关于我国高校日语复合型技术技能型人才培养模式的研究毕业论文_日语毕业论文

关于我国高校日语复合型技术技能型人才培养模式的研究毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

近年来,日语专业人才培养问题一直都是日语学术界讨论和研究的重要课 题。关于日语专业毕业生走向和培养怎样的日语人才是社会需要的人才成为了一项有现实意义的日语教育研究课题。日语教育的最终目的和现实意义到底是什 么?社会需求的人才和大学日语教育中培养的日语人才是否存在脱节问题?如果存在脱节问题,解决方案是什么?这些都将是本论文的研究内容。

众所周知,大学教育是为了向社会输送优秀的人才,因此,大学的教育必须紧随社会发展的脚步,一成不变就会导致落后。

本论文从复合型人才的含义和理论基础出发,通过对不同国家案例的分析提出适合我国高校日语复合型人才培养的具体方案。通过对我国高校日语复合型人才培养模式的研究让我国高校能够顺利找到日语复合型人才培养的教学改革的方式,完善教学制度,积极推动我国高校日语教学的改革,同时又能满足社会的需要,对于促进我国高校日语教育发展也是具有十分重要的意义。

关键词:复合型人才;日语人才培养;日语教育

目 次

はじめに 1

  1. 複合型人材について 3
    1. 複合型人材の意味 3
    2. 複合型人材の特徴 4
  2. アメリカと日本両国外国語複合型人材育成の成功する例について 6
    1. アメリカ外国語複合型人材育成成功例について 6
    2. 日本の外国語複合型人材育成成功例について 7
  3. 我が国においての大学日本語科複合型人材育成の概況 10
    1. 我が国においての大学日本語科複合型人材育成の現状について 10
    2. 我が国においての大学日本語科複合型人材育成の目標について 11
    3. 我が国においての大学日本語科複合型人材育成への提案について 12

おわりに 16

参考文献 17

謝 辞 19

はじめに

経済のグローバル化につれて、中日両国の経済交流がますます頻繁になってくる挙句、社会は日本語学科の人材に対して需要も増える一方である。過去に単一の日本語専門知識と基礎技術の人材は労働市場の変化と社会就職の需要に対して十分に満足できない。21世紀はグローバル経済の時代であるから、知識プラススキルの人材の需要があり、複合型人材という考え方が生まれた。複合型人材とは専門知識が強く、広い知識を持ち、適応性も強い人材である。複合型の外国語人材は外国語の能力を身につけ、それと同時に、ほかの学科の知やスキルも持つ多方面の人材である。

一方、1972年の日中国交正常化から今日まで、日中間の交流の進展や日本企業の中国進出の拡大により、中国における日本語学習者の数は年ごとに飛躍的に増加しつつある。中国の大学には日本語学科が次々と設置され、日本語を専門として勉強する本科生および第二外国語として勉強する学生の人数は急速に増加してきた。しかし、いままで、中日関係の起伏が激しい。21世紀に入り、政治関保は停する状況に陷る。そういう政治関係はある程度で経済への影響を及ぼした。日系企業は中国での投資が减少しているという状況が出てきた。それに、日本語の学習者の人数も以前より少なくなる。社会は日本語高級型人材の需要も少なくなる。日本語専攻のある大学は高級型人材を育成すれば進路があるのか、それは筆者の研究することである。

我が国においての大学日本語の教育の現況と複合型人材の育成現状はどうであろう。それを明らかにするために、本論文は我が国の大学における日本語人材の育成モデルの現状を研究したい。社会はどんな人材を求めているのか、育成

目標は社会の発展に合うかどうか。筆者の研究を通じ、各大学は日本語のエリートの人材育成を目的とするが、しかしながら、多方面の条件から比べれば、日本語エリート人材を育成する土壊を欠き、日本語を勉強する環境にも欠けるということが明らかとなる。しかしながら、大学教育は社会に優秀な人材を送り出すためにある。したがって、大学の教育は社会の発展と結合しなければいけない。社会のニーズにどのように適応するのか、日本語科の活力と生命力を保つのか、改革する必要がある。我が国各大学が激しい競争力のある就職環境

で、自分の有利な点を発揮したいなら、学校の優れた学科を利用し、複合型人材の道を選ばなければならない。

1 複合型人材について

    1. 複合型人材の意味

「複合」ということばは文字の意味上から理解すれば、二つまたは二つ以上のものが結合していることである。別別の意味では、複合は変化である。二つや二つ以上ものが複合しているから、違う意味の新しい複合体が生まれる。複合型人材とは一定の教育モデル育成と異なる意味を持つ新複合体を指す。また複合型人材は、一定の教育モードを通じ、幅広い基礎理論と知識を身につけ、基本的な2つまたは2つ以上の学科の理論、知識や技能を持ち、学科をまたが り、革新的な精神の人材である。1

戴炜栋(1999)は、「複合型専門は簡単的な二種類の専攻が加わることではな

く、市場の需要を目指し、専攻の授業の調整する必要がある。「複合型」というのは説は新しい教授方式とコースの設置の教育モードということである。外国語専攻から言えば、複合型入材とは、二種類の実用技能を身につけている人材を指すということである。現在の経済と社会の発展から見ると、外