目的论视角下的中日新闻标题互译策略研究——以《CRI国际在线》和《日经中文网》为例毕业论文_日语毕业论文

目的论视角下的中日新闻标题互译策略研究——以《CRI国际在线》和《日经中文网》为例毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

随着经济全球化的发展以及科技的不断创新,各国之间的联系越发紧密。現在无论我们身在何处,都能精准地了解到世界各地的消息。随着传统纸质行业的衰退,人们越来越趋向于在网络上阅读新闻,精准地根据自己的喜好选择有用的信息。网络新闻发挥了互联网独有的速度和视觉效果,向读者传递瞬息万变的新闻资讯。2018 年是《中日和平友好条约》发表40 周年,作为彼此一衣带水的邻国,中日两国之间的联系愈加密切,新闻互通渠道也更加成熟。其中,翻訳的作用不言而喻。刊登在相应語言版本上的新闻不仅仅是一种彼此互相加深了解的手段,更是代表了一个国家的官方形象,肩负着对外宣传和文化传递的重要功能。本文收集了2019 年1 月到3 月《CRI 国际在线》和《日经新闻网》官网上的中日互訳新闻标题为主要研究素材,从翻訳目的论的角度,探究两国新闻传达的特点及其背后隐藏的意识形态的的差异性,这两大媒体是两国新闻媒体中最具权威性的媒体,对它的翻訳策略進行详细的研究,有助于为新媒体背景下的翻訳提供非常好的借鉴意义。也能够让学习外語的的中日学生了解到更地道的表达方式。从而实現更好的传达效果,达到对外宣传的目的。

关键字:新闻;标题;翻訳功能目的论;特色;区别

目 次

はじめに 6

  1. 研究方法と分析対象 8

    1. 研究方法 8
    2. 理論的枠組み 8
    3. 分析対象 10
  2. 分析と考察 13

    1. 見出しについて 13
    2. 情報ポイントの比較 13
    3. 見出しでの数字 18
    4. 見出しでの略語 22
    5. 自国化翻訳と異国化翻訳 25
    6. ローカル化戦略 27

おわりに 32

参考文献 33

謝 辞 35

はじめに

本論文は、異文化コミュニケーションとしての翻訳行為に関して、機能主義翻訳理論の観点から考察した研究である。ここで、本研究の目的を明らかにし、その背景と理論的枠組み、研究の方法について簡単に説明する。

中国と日本は、長い友好交流の歴史を持っていて、経済、観光、環境、文化・芸術、学術研究など幅広い分野において交流を行っている。両国間のコミュニケーションの伝達も日々多くなっており、民間の間での交流も広がっている。今の世界は、言語転換の重大性が意識している人がますます多くなって来た。よく「言葉は人間関係の中で大切な架け橋である」といわれるが、翻訳の仕事は確かにこのような架け橋である。翻訳は、外国語によって言葉の内容をあらわすプロセスまたはその結果であり。私たちがよく言う翻訳とは、つまり異なる国の言語の間における言語転換活動でありすなわちある国の言葉の内容を他の国の言葉で再現することである。前者は原文と言い、後者は訳文と言う。翻訳は翻訳者によって自分の国の言葉と外国語との間の言語変換活動だけではなく、外国語と外国語との間の言語変換も行う。

そこで、本研究では翻訳を起点テキスト(Source Text=ST、原文)の文化と目標テキスト

(Target Text=TT、翻訳文)の文化の間で行われる異文化コミュニケーション行為として捉えている「機能主義翻訳理論」の立場から、翻訳の異文化コミュニケーション機能についての考察を試みる。

なかでも、翻訳過程を決める最も重要な原則は翻訳行為全体の目的(Skopos)であると主張するKatharinaReiss と HansJ.Vermeer の「スコポス理論」に基づき、一つの ST と異なる文化的背景を持つ TT を比較・対照することで、異文化コミュニケーションを図るための翻訳者のスコポスが翻訳方法の選択にどのような影響を与えているのかを明ら

かにする。従って、本研究の目的は、まず効果的な異文化コミュニケーションのための翻訳者の翻訳スコポスが実際の TT にどのように表れているのか、また、TT のどのような部分で各々のスコポスの差異が発生するのか、そこに一貫した基準は見られるのか探ることにある。

1 研究方法と分析対象

研究方法

具体的な分析は、スコポス理論をベースにして翻訳方法を分類した藤濤(2005)の「翻訳方法の一覧」を用いて行う。その中で (1)移植、(2)音訳、(3)借用翻訳、(4)逐語訳 を

ST 中心の異国化翻訳方法、そして、(5)パラフレーズ、(6)同化、(7)省略、(8)加筆を TT 中心の自国化翻訳方法と見なして分析した。なお、(9)解説はどちらにも併用される可能性があるため実例から判断することにする。

なお、本研究では,具体的な分析テキストは2019 年1 月から3 月までの「中国国際放送局」と「日経中文網」の対訳ニュースである。検索デスクを利用して該当する訳語を見つけることができる。見出ししか見ないと偏った見方になるため、ニュースの本文も読まなければならない。

理論的枠組み

目的(スコポス)理論とは

「翻訳が目標側で有する機能や目的を達成するように、翻訳を行うべきだとする考え方で、 起点テクストはあくまでも情報提供機能を担うのみであり、翻訳という新たなコミュニケーショ ン行為によって目標側の読者に起点テクストの情報を目標言語によって伝達するというもので ある」

と定義した1。筆者は藤濤(2007)の定義に賛成する。

スコポス理論によれば、いかなる翻訳であれ、翻訳過程を決める最も重要な原則は翻訳行為全体の目的(Skopos)である2

「In other words,the relative validity of each translation is seen in the degree to which the receptors are able to respond to its message in terms of both form and content)in comparison with what the original author

evidently intended would be the response of the original audience and how that audience did,in fact,respond.The responses can, of course,never be identical,for interlingual communication always implies some differences in cultural setting,with accompany diversities in value systems,conceptual

presuppositions,and historical antecedents.」

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接