探讨黑泽明电影中日本人的自然观——以《梦》为中心毕业论文_日语毕业论文

探讨黑泽明电影中日本人的自然观——以《梦》为中心毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

黑泽明作为日本有名的导演、剧作家,在日本影坛占有极其重要的位置,他的作品十分丰富。黑泽明在其作品中,不仅表达了武士精神,同时也表达了强烈的环境保护意识,严肃地思考着人与自然的关系,忧虑人类自身的生存问题,充满了强烈的社会责任感与人文关怀。尤其是《梦》这部电影。

自古以来,受日本民族文化中“神道”和“天人合一”思想的影响,日本人对自然怀有既尊敬又恐惧的心理。另一方面,日本人对自然又有着浓厚的兴趣。日本人的自然观是“不求征服求调和”。探寻人类与自然的共生之道,已成为当今国际社会共同关注的重大问题。如何维系生态平衡,也是黑泽明在电影中探寻的课题。

关键词:自然观;黑泽明;梦;电影

目 次

はじめに 1

  1. 日本人の自然観 3
    1. 自然観の歴史と起源 3
    2. 自然観の影響 4
  2. 黒沢明と『夢』 7
    1. 「夢」から含まれる黒澤明の生い立ち 7
    2. 黒澤明映画中自然現象の応用と自然観の体現 10

3 夢から日本人の自然観と中国の違い 12

3.1 歴史 12

    1. 地理環境 13
    2. 未来の展望 14

おわりに 16

参考文献 18

謝 辞 19

はじめに

日本の自然環境は島国で、樹木が多い。近代化以来、日本は産業化の発展に伴い、耕地面積が拡大し、都市化になり、商業ビルやマンションなどの建物が増えているが、実は日本の国土の 7 割は森林に覆われている。日本の自然界は空間的にも時間的にも複雑で多様である。それが人々に無限の恩恵を与えると同時に、地震・台風・洪水・津波などによって多大な被害も受けている。その結果として、自然に対する情愛とともに自然との共生という感情が育まれた。この特別な自然に対しての態度が日本人の物質的ならびに精神的生活の各方面に特殊な影響を及ぼしているといわれている。この態度は人間が自然の恵みを受けて共存し、自然の中で生まれ育ち、自然に帰るという自然観である。

『羅生門』や『生きる』などの作品の有名映画監督、黒沢明は、日本の伝統的な価値観を提唱している。芸術領域に造詣が深い芸術家として、彼は日本の伝統文化を作品に融合させている。とくに『夢』は人間と自然の関係、自然に対し感情の変化について黒沢明の自然観を表現する。自然というものは黒沢明の映画の中の大切なキャストになった。

多くの中国の学者が日本の自然観に関する研究を展開した。たとえば、叶謂渠(1993)は自然美が日本の文化形態と日本美学の基礎であると述べている。風土の格差、意志の伝承と受容、歴史の源流との歩みにより、中国の自然観と日本自然観に相違があるからだ。また、周建平(2011)は日本民族が自然に気が付いて、自然風物の散ることに無常観を触られて、人生の哲学をよく考えるになったことが日本民族独特な審美を表現すると結論づけている。安田武

(1993)は人間と自然の美意識を建立する過程のなかで、正直と簡素と謙虚という文化性格主に三つの特性を作ったと述べている。徳田進(2015)は日本が

島国であって、人々が実用的な文学作品を重視し、無駄骨を折る自然改造型の神話を受け入れないという論述がある。黒沢明についてはこれまで多くの研究がなされている。例えば、李沙(2016)黒沢明の映画の中で、禅宗美学の表現を明らかにしている。姜明(2015)は黒沢明映画の武士精神を分析していた。黎紅波(2010)はゴッホの絵が黒沢明の映画への影響を論述した。高橋誠一郎

