中日古典詩歌における蛍の意象の比較 (中日古典诗歌“萤”意象比较)毕业论文_日语毕业论文

中日古典詩歌における蛍の意象の比較 (中日古典诗歌“萤”意象比较)毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

本文就中日两国诗歌中出现的萤火虫的意象进行了比较。中国诗歌中萤火虫最常被使用的意象就是荒凉的象征,多出现在一些荒凉的地方。代表了诗人的某种心情,但是哪怕是荒凉的地方,男性眼中的萤火虫,女性眼中的萤火虫,出现在宫苑里的萤火虫,出现在战场的萤火虫,出现在水边的萤火虫,虽然都是代表的一种悲凉的心境,但是悲凉的感情还是有所不同。另一个萤火虫比较常被使用的意象就是勤奋的象征。这是由于囊萤映雪典故的原因。萤火虫聚集在一起飞舞的美丽景象,诗人的诗歌中也有所体现。中国诗人对萤的感情并不是绝对的一致, 在萤为中心的咏萤的诗歌中,有赞扬萤的品质的,自然也有批判的,代表了诗人当时的某种政治观点。

萤火虫在日本诗歌中很少以萤火虫这个动物的形象出现,更多是作为萤火这一形象出现,和中国不同的是,中国的萤火多是代表死去人的魂灵,多是悲伤的象征。而日本人看见萤火,多认为是爱人的魂火所化,有一种难言的美感。在季节性这一点上,萤火虫在中国多以秋萤的形象出现,而日本很明确的记载,萤火虫是夏天气候的象征。

出现这种认知不同的原因,是中日两国民族性格的原因,中国人更注重感悟, 很多情感并不会直白的表达,而是隐晦的表现出来,把更多的想象空间留给读者。另一方面原因也是因为中国的皇帝把控文人的思想,于是不允许一些不恰当的言论出现,所以出现这种情况。日本人强调的是一种物哀的美感,面对事物,更多只是单纯从美景的角度欣赏。

关键词:中日诗歌;萤火虫意象;对比研究;异同原因

目 次

はじめに 1

  1. 辞書による蛍の意味 3

    1. 中国の辞書による「蛍」の意味 3
    2. 日本の辞書による「蛍」の意味 4
    3. 蛍の字形変化 4
  2. 中国における「蛍」の意象について 5

    1. 蛍の寂しさ 5
    2. 蛍の勤勉さ 6
    3. 蛍の美しさ 6
    4. 宮殿の蛍 7
    5. 蛍の感情色彩 8
  3. 日本における「蛍」の意象について 10

    1. 蛍の恋 10
    2. 蛍の死霊 10
    3. 蛍の季節感 11
  4. 異同が起こった原因と分析 13

    1. 蛍の意象の異同 13
    2. 異同の原因 13
  5. 虫意象 15

おわりに 16

参考文献 17

謝 辞 19

はじめに

日本は中国と同じ文化の源がある。両国は地理に東アジアに位置して、それではなく、最初日本は中国から文字、制度など色々なものを持って来た。唐朝時期、日本は中国に多くの使節を派遣した。あの時、そういう人は遣唐使と呼ばれていた。しかし、中国と日本の付き合いについては、中国の前漢時期まで遡ることができる。両国は同じ文化の源があるが、それでも異なる文化が発展している。同じものに対して、両国は全然違う認識があるかもしれない。

中国と日本は似たような文化背景を持っている。筆者は両国が一つの物事についての認識は同じですかと思う。もし認識が違ったら、違う認識を引き起こす原因はなんであるか。この目的に基づいて、蛍という中日の共有動物を研究対象に選んだ。蛍に対する研究を通じて、中日の思考と感情認識の違いを探り出したいである。

その点に基づいて、筆者は「蛍」という意象を選んだ。「蛍」は中国では「詩虫1」と呼ばれている。日本では、「蛍」は季語として、たくさんの日本人によく了解する。唐朝時代、詩歌は知識、文字と一緒に日本に広がっている。あの時、多くの漢詩に留められた。中国でも、日本でも、詩歌の意象はとても重要なものである。以前、意象はただある感情を表すが、今は文化のシンボルらしいものを形成した。詩歌の意象は種類が非常に多い。例えば、自然意象の海、月など、植物意象の桜、梅など、及び動物意象の蛇、鳥などがある。蛍は一つの虫意象として、実は動物意象という分類に属する。「詩経」は「詩三百」とも呼ばれて、中国の最初の詩集として、あの時から、虫意象を用いる頻度は少ない。筆者は虫が小さく、平日よく見たら、気づいたことができるから、他の動物意象より、用いる頻度が少ないであると思う。

