「観光立国」政策に見られる日本の伝統文化の伝承 从“观光立国”政策看日本传统文化的传承毕业论文_日语毕业论文

「観光立国」政策に見られる日本の伝統文化の伝承 从“观光立国”政策看日本传统文化的传承毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

2003年,日本提出了“观光立国”战略。为了提高整个社会的经济实力,制定了以观光实业为中心的发展计划。自“观光立国”战略实施以来,日本的旅游业得到了很大的发展。给经历了泡沫经济的日本注入了新的活力,同时,也很好地向全世界展现了日本文化,塑造了日本的国际形象。可以说,该政策的实行在政治和经济领域都有着意义深远的影响。但是,在文化领域,它又有着怎样的意义。特别是对于传统文化传承这一点,它又起了怎样的作用。这是本文所需要思考的问题。本文主要基于教育的视点,思考“观光立国”政策中所涉及到的传统文化教育问题。也希望通过本文,能够引发读者对未来旅游业的发展和对传统文化教育的思考。

关键词:观光立国 传统文化 教育 文化传承 文化创造

目次

1. はじめに ……………………………………………………………………1

1.1 本研究の目的 ………………………………………………………………1

1.2 研究方法と手順 ……………………………………………………………1

2.「観光立国」政策及びその中に現れる伝統文化の伝承 ………………………2

2.1 「観光立国」政策について …………………………………………………2

2.2 伝統文化に関する観光立国への考察 ………………………………………3

2.2.1 文化財の保護と観光資源の宣伝 …………………………………………3

2.2.2 文化伝承の新しい方法 ……………………………………………………4

3. 文化の伝承から、文化の創造へ………………………………………………5

3.1 伝統文化教育 …………………………………………………………………5

3.2 「観光立国」の伝統文化教育への影響 ………………………………………6

3.2.1 故郷の文化や歴史の重さを知れ  ………………………………………6

3.2.2 経済発展と文化創造を合わせて、将来の伝統と文化教育へ……………7

4. おわりに ………………………………………………………………………9

1.はじめに

1.1本研究の目的

90年代のバブル経済を経た日本は経済回復のために、新しい活力が必要になった。21世紀に入り、観光事業を国の立国戦略として重視する日本は近年来力を尽くして、旅行業を開発している。2003年、「貿易立国」と「技術立国」の続き、「観光立国」政策は初めて提唱された。海外からの観光が盛んになり、経済の利益を生じて、社会の就職率も高めた。日本の経済における旅行業の地位もだんだん高くなっている。

この政策は経済と政治の分野で意味深い影響を与えると言える。日本の政治家出身の二階俊博が書いた、馬愛郷によって翻訳された「观光立国宣言——畅谈蓬勃发展的旅游业」は、観光立国の思想を紹介した。その中には、「故郷の文化と歴史の重さを知れ」という内容が書いてあった。伝統文化の伝承や教育の立場から、観光立国の意義について考えたものだ。その意味は将来の観光業の発展及び伝統文化の教育には役に立てるのではないかと思う。

1.2研究方法と手順

 「観光立国」の背景や内容をもっと研究しようと思う。特に、伝統文化に関する内容をまとめ、伝統文化の伝承に役に立てることを整理したいと思う。具体的に、「観光立国」に関する法律および実行されていることを調べるのが必要だと思う。また、筆者自分自身体験したことを例にして、「観光立国」政策で伝統文化に関することを分析しようと思う。それから、伝統文化の伝承を巡って、教育の視点から、「観光立国」に見られる伝統文化の伝承を例に挙げて、将来の経済発展や伝統文化の伝承と教育への思考を述べたい。また、それに関して、中日の違いを比較し、中国の国情に鑑みると、どんな役目になれるのかをすこし考える。

2.「観光立国」政策及びその中に現れる伝統文化の伝承

2.1「観光立国」政策について

 日本昭和三十八年に「観光基本法」は法律第百七号として定められた。また、平成十八年に「観光立国基本推進法」に改めた。法律で観光立国のことを具体的に書いておいた。観光は国際平和と国民生活の安定を象徴するものであって、その持続的な発展は、恒久な平和と国際社会の相互理解の増進を念願し、健康で文化的な生活を享受しようとする私たちの理想とするところである。また、観光は、地域経済の活性化、雇用の機会の増大等国民経済のあらゆる領域にわたり、その発展性に寄与するとともに、健康の増進、潤いのある豊かな生活環境の創造等を通じて国民生活の安定向上に貢献するものであることに加え、国際相互理解を増進するものである。このような使命を有する観光が、今後、日本国において世界に例を見ない水準の少子高齢社会の到来と本格的な国際交流の進展が見込まれる中で、地域における創意工夫を生かした主体的な取組を尊重しつつ、地域の住民が誇りと愛着を持つことのできる活力に満ちた地域社会の実現を促進し、日本国固有の文化、歴史等に関する理解を深めるものとしてその意義を一層高めるとともに、豊かな国民生活の実現と国際社会における名誉ある地位の確立に極めて重要な役割を担っていくものと確信する。

 また、「観光立国」の実行に関しては、北京連合大学の石美玉が論じたことがある。主に三つの部分に分けられて実行された。(1)供給発展戦略 「一つの地域に一つの観光地」で、地域における観光業の基本施設を中心に発展させる計画である。(2)組織仕組み戦略 観光立国大臣を設定し、国際観光復興会を設立する戦略である。(3)需要発展戦略 観光業に関する法律やビザ制度を整え、または国際的な提携を発展させる戦略である。2003年から2007年まで、この五年間の間に日本の観光業は大発展を遂げた。

2.2伝統文化に関する観光立国への考察

2.2.1文化財の保護と観光資源の宣伝

 「観光立国」の中で、伝統文化に関する内容は主に二つの部分に分けられると思う。まずは文化財の保護と観光資源の宣伝である。「観光立国」を実行した後、地方特徴とされておいた文化財は重視された。

観光といえば、いつも美しい自然景観または古い建物あるいは文物がよく頭の中に浮かぶ。文化財として、また有形文化財と無形文化財と分かれておく。有形文化財に関しては、周知のとおり、よく宣伝されておく。ここで、京都の町づくりを例として、説明しようと思う。いつも静かな道、多くの仏殿として有名である京都は町を作る時、仏殿の高さを考えて、高い建物は少ない。また、平安時代からのまちづくりをよく守り、古典と現代を両方揃える。店も、町もできるだけ昔の様子を守る。京都では、清水寺、平安神宮、晴明神社、金閣寺、嵐山、数え切れない観光点があるので、日本国内だけではなく、世界中の観光客を誘う。

また、無形文化財というと、筆者体験したこととして、一番印象深いのは日本の祭りだと思う。夏に入り、日本各地の祭りがたくさんある。京都の祇園祭りは、京都市東山区の八坂神社の祭礼で、明治までは、「祇園御霊会」と呼ばれ、貞観年間(9世紀)より続く。京都の夏の風物詩で、7月1日から一ヶ月間にわたって行われる長い祭りであるが、その中でも。「宵山」(7月14日~16日)、「山鉾巡行」(7月17日)、「神興渡御」(7月17日)などがバイライトとなっている。2009年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)[1]政府間委員会により、「京都祇園祭の山鉾巡行」が、無形文化遺産に登録された。祭りが行われる夏の京都は日本国内だけではなく、海外からの観光客もよく誘う。いつも静かな町は賑やかになり、町の住民は和服を着て、昔からの歌を歌ったり、踊りを踊ったりする。この祭りを一度体験するだけで、きっと日本に深い印象を持つようになると思う。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接