跨文化传播视域下的日中粉丝文化研究毕业论文_日语毕业论文

跨文化传播视域下的日中粉丝文化研究毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

在当今的全球化趋势下,国际传播与文化融合愈发普遍,跨文化传播也迎来了新的机遇与挑战。日本的偶像产业起源早、体系成熟,日本通过偶像产业向海外进行跨文化传播的同时,也输出了独具特色的粉丝文化。中国偶像产业发展过程中受到日本偶像体系的影响,中国粉丝也积极学习日本的粉丝生产模式。日本粉丝文化的跨文化传播既是一次知识的交流,也是一场中日文化的碰撞。

每一次跨文化的交流总是引起文化融合与文化冲突,粉丝文化也不例外。从日本舶来的粉丝文化给中国粉丝文化注入了新鲜活力,而中国粉丝文化在吸收日本文化的同时也开启了粉丝文化的本土化进程。本文尝试运用传播学相关理论知识对粉丝文化的跨文化传播现象进行考察。从日本粉丝的特征与运营模式、日本粉丝文化的传播效果等方面展开进行分析。并以具体的历史、社会文化环境为前提,从粉丝与偶像、粉丝与粉丝、粉丝与媒介三个方面进一步探究日本粉丝文化在中国的本土化现象、考察当代中国粉丝文化的新特点。

关键词:跨文化传播;杰尼斯;粉丝文化 ;本土化

目 次

はじめに 1

  1. 先行研究 2

    1. 国外のファン文化に関する研究 2
    2. 国内のファン文化に関する研究 3
  2. 日本ファンの実態 4

    1. 日本アイドルの運営模式 4
    2. 日本アイドルとファンのリレーションシップ 5
  3. 日本ファン文化の伝播 6

    1. 日本における「養成」文化 6
    2. 中国に伝わった「養成」文化 7

      1. 文化融合について 7
      2. 文化衝突について 8
  4. ファン文化の「本土化」 10

    1. ファンとアイドル 10

      1. 「距離感」について 10
      2. 「人設」について 11
    2. ファンとファン 12
    3. ファンとメデイア 14

おわりに 16

参考文献 17

謝 辞 18

はじめに

国際的な交流が広がっているとともに、異文化伝播も徐々に普遍的になっている。日本はアイドル産業の拡張を通して海外へ文化を輸出している。中国のファン文化は日本のファン文化を吸収しており、また、インターネットやソーシャルメディアなどの技術を利用して急速に発展しつつある。そして、中国のファン文化の「本土化」のプロセスが始まっている。

本稿では伝播学の理論を用いて日本と中国のファンを対象にファン文化の特徴、異文化の伝播効果、「本土化」のプロセスなどを考察する。また、当代中国ファンの活動、ファンコミュニティの実態と特性に注目して議論を進めた。このように、現代中国におけるファン文化の新たな特徴を考察する。日本と中国のサブカルチャーを明らかにし、ファン文化への理解を深めることを目指している。

先行研究

国外のファン文化に関する研究

19 世紀 70 年代、西洋の文化研究学派は初めてファン文化を対象として研究してきた。20 世紀 80 年代まで、西洋におけるファン文化に関する理論がだんだん豊富になっていた。

ヘンリー・ジェンキンス(2008)の著書『テキストの盗猟者』では、ファンの行為は「盗猟」と「遊牧」であると主張している。彼の観点では、テレビファンが文化工業の素材を盗み取って利用し、新たな意味が生じられるテキストを創造した。ジェンキンス(2008)の『テキストの盗猟者』によって、「ファンが消極的である」の文化理論が否定されるが、「創造的な読者」や「積極的な読書理論」ということが指摘されている。

日本の学界には文学、社会学の理論を利用して日本のファン文化を研究している。玉置佳菜子(2013)の「KAT-TUN にみえる新しいジャニーズの形」では、

「ジャニーズ」アイドルの特徴や変遷などが紹介された。西条昇(2011)のアイドルに関する研究では、「女性ファンにとって,男性アイドルは手の届かない遠い『偶像』ではなく,現実空間に極めて近いところにいる『キャラクター』として認識されている。」と書かれている。

徳田真帆(2010)は、「ジャニーズファンの思考」ではジャニーズファンに対して、その行動動機や心理などを詳しく紹介した。彼によって、ジャニーズファンたちが実践する「担当制」の仕組みを明らかにするといえる。その結論は「アイドルはメディアが創り出した虚構であると認識しながらも、その虚構の世界に生きるアイドルとの結びつきを、他のファンたちと共謀しながら自分たちの

手で創り出すという、力強く生命力に満ち溢れた営みが行われている」ということである。全面的ジャニーズファンの特徴と日本のファン文化を考察した。

国内のファン文化に関する研究

海外のファン文化の研究成果と比べて、国内のファン文化に関する研究はまだ始まったばかりで未熟な階段になっている。

単波(2011)は「異文化伝播の基本理論命題」には、異文化伝播における基本的な理論命題は「文化と伝播」、「人と人の関係」、「他者の意味」などをめぐって展開していることを解明する。彼は、異文化伝播のために、文化と文化の間に生じられた差異を理解し、コミュニケーションの中で相互理解することを提唱している。

孙雨田(2011)の「養成系アイドルのファン文化研究」では、アイドルグループ

TFBOYS を例にして「養成系」アイドルのファンを対象に考察する。「養成」のファン文化の特徴をまとてから、伝統的なファン文化と比べている。孙雨田によって、「養成系」アイドルのファンの特徴というのは、アイドルと非常に親密な関係を形成することであると指摘されている。

陆烨(2011)の論文では、人類学と文化社会学の角度からニューメディア技術はファンの文化にどのような影響を与えるかを考察している。また、ファン文化から示された文化価値観を検討する。

以上のように、中国のファン文化に関する研究は進展しているが、その文化理論はオリジナリティーに欠けている。全体的に見れば、中国のファン文化の研究はファンコミュニティの発展に遅れていると考える。

日本ファンの実態

日本アイドルの運営模式

日本のアイドル産業は独特な市場を形成している。日本の芸能界に大きな影響を与えているジャニーズ事務所を例としてあげてみる。1965 年に喜多川さんはジャニーズ事務所という女性ファン向けの芸能人プロダクションを創立した。ジャニーズ事務所は男性アイドルやアイドルグループだけを経営している。日本の国民的なグループ「SMAP」、「「KinKi Kids」や「嵐」などもジャニーズ事務所に所属している。ジャニーズ事務所はデビューされたアイドルを運営するだけではなく、また、「ジャニーズ Jr.」の制度を確立した。定期的に 10 歳から 15 歳ぐらいの少年を選抜して「ジャニーズ Jr.」として育てる。ジャニーズ Jr は注目度を高めるために、先輩たちのバックダンサーになったり、バラエティ番組に参加したりしている。そして、事務所内部やアイドル市場の考察を通して合格するなら、デビューの資格が得られる。

徳田真帆(2010)は「ジャニーズファンの思考」では、ジャニーズアイドルと韓国の男性アイドルの身長、体重、BMI 値などを比較し、ジャニーズアイドルの外見の特徴を明らかにする。その結論は、韓国の男性アイドルはスタイルや外見から「男らしさ」を表すことが重視している一方、ジャニーズアイドルは中性的、少年的な魅力を示していると指摘された。ジャニーズアイドルのデビュー時間から見れば、国民アイドルグループ嵐では、一番年上の大野智は 19 歳に

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接