试论鲁迅《伤逝》与川端康成《千羽鹤》中伦理观的异同毕业论文_日语毕业论文

试论鲁迅《伤逝》与川端康成《千羽鹤》中伦理观的异同毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

鲁迅的《伤逝》对传统婚姻制度束缚人们的思想及自由进行了猛烈的抨击, 并由衷表达了恋爱自由的思想。川端康成的《千只鹤》将人性的冷漠与晦暗表现得淋漓尽致,揭示了传统道德价值的沦丧。两部文学作品分别描述了两个截然不同的爱情故事,在相近的年代却不同的时代背景下,其所蕴含的社会特征、传统倫理观等,反映出一个时代人们的精神世界。

本文通过分析鲁迅《伤逝》和川端康成《千只鹤》的研究成果,来探究 20 世界前期,处于动荡年代的中日两国不同的社会思想文化和道德倫理。《伤逝》运用悲剧的结尾来直接写出封建婚姻制度在“吃人”的社会里对人性的摧残,以及中国根深蒂固的封建思想难以动摇。而《千只鹤》则是通过肯定背德的爱情来反讽社会的黑暗,表达出渴望通过解除一切“道德的抑制”,使人类恢复到原初, 找回生命的尊严与自信,以及脱离战争给人民带来的痛苦。

关键词:《伤逝》;《千只鹤》;伦理观

目 次

はじめに 1

  1. 虚実結合 3
    1. 『千羽鶴』の幻の美しさ 3
    2. 『傷逝』の懐かしさ 7
  2. 側面描写 10
    1. 景色を借りて抒情すること 10
    2. 物事で感情を伝えること 10
  3. 真っ向から批判することと逆に覚醒すること 12
    1. 真っ向から批判すること 12
    2. 逆に覚醒すること 13

おわりに 14

参考文献 15

謝 辞 16

はじめに

『傷逝』は魯迅の唯一の青年男女の愛情を描いた小説で、伝統的な封建主義が人間性にたいしてのひどい損害を深く分析した。千羽鶴は、川端康成がノーベル文学賞を受賞した代表作の一つで、独特の創造スタイルで日本の社会的な特徴を明らかにしている。魯迅の『傷逝』と川端康成の『千羽鶴』が20世紀前期に書かれていて、悲劇の物語であり、青年世代の生活に注目して一歩進んで、感情的な愛情の世界に目を向けている。小説の中で中日青年の愛の悲劇は、特定の歴史的な背景の下で生み出されているが、作家の繊細な描写と人間性の複雑性を明らかにすることによって、二つの愛の悲劇が時代を越える価値を持っている。本稿は二つの作品の使われている文学的な手法から、それに含まれる倫理道徳観を分析する。

『傷逝』の研究は主に啓蒙思想、自己主義と反論の観点に集中している。「魯迅は皮肉な視点で、涓生と子君の物語を述べる。このような皮肉は暗黙のものであっても、ほとんどどこにもいて、『傷逝』の一つの構造の原則と言える。」

1『千羽鶴』の研究に対しては、「魔界」の研究と「物哀」の研究に集中してい

る。「『千羽鶴』は菊治を中心とする魂を浄化する物語である。それぞれ性格が違った四人の女性たち(ちか子、ゆき子、太田夫人、文子)は菊治の内心によって形象化の生命を与えられている。言い換えれば、彼女たちは菊治の霊魂を上か昇華させるために存在しているだけであり、菊治を「魔界」から「仏界」へ浄化させていくのである。」2しかし、『傷逝』は『千羽鶴』と似たような手法を多く用いていて、たとえば二つの作品がすべて虚実の変化をして、『千羽

1李今.析《伤逝》的反讽性质[J].文学评论 2010

2王静.《千只鹤》中的“魔界”[J].辽宁大学 2009

鶴』は幻の美しさと現実の醜さをもとに強く対照し、『傷逝』は思い出と現実を結び、その前後の変化を通じて主人公の心の孤独を表現する。

本稿では、皮肉の手法よりも、『傷逝』のほうが正面に論駁し、作者は、子君が革命を認めた新たな時代の女性から家庭主婦になることを描いて、男の主人公を通じて自分の不満を表現した。『千羽鶴』は皮肉の傾向があり、川端康成は菊治と太田の奥さんの不倫の愛情を通じて、現在の不満を示した。社会は男女平等を唱えているが、女性の社会的な地位は依然として低く、菊治の母、太田の奥さんの悲しみを通じ、この現状に対する批判を表現した。

