《蟹工船》中拟声拟态词的汉译研究毕业论文_日语毕业论文

《蟹工船》中拟声拟态词的汉译研究毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

本文参考以前的拟声拟态词的研究成果,对《蟹工船》中拟声拟态此的翻译进行研究,从词性,语法,感情三个方面分析其翻译的方法。

从词性的角度,拟声拟态词的词性在日语中比较单一。在翻译成中文的过程中,原封不动的翻译是很难做到的。所以,就需要适当的改变一下词的性质,来达到比较理想的翻译效果。

从语法的角度,拟声拟态词一般都是在句中起到状语作用,修饰名词或者动词等。但是,由于在文中有上下文的联系,仅仅通过状语是不足以表达原文的一些东西的。所以,改变拟声拟态词在句子中的作用也是很重要的。

从感情的角度,拟声拟态词中有些带有情感,有些则没有情感。但是,小说中为了塑造人物,烘托气氛,情感是必不可少的。通过推敲原文,理解作者的目的之后,适当的情感的加入能够使得故事情节更加丰满,人物形象更加立体。或者有些词在翻译的过程中不得不改变原有的情感,从积极的变为消极的或者从消极的变为积极,从无到有,从有到无,这种例子也是存在的。

关键词:拟声拟态词;词性变化;语法转变;情感变化

目 次

はじめに 1

  1. 擬音語擬態語について 3
    1. 擬音語擬態語の定義 3
    2. 擬音語擬態語の先行研究 3
  2. 擬音語擬態語の翻訳 6
    1. 擬音語の翻訳方法と実例についての分析 6
    2. 擬態語の翻訳方法と実例についての分析 9
  3. 擬音語擬態語の翻訳についての問題 14
    1. 品詞の面 14
    2. 文法の面 17
    3. 感情の有無 20

終わりに 24

参考文献 26

謝辞 29

はじめに

『蟹工船』はプロレタリアの啓蒙的な作品で、抑圧される労働者と若い未成年労働者が蟹工船に雇われて、長期的に漂流していて、最も原始的な最も落伍していた労働に従事している事を書いている。漁師たちは、監査役の残酷な迫害に耐えられず、団結してストライキを行い、船長と労働者を激しく撃った。第 1 回のストライキは失敗に終わったが、2 回目の漁師たちは再び蜂起した。文章中に擬音語擬態語が豊富で、擬音語擬態語は人物を描写する不可欠な部分である。よく知られているように、柔軟なキャラクタを作るためには、キャラクタがより豊かで生き生きとしている。『蟹工船』の中、擬音擬態語は広く用いられており、日本語で頻繁に使用されるものである。日本語をマスターするには擬音語擬態語を了解するのは必要である。しかし、擬音語擬態語を身につけるのは難しい。中国語では、擬音語擬態語は日本語に含まれているものよりもはるかに少ないので、多くの言葉は日本語に対応できない。翻訳の過程では、文脈の分析を通して表現を変える必要があるので、これも細かい部分の理解上のずれをもたらしている。本稿では、『蟹工船』三つの訳本の擬音語擬態語の翻訳を通じて擬音語擬態語の翻訳方法をまとめ、文法機能の変化を探求したいと考えている。

国内では、『蟹工船』この作品の擬音語擬態語の成果は今まで少ないが、擬音語擬態語に関する研究は多い。金璐(2013)は夏目漱石の『坊ちゃん』の 3 つの訳本を例にして、擬音語擬態語例文を選出し、擬音語擬態語の翻訳方法と

詳しい問題を分析した。趙鲲(2012)は日本語の擬音語擬態語の翻訳方法は形容詞、副詞、動詞、成語等の約 7 つの方式であると言った。次のように文章の全体的な意味、擬音語擬態語という形態と意味のつながり、擬音語擬態語の品詞を意識しなければならない。徐一平(2010)は「対応する中国語象声語を使用して、原文から音訳語を作る」、「畳語に翻訳する」、「形態語に翻訳」を提案した。「声語の隠喩の用法」など、今までは流用されている。浅野鶴子と天沼宁(1984)が編集した擬音語擬態語辞典にはそれぞれ 1647 と 1562 の言葉が収録されている。このことから、日本語では擬音語擬態語が多く、広く利用

されていることが分かる。瀬戸口律子は『日中両国語に於ける擬音語・擬態語について』の中で、数多くの擬音語擬態語が中国語の形容詞や熟語に翻訳され、また中国語の象声語は多義性を持っている。武田みゆき(2001)は人間の活動に関わる音と外界音を中心に、中日の擬音語の語彙力を分析し、中国語の「~ 地」の文式と「ABB 型の形容詞」が擬態語としての役割を果たしたことを指摘した。しかし、中国語は文法上、日本語の擬態語にぴったり合う言葉は存在しない。

本稿は先行研究のもとで、『蟹工船』3 つの漢語版を探索し、それぞれ李思敬訳本、林少華訳本及び葉渭渠訳本(以下は李訳、林訳、葉訳と略称する)における擬音擬態語の翻訳の異なるものを研究し、方法をまとめ、さらに文法面を検討する。

1 擬音語擬態語について

擬音語擬態語の定義

擬音語は物が発する音を字句で模倣したもの。同じ言語でも時代によって異なる。例えば、狂言などで犬の鳴き声は「びよ」と表現される。1カタカナで表記されることが比較的多い(擬声語と呼ぶこともあるが現在は擬音語の方が一般的である。2また、擬音語の下位類の、人や動物が発する声を模した語を擬声語と呼ぶ立場もある)。なお、擬音語と擬態語との境界は時々截然としない。3例えば、「ざあざあ水を浴びる」における「ざあざあ」は、身に降りかかってたてている音だとも、水が際限なく大量に降り注ぐさまを表しているともとれるため、擬音語か擬態語かは決めにくい。4

擬態語は状態や感情などの音を発しないものを字句で模倣したものである。

(本来、擬声語には含まれない)。「擬態語」をさらに下位区分して、「きらっ」「ひらひら」「ぶるぶる」のように外面的なありさまを表す「擬容語」、

「ガーン」「ぎくり」のように内面的な感情を表す「擬情語」に分類する立場もあるが、厳密な区別は難しい。5また、日本語には「たっぷり」「ちょうど」のように擬態語と一般語彙の中間的なものもある。擬態語の多さは日本語の特徴でもある。

擬音語擬態語の先行研究

国内では日本語の擬音語擬態語の研究が日本に比べて非常に多く、翻訳方法をまとめるに注目している。金璐(2013)夏目漱石の『シカゴ』の 3 つの訳本を例にして、擬音語擬態語例文を選出し、擬音語擬態語の翻訳方法と詳しい問題を分析した。趙鲲(2012)は日本語の擬音語擬態語の翻訳方法は形容詞、副詞、動詞、成語等の約 7 つの方式であると言った。次のように文章の全体的な意味、擬音語擬態語という形態と意味のつながり、擬音語擬態語の品詞を意識

1山口仲美 『犬は「びよ」と鳴いていた―日本語は擬音語・擬態語が面白い』光文社新書.2002 年

2飛田良文他編集 『日本語学研究大事典』.明治書院.2007 年:145 頁

3国語学会編 『国語学大事典』.東京堂出版.1991 年第 7 版:214 頁

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接