インターネットにおける匿名制と情報伝達の中日比較     ――中国のWeiboと日本のTwitterを例に毕业论文_日语毕业论文

インターネットにおける匿名制と情報伝達の中日比較     ――中国のWeiboと日本のTwitterを例に毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

随着信息和通信技术的发展以及微型博客和社交网络服务(SNS)的普及,人们可以随时随地获得各种即时信息。今后随着中日两国之间在社交网络上的沟通的不断增加,如何准确把握中日 SNS 的实际情况成了不容忽视的问题。然而,虽然中国和日本有很多关于 SNS 的研究,但是中日之间的比较研究尚不充分。本文在前人研究的基础上,以中国新浪微博和日本的推特(Twitter)为对象,详细调查两国 SNS 中存在的匿名性与信息传达之间的关系,并揭示其异同点。

具体来说,日本的推特用户多是基于现实生活中的人际关系来发送和接收信息,但中国的微博用户接收的信息则多是来自于与现实人际关系无关的用户,或是自己感兴趣的用户。此外,由于开放性和匿名性的不同,中国微博和日本推特中流传的由个人账户发布与两国相关的信息,其真实性常常难以得到保证。

关键词:中日社交网络服务;匿名;信息传达;微博;推特

目 次

はじめに 1

  1. 先行研究 3
  2. SNS における匿名 6

    1. 匿名について 6
    2. 微博とツイッターにおける匿名 7
  3. 匿名と情報伝達 11

    1. 微博とツイッターの特徴 11
    2. 匿名と情報伝達の関係の中日比較 12

おわりに 15

参考文献 16

謝 辞 18

はじめに

スマートフォンの普及とともに利用が増加してきたのが SNS(Social Networking Service)である。中国と日本における様々な SNS の中で、いち早く今起こっている世界の出来事がリアルタイムで伝播し、140 文字以内という投稿字数制限1がされている放送メディア並みの瞬間的な情報伝播力を持たせる

SNS の代表は、中国の微博と日本のツイッター(Twitter)である。「2016 年中国网络社交应用报告」2と「平成 29 年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」3によると、2016 年に中国と日本における SNS を利用している人の中で、全年代では中国で微博の利用者の割合は 37.1%で、日本でツイッターの利用者の割合は 31.1%だということである。そして年代別でみると、

20 代の利用率が最も高く、微博の 50%とツイッターの 70.4%だとのことである。つまり、主な利用者が 20 代の若者である微博とツイッターは SNS 実態の研究に対して考えなければいけない存在になったことが見て取れる。

多くの人々が現実社会に関連する様々な意見や経験、コンテンツを交換、共有するためのソーシャルメディアとして、微博とツイッターは様々な方面で機能がよく似ている。まず微博とは、中国語で「マイクロブログ」の意味で、

web2.0 技術に基づく新しいソーシャルメディアとネットワークコミュニケーションツールである。ユーザーは微博を通じて文字だけでなく、写真や動画、音楽を混ぜて発信し、転送やコメントなどの機能を通じて他のユーザーとつながることができる。そしてツイッターとは、「インターネットを通じて 140 字以内の『つぶやき』を不特定多数にリアルタイムに発信し、自分で選択した

1 2016 年 2 月 28 日より微博は 140 字制限を撤廃した

2 https://www.cnnic.cn/hlwfzyj/hlwxzbg/sqbg/201712/P020180103485975797840.pdf

3 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01iicp01_02000073.html

他人の『つぶやき』を受信するサービス」(津田大介,2009)と理解されている。微博とツイッターで投稿された内容は、すぐ自分の「タイムライン」4と「ホームページ」に表され、同時にほかのユーザーに公開される。そのため、インターネットで内容を入力して、即座に他人に見られるという意味ではツイッターはブログの簡易版とも言える。換言すると、ツイッターは「マイクロブログ」あるいは「ミニブログ」と呼ばれている。

一方で、微博とツイッターはネットサービスである以上、ユーザーが増える とそれに伴うトラブルや攻撃も増える。それに、微博とツイッターに登録する 時にユーザー名を自由に取得できるので、SNS の情報伝達がさらに複雑になる。

そこで、本研究では、先行研究を踏まえ、中国の微博と日本のツイッターを対象に、中日両国 SNS における匿名と情報伝達の関係について、その実態を明らかにし、その問題点などについて研究する。それで、これらに基づいて、中国と日本の SNS における匿名と情報伝達を比較し、異同点とその原因をまとめる。

本研究の特徴は、中国の微博と日本のツイッターというサービスが似ている二つの SNS を対象にして、中日両国 SNS における匿名と情報伝達の実態を比較するということである。

4 タイムライン(TL):自分自身とフォローしている人のつぶやきが表示される

1 先行研究

中日両国ではネットワーク世論とネットワーク情報伝達に関する研究が多く、特にユーザーやメディア、情報共有と伝播の現場としての SNS などの対象をめぐって研究が行われてきた。

まずユーザーの角度から、何威(2009)は初めて「网众」と「网众传播」というコンセプトを提出した。「网众」とは、日本語の意味でインターネットのユーザーから結成されたグループなのである。そして「网众传播」とは、「网众」により始められて、それに「网众」も参加者として、ソーシャルメディアをメディアにして情報伝播を行うという行為と現象なのである。さらに、ソーシャルメディアの特徴も何威(2009)でまとめられた。それは、匿名性や使用者身分の無制限、社会的なネットワークの形成、ユーザーの間で情報の発信と共有、情報発端の集まりとネットワーク・トラフィックの形成、それぞれのソーシャルメディアのネット化という六つなのである。安保克也(2009)はネットワークの名誉毀損の罪に関する裁判所の判断を分析することによって、発信者とネットワークサービスプロバイダーの責任を考察した。李霞(2013)では微博をはじめとする SNS のインタラクティブな儀式が分析され、微博で行われているインターアクションが自己解明やインテリジェンスとフィーリングの重ねという三つの特徴が備わり、それで群体理性の形成に役に立つと説明された。一方で、インターネットにおける匿名性について、折田明子(2013)は四年制の私立大学一年生を対象に現代の大学生が日常的に利用している SNS における名乗りについてアンケートを実施した。その結果、本名及び本名につながるニックネームの利用が多数を占め、利用における匿名性は必ずしも高くないことが見

えてきた。笹川喬介ら(2013)はインターネットが「情報拡散」と「匿名性」という特徴で誹謗中傷問題の増加と悪化をもたらしたと指摘した。黄哲千(2016) は現実における匿名の下でされた実験を通じて、インターネットに匿名の場合にはバンドワゴン効果が発生しており、社会的な認めが個人的な多数に同調することに深い影響を与えるという結論を下した。尤小雅(2018)はインターネットにおける集団行為の内部特徴や匿名性がネットワーク集団にどのような影響を与えるかを研究した。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接