我が国は蛍の意象に関する学術研究が主に唐代を中心に発展する。中国より日本はこの部分に関する研究はもっと少ない。本稿は蛍の意象について、古代

1 张海华、熠耀夜萤飞 千载有余情、中国三峡、2018(04)、32-37

から今への進化の過程を研究したい。中日両国は同じ意象に違う文化認識を生み出す原因を分析する。そして、「虫意象」という概念を導入した。この概念は過去の蛍に関する研究に及びない。

本稿の第一章、中国と日本の蛍について、辞典では、字形の変化、辞意の変化を研究する。第二章、中国の角度から、中国の詩人の目に、蛍はどういう意象を分析する。第三章、日本の角度から、日本の詩人の目に、蛍はどういう意象を分析する。第四章の部分、まとめに、その違いはなんであるか。そして、その違いを引き起こす原因はなんであるか。第五章は、虫意象について、簡単に説明する。

1 辞書による蛍の意味

蛍といえば、中国人は蛍をよく知っている。子供時代から、蛍に関する詩歌は色々勉強した。例えば、

银烛秋光冷画屏,轻罗小扇扑流萤。天阶夜色凉如水,坐看牵牛织女星。2

この文句は中国では誰でも知っている。そして、筆者は辞書の中では、蛍の本当の意味について研究する。

中国の辞書による「蛍」の意味

中国の色々な辞書を調べると、蛍が一番常用する意味は、動物名「螢」という意味である。中国の古文には、たくさんの別名がある。

螢火,一名耀夜,一名景天,一名熠燿(同耀),一名丹良,一名燐, 一名丹鳥,一名夜光,一名宵燭。3

本草綱目に記載もある。

夜光、熠、景天、救火、據火、挾火。

たくさん釈名がある。

第二番常用するのは微かな灯火を比喩する。小さい意味がある。例えば、蛍火という単語は中国の詩歌によく使用される。この二つの意味は蛍のかなり常用な意味である。

他には、蛍はよくほかの字と一緒に新たな単語を組み立てる。例えば、「蛍雪」「蛍案」という単語である。これらは中国の典故に関わる。日本では、そのような熟語もある。「蛍の光、窓の雪」

2 唐代詩人杜牧の「秋夕」

3 出自晋代崔豹の「古今注魚虫」

日本の辞書による「蛍」の意味

蛍は蛍科の甲虫の総称。くさのむし、なつむしである。「蛍の光、窓の雪。」苦労して勉強にはげむこと。蛍雪である。蛍二十日に蝉三日。物事の盛りの短いたとえ。蛍は古来文学によく登場し、またほたるを死者の霊魂とする伝説が多い。

日本では、面白い単語に気付いた。蛍狩り、蛍を追いとらえたり眺めたりこと。蛍合戦、交尾の相手を求めて飛び交う蛍の光がきらきらと入り乱れる光景を、合戦にたとえた語。蛍族、夜に喫煙する人を比喩する。そういう単語は、中国では専門な単語がない。多くの場合は、そういう情景はよく詳しく書いていられる。

蛍の字形変化

中国では、現代使用する漢字は多くの略字である。蛍はそうである。以前の時代、螢はそう書いている。螢にとして、中国は繁体字に日本と同じ字形がある。しかし、簡体字に中国と日本は微妙な違いがある。まず、中国の螢、上の二つの火意味はたき火という意味である。形声字に属する。形声は漢字の六書の一。音を表す字と意味を表すを合わせて一字を作る法。螢の上の部分は音を表すで、下の部分は意味を表す。

中国の螢は今の簡体字「萤」、上の部分は中国語で草字頭、最初この字の偏旁は「虫」部、「艹」部に変わる。日本の「蛍」は今中国語で学字頭である。学字頭は過去の時、二つの山を書いている。そういう形式の字は日本に「学字頭」を略する。

中国における「蛍」の意象について

意象は中国詩歌に組み立てるとても重要な部分である。中国詩歌では、意象はあるシンボルの象徴である。例えば、月といえば、ふるさとの思い、団欒を望むという感情がある。意象は中国詩歌になくてはならないものである。たくさんの意象は意境を組み立てる。詩歌を作るのは絵を書くことと似ている。目的は読者のために画のような思いを創造する。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接