浅析日本性少数群体生存现状毕业论文_日语毕业论文

浅析日本性少数群体生存现状毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

性少数群体,是对同性恋、双性恋、跨性别者等较为少数的性取向或性别认同人群的总称。日本电通公司2018 年10 月的调查显示,日本性少数群体占本国总人口的8.9%。换言之,11 个人中,就有1 人为性少数群体。另外,随着时代发展,日本政府在在教育、职场等各方面实施了维护性少数群体权益的政策。

本论文首先阐明性少数群体在日本的人口比例,然后从教育、职场、与伴侣的关系、他人对性少数群体的认知等4 方面,研究性少数群体在实际生活中所遇到的问题。最后, 针对这些问题,分析日本实行的相关政策。以此来对日本性少数群体的生存现状进行简单把握,思考如何解决性少数群体在当代社会中的问题与困难。

关键词:性少数群体;LGBT;人权

目 次

はじめに 1

  1. 性的マイノリティの割合 3
    1. 「性的マイノリティ」とは 3
    2. 性的マイノリティの割合 3
  2. 性的マイノリティが直面する問題 5
    1. 教育現場で 5
    2. 職場で 6
    3. パートナーとの関係 8
    4. 他人の認識で 9
  3. 性的マイノリティについての対策 13
    1. 教育現場で 13
    2. 職場で 14
    3. パートナーシップ制度 15
    4. 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律 16

おわりに 18

注 釈 19

参考文献 20

謝 辞 21

はじめに

世の中には性的指向(どんな性に魅力を感じるか)は全ての人が異性愛者とは限らない。自分と同じ性に魅力を感じる同性愛者や男性にも女性にも魅力を感じる両性愛者もいる。また、生まれもった性と心で感じている性(性自認)が異なる人(トランスジェンダー)がいる。これらの人のことは、性的マイノリティということである。

株式会社電通が2018 年10 月に行った調査によれば、性的マイノリティの割合は8.9% だということであった。即ち、11 人にあたって、1 人は性的マイノリティであった。また、時代の進展とともに、日本政府は教育や法律などの分野で、性的マイノリティの問題に対して、多くの政策を施してきた。しかし、それらは未だに充分とは言えない。

性的マイノリティーについては、多くの先行研究があす。

太田美幸(2017)によれば、1991 年提訴した「東京都青年の家」という裁判をはじめと して、性的マイノリティーに関する問題は大衆の視野に入った。この事件をきっかけに、文科省はその後、性的マイノリティの学生の問題について、様々な対策を施してきた。渡辺大輔(2017)によれば、文科省の一連の取り組みは大切だが、現行の学習指導要 領およびそれに基づいて行われている現在の日本の教育は、「シスジェンダーおよび異

性愛」教育に偏っているものであると捉えられる。

白井千晶(2017)の調査からは、教員の中にはすでに、性的マイノリティや性の多様性について多少の知識を有している者がいるものの、それを授業に取り入れたり、生徒指導に活かしたりできる教員はまだまだ少ない学校現場の現状を明らかにしている。

これらの先行研究は、教育現場で、子ども達が現実にあった問題及び学校と政府の施策のあり方について、考察している。しかし、実際には、子どもだけではなく、社会人

も生活において、様々に困ることがある。そこで、本研究では、全体的に日本の性的マイノリティの生活の現状や彼らに関する政策について考察する。

本論文は、まず性的マイノリティの割合を説明する。そして、教育現場、職場、パートナーとの関係や他人の認識などの4 つの方面から、現実において性的マイノリティが直面する問題を研究する。最後に、これらの問題に関する施策を分析する。

1 性的マイノリティの割合

「性的マイノリティ」とは

性的マイノリティとは、同性が好きな人や自分の性に違和感を覚える人、または同性も異性も好きになる人などの人々のことである。「セクシュアルマイノリティ」や「性的少数者」ともいえる。

LGBT という言葉もよく使われているが、「性的マイノリティ」と少し違いがある。

LGBT は、Lesbian(レズビアン:女性の同性愛者)、Gay(ゲイ:男性の同性愛者)、Bisexual (バイセクシュアル:両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー:心と体の性が一致しない人)という4 つの言葉の頭文字である。

実は、性的マイノリティという言葉は、LGBT 以外の少数者も含まれている。例えば、 身体的に男女の区別がつきにくい人と自分の性別や性的指向にまだ迷っている人がいる。つまり、性的マイノリティという言葉は、「異性を愛するのが普通だ」とか、「心と

体の性別が異なることなどない、性別は男と女だけである」としている多数者から見ると、少数者という意味である。

性的マイノリティの割合

自分の周りに、性的マイノリティがいないと思っている人は多いかもしれないが、実際に、日本に、どのぐらいの性的マイノリティがいるだろうか。日本の性的マイノリティの人口については、いくつかの調査が実施されてきた。

株式会社電通におけるダイバーシティ課題対応専門組織「電通ダイバーシティ・ラボ」は、2015 年4 月に全国20~59 歳の個人69,989 名を対象に、LGBT を含む性的マイノリティ(以下、LGBT 層)に関する広範な調査を実施した。その結果、LGBT 層に該当す

る人は7.6%であった。

日本LGBT 総合研究所が2016 年5 月に、全国の20~59 歳の個人100,000 名(有効回答者数 89,366 名)を対象に実施したスクリーニング調査によれば、日本の性的マイノリティの人口は、全人口の約8%だとされている。

日本労働組合総連合会は、2016 年6 月に、全国の20 歳~59 歳の有職者1000 名に、 自認している性別や性的指向を聞いた。性的マイノリティに該当する人は8%となった。電通会社は2018 年10 月に全国60,000 名を対象に、再びLGBT を含む性的マイノリテ ィに関する広範な調査を行った。今回の結果は、LGBT 層に該当する人は8.9%であった。

これらの調査の結果は、表1 のように示されている。

表1 日本の性的マイノリティの人口についての調査

調査した時間

調査した団体

有効調査人数

LGBT 層の割合

2015 年4 月

株式会社電通

69,989 名

7.6%

2016 年5 月

株式会社LGBT 総合

研究所

89,366 名

8%

2016 年6 月

日本労働組合総連合会

1,000 名

8%

2018 年10 月

株式会社電通

60,000 名

8.9%

この四つの調査は、全てインタビューで行われたので、安価に大量の回答をもらえるというメリットがある一方、正確性に欠けるという指摘もある。しかし、これらの調査によれば、日本には、性的マイノリティは少なくないということが明らかにさせた。

性的マイノリティが直面する問題

性的マイノリティは社会の弱者として、現実の生活で、一体どのような問題に遭遇しているのか。この部分では、筆者は先行研究が行った調査のデータを基づいて、自分が参加した「LGBT や性別違和などの性的マイノリティの意見交流会」で聞いた話を参考にして、教育現場、職場、パートナーとの関係、他人の認識という四つの面から、性的マイノリティの問題を述べていく。

教育現場で

交流会で、同性愛者のA さんは、自分のことを話していた。「今は男として生活しているが、小学校の時、女の子のドレスと可愛いものが好きで、他の人に『変なやつ』と言われて、いじめられた。その時、LGBT についてのことは知らなかったが、中学生の時、同級生の男の子が好きになって、自分がなんやろうと思って、ちょっと調べて、LGBT のことが分かった」。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接