外语词汇网络学习平台现状及构建的初步研究——以日语词汇学习软件为例毕业论文_日语毕业论文

外语词汇网络学习平台现状及构建的初步研究——以日语词汇学习软件为例毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

随着网络化外语教学平台的出现,外语词汇学习成为一种风潮。但现有外语词汇教学平台存在着诸多的问题。

本文通过研究发现已有的外语词汇教学平台的现状,模式设计及使用中存在着不足。通过对具有代表性的市面上三款外语词汇学习软件的分析,从其记忆模式、社交方式和词库系统三大主要方面进行分析,研究其基本的版块设置及存在的不足,并从中学习相关的软件功能结构及模式。

以此作为借鉴,针对日语词汇教学平台的建构阐述了理论支撑和研究的价值,并提出具体的“一建设、三板块”的设計建议。

关键词:日语;词汇软件;比较;构建;建议

目 次

はじめに 1

  1. 語彙教育ソフトの現状 3
    1. 使用するグループとコンテンツのデザイン 3
    2. 既存教育ソフトの不足 4
  2. 既存外国語学習ソフトの比較 5
    1. 記憶方式について 5
    2. コミュニケーション方式について 7
    3. 語彙庫システムについて 8
  3. 日本語語彙教育ソフトの構築に対するアドバイス 10
    1. 理論の支持と研究の価値 10
    2. 日本語語彙教育システム構築に対するアドバイス 10

おわりに 17

参考文献 18

謝 辞 20

はじめに

現在、情報技術を基礎とする外国語実験の教育改革が絶えず進められている。このうち、重要な成分として外国語の語彙教育ソフトの構造は、各方面で学生 の学習に大きな影响を与えて、語彙の記憶から語彙の応用分野に至るまで、外 国語の語彙の重要性が高まっている。

外国語教育ソフトの普及と整備に伴い、外国語教育ソフトに関する研究も増えている。従来の研究によって、外国語教育ソフトの現況研究及び問題解説、外国語ソフトの意味と必然的な発展傾向、外国語ソフトの機能構造研究(学生の自律、教師のコントロールという両方)と外国語語彙の記憶研究(記憶理論研究、記憶方法研究という 2 面)という 4 つの主要な研究方向がある。

従来の研究内容をまとめてみると、その内容は、実際の教育環境、教学理念の研究、記憶構造の理論研究、外国語教育ソフト使用者の自身の体験状況、それぞれの記憶構造と認識理論のレベルから実際的な教科モデルを変更することが主に含まれている。特に、学生ニーズに向けて、何琛(2011)は「言葉室」、

「聴力室」、「読書室」、「作文室」、「翻訳室」の 5 つのモデルを提案した。

李惠、王刚(2011)はインタラクティブな相互補完と学生を中心にする教育モー

ドという外国語インターネット授業ソフトの構想を提示して、「ネットワーク課程」、「教職資源」、「オンラインテスト」、「管理・プラットフォーム」の 4 つのコーナーがシステムを構成しており、学生の使用と教師のコントロールが補完されるべきだと主張している。

しかし、学生グループに対する独自の学習性の深さが欠けている。外国語ソフトの構造に関する詳しい対照及び方法研究が欠けている。記憶理論はソフトと密接に関係していない。その他には、英語を巡り、他の言語のないソフトを構造するという研究は、性向が明らかになっている。

本研究を通じて、外国語学習の改革研究をある程度に進めて、外国語の語彙教育ソフトを外国語教育の有機的な構成部分にする。建設されたソフトを更に学生の実際の使用需要に适させる。外国語の語彙教育ソフトの未来の発展の方向を示し、関連産業の革新的な誘導力を高める。

本研究の内容では、「ネットサイト」と「アプリ」が含まれているので、「ソフト」と呼ばれている。本研究の内容については、ソフトの机能から分析し、日本語の語彙教育ソフトの建設に対し、自分の考えと提案を出す。

1 語彙教育ソフトの現状

国内の外国語学习のソフトの建設スピードが速くなっていて、ソフトの建設のレベルと管理も日増しに整っている。この中では、外国語ソフトを学校に専門に採用されている外国語教育のソフトに育成する場合がある。一般的に、各高等学校が采用している大学英語教育ソフト、大学英語実験センターなどがある。多くの教育のソフトは英語教育のソフトである。外国語教育ソフトは各方面ですべて学生に大きな影响を及ぼしている。語彙の記憶から語彙の応用分野に至るまで、外国語の教育ソフトの重要性は日に顕著になっている。

使用するグループとコンテンツのデザイン

外国語教育ソフトの使用者は多くのは学生と教師である。設備と教育制式に よって、学生はソフト設備を使用する時にソフトに従う時間の規定を必要とし、あるいは、ソフトの授業の活動性が欠如しているので、よく使われない。、外 国語の専門生の使用率が高く、非外国語の学生の使用率は低い。

多くの外国語教育のソフトは、配置プレート、実施プレートとコミュニティプレートを配置している。

配置プレートは、教師プレートとも呼ばれ、教務を改善して作業を行う机能を持っており、作業の終わりを伝える情報を回収ことができる。一方に、外国語ソフトの分析の機能を行う。

実施プレートは、学生の端であり、検索状况、ソフト作業の机能を持ち、一部の実施ボードは、学生の完成状况を全面的に記録することができる。

コミュニティプレートは、仕事の分かち合い、日常的なプロモーション、自由に検討する活動の分野であり、前の両方に比べて、より高い飛躍性を持ち、思考衝突可能性がありる。

一般的な 3 つのプレートは、学生と教師に一定のレベルでリンクされており、外国語教育ソフトの発展に伴って、ソフト上のつながりが徐々に密接になって いる。

既存教育ソフトの不足

外国語教育ソフトの急速な発展にも多くの問題が現れている。存在の問題を解决することは、外国語教育のソフトの発展のために更にしっかりした基盘を作ることができる。

一、機能構成があまりにも簡単で、専門的な訓練が不足している。外国語教育のソフトにはしばしば負担する任務があまりにも表面化し、直接化し、学生の探究を導く可能性がない。この中で外国語の重要な機能を持つ語彙学習は, 全く不足である。改善された外国語教育のソフトは、それぞれの特別な練習庫及び専門的な練習機能を備えなければならない。

二、塑性が欠乏して、受け身にすぎない。外国語教育ソフトの建設はしばしば商業建設に属しており、構築されたソフトは実際の教育要求に従うものではなく、機能が実際の授業状況によって変わることはできない。師弟は、設定された機能だけで行われ、過程はあまりにも受動的である。

三、言葉の种類は一本化される。ほとんどの外国語の学習ソフトは英語教育 のソフトである。他の言語の教育ソフトの建設を重視することが不足している。一本化された外国語教育ソフトの建設は、教育ソフトの建設過程で明らかにな った問題が英語にすぎず、他の言語教育の枠組みを構築した経験と理念に欠け ている。

四、自律性が弱い。外国語ソフトとして、一般的な教学システムの理念のほかに、「魚を与えず、釣り方を教える」という教育理念を定着させ、自主的な学习能力を持つ学生を养成するはずである。学習の主導権を学生にどのように提出するか、規制の形をどのように減らすかは、、これも必要な問題である。

既存外国語学習ソフトの比較

より改善された日本語の語彙の教育ソフトを构筑するためには、市場性、永続性、規模性を持つ一般的な外国語語彙ソフトの中で経験を取り入れ、不足を改善することができる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接