉数の差は著しい。中国では、一番多いのは「その他」、ほとんど半分である。「その他」と言うものは、「雨伞」のような雨に対しての用具、「雨燕」のような動植物、そして、「雨泽」のような比喩から組み合わせたものである。そういうものは、雨に直接な関係がないである。雨は形容詞として、これらのものをわかりやすく理解するために付加するものに違いない。それに対し、日本では70%くらいの部分は自然の雨そのものである。このグラフを通じて、日本人は自然にとくに親しい感情を持っていることが分かる。雨そのものを見れば、世界でどの国でも、ましてや日本の言葉の分類の詳しさに比べられない。なぜこんな現象が出てくるのか。たしかに、自然条件は大きく日本人の語彙を影響している。しかし、日本人の文化と自然観も一つの重要な原因だと思う。全体的に言っても,日本の文化は自然と対抗し、自然を征服するというものではなく、自然を愛し、自然を調和し、自然の成り行きに任せるという傾向がみられる。日本文化の特徴の中には、自然に親和的、また素朴で、繊細な傾向が見られ、余情、空白を大事にし、不完全の美といった人工的装飾ではなく自然と調和されたものを好む傾向がみられる。このようにして、日本人は自然の中の気づきにくいものを発見することができる。自然を尊重する目で、ほぼ同じ雨も様々な種類を見分けられる。

3.中日両民族の「雨」に対する感情の比較

雨は単純な自然現象の意味を表すだけでなく、人々の感情も含める。例えば、「春雨」を見ると、「春の雨」だけでなく、ほかのイメージも浮かべるはずである。

3.1季節を表す「雨」から見られる中日両民族の雨に対する感情

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接