(2015)は 19 世紀的な自然観の危険性と絶望的な状況を描く、黒沢明の論理観と自然観を分析した。

黒沢明については映画と自然観を個々に研究されているものは多いがその両方を結び合わせて考えた研究はまだ十分にない。

本稿では、黒沢明の『夢』を中心に、黒沢明の映画の中で日本自然観の表現について検討する。黒沢明の自然観についての研究を通じて、人間と自然の関係の思索を深化して、自然観などの伝統的な思想がもっと文芸作品に出て、人の精神活動を促進させるだろう。また、中国人の自然観と比べて、よいところを学んで、自然を保護する意識を高めることや人生を思考さえることを目的とする。

以下においては、まず日本の自然観について紹介して、次に黒沢明と彼の映画の中で雨、雪、太陽などの自然現象の応用と自然観の体現の両方を通じて、

『夢』を分析する。最後に日本の自然観形成原因と社会にとっての影響について検討する。

1 日本人の自然観

自然観の歴史と起源

日本の気候には複雑に交錯しているのは大陸的と海洋的な要素からだ。夏には台風が多く、冬には時として大雪に見舞われ、更には地震などの不規則な自然現象あるいは風土の影響がある。四季の変化もはっきりしており、アジアのほかの国に比べて恵まれているところもある。こうした土地の上で、古代から現代までの日本人の精神文化の中心には、神道的なものがあった。神道は、日本古来の多神教の信仰である。この世の森羅万象、例えば、海、山、風などはすべて神によって作られ、またそのすべてに神が宿っているという「自然崇拝」の観念からいる。

『古事記』は、日本神代における天地の始まりから推古天皇の時代に至るまでの様々な神話や伝説が書かれている書物で、次のような記述がある。「草や木がそれぞれの言葉をしゃべり、国土のあちこちで岩や、石や、木や草の葉が互いに語り合い、夜は鬼火のような怪しい火が燃え、昼は群がる昆虫の羽音のように、いたるところでにぎやかな声がした。」1日本人は、宇宙の中で神様が宿ることを信じており、樹木や山、川、岩などを神様の化身として祭ることをアニミズムと呼ばれている。すなわち、日本人は神をただ一人の神のみを拝むのではなく、身近な周囲の万物を神として、時と場合に応じて様々な姿を描き、八百万の神々を拝み、且つ祭って来たのである。「自然崇拝」を中心とする神道思想は日本人の心を捉えた。この観念は日本人独特の精神文化を形成してきたといっても過言ではない。しかし、初期の宗教思想として、この時代に神道は

1 太安万侶.『古事記』.朝日新聞社.1962.p64

まだ系統的なものではなかった。儒教思想、道家のごとく中国古代思想が伝来してはじめて、神道の概念も体系化され、より充実になったと言える。中国思想においては、人間は自然界の一つの構成部分であり、人間と自然は合一しているといえる。したがって、自然に対して従順、自然を愛し、自然との調和、自然との共存を理想とした。儒家である老子は「人間は生きるために求めるあらゆるものは天物からできているのに、理知的、節度的に求めるべきである。自然のものと粗末にすべからず」2と論じた。そのため、日本人は自然に対して一種の畏敬や敬意の感情を持っている。また、古代中国の思想、特に儒家の「天人合一」の思想の影響に及ぼされ、日本人は自然との関係のバランスを求めている。自然を見習い、自然と融合して生活を楽しむ一面を生み、人間を自然の一部と理解し、自然の恵みを受けて共存し、自然の中で生まれ育ち、自然に帰るという自然観を生み出した。

自然観の影響

昔、日本人の家屋が木造を主としていたのは、日本人が植物に対して特別な感情、つまり親植物性を持っているからであった。たくさん住居に庭園があるのも、日本人に特有なものであって、日本人の自然観の特徴を説明する格好な事例でもある。西洋人は自然を勝手に手製の鋳型にはめて幾何学的な庭を造ることを好むが、日本人はなるべく山水の自然を損なうことなく住居のそばに誘致し自分はその自然の中に出され、その自然と同化した気持ちになることを楽しみとするのである。

衣服については、日本人は元々、麻、棉、絹などの植物繊維を使っていたが、毛皮や毛織りが海外からの輸入品となり、人工的なものも使われるようになっ

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接