二つの文学作品は異なる愛の物語を描写して、似たような時代によって異なる時代背景に、その社会的な特徴、伝統的な倫理観などが人々の精神世界を反映している。本稿は魯迅『傷逝』と川端康成『千羽鶴』の倫理観を対照して、2 0世紀前期に戦争时代にある中日両国の異なる社会道徳的な意識を探ってきた。

1 虚実結合

『千羽鶴』の幻の美しさ

川端康成は、1968年にノーベル文学賞を受賞した時、スウェーデンの文学院が彼に与えた受賞の言葉は「君の卓越した感性を顕彰するために、小説のテクニックを用いて、日本人の心の真髄を表現しました。」3ということである。千羽鶴は、川端康成がノーベル文学賞を受賞した代表作の一つで、論議を呼んでいる小説である。『千羽鶴』の男主人公・菊治は、父親の恋人である栗本ちか子から茶会に誘われ、茶室で美しい稲村雪子に出会って、父親の別の恋人である太田の奥さんと彼女の太田文子さんに出会った。川端康成は四人の女のイメージを巧妙にデザインし、そのストーリーは菊治と彼女たちの感情の発展に合わせて進められた。小説は多くの虚実の変化を用いて主要人物の感情の葛藤を描写して、それによって日本社会の道徳的な倫理観を明らかにする。

美しいと醜い

『千羽鶴』の主な人物には、虚実の組み合わせがあって、稲村雪子と栗本ちか子、太田の奥さんと太田文子。虚実が人物のイメージをより生き生きとして、人物の矛盾の内在的な心理と感情の葛藤を巧みに表している。稲村雪子は作品中の描写が少なく、二度の真実の姿が菊治の前に現れた。一度は栗本のちか子の茶会で、初めて彼女に会った千羽鶴の風呂敷が印象的であった。今回の出会いにもお見合いの意味がある。二度はお点前。菊治から見ると、稲村雪子は栗

3方霞.浅谈《千只鹤》对日本传统文化精神的传承[J].消费导刊·文化研究 2007(7):186

本ちか子とはっきりと対比された。雪子は美しい象徴で、菊治が初めて彼女に会ったときには、彼女に魅了された。

「癖がなく素直な点前である。姿勢の正しい胸から膝に気品が見える。」、

「若葉の影が令嬢のうしろの障子にうつって、花やかな振袖の肩や袂に、やわ らかい反射があるように思える。髪も光っているようだ。」4。稲村雪子の美し い姿が、簡単に何筆かで出てくる。その後は、雪子がまともに描かれていない。第二回会ったのは菊治の思い出だけである。菊治は昨日使っていた茶具を片

付けると、「茶室には令嬢の香気が匂っていそうなきがして、夜なかに起きて茶室へ行ってみたいようだった。」5。稲村さんの訪れで菊治は寝付けなかった。その後、稲村さんは菊治の前ではなかった。だから雪子は菊治の幻想の中で、特に菊治が倫理的な縁にあるときに、彼の心の痛みを癒す。「しかし、稲村の令嬢の点前の姿が、菊治にも浮んで来た。あの千羽鶴の桃色の風呂敷も見えて来た。」6

ちか子は日本語でも「千加子」と書くことができ、現実的な意味がある。栗本ちか子は『千羽鶴』を貫く人物で、菊治の家に多くのことを手伝って、三谷さんの恋人もやっていた。三谷さんに捨てられても、菊治にいろいろなことをしたのであって、稲村雪子は菊治に紹介された。しかし、菊治からみると、彼女は胸の上にある大きな黒子のように醜い。菊治は八、九歳の時に父とちか子の家につき、彼女の胸の痣を見た。「父に驚いたのでなく、菊治を見て驚いたようである。女中が玄関へ出て取りついだから、ちか子は菊治の父が来たとは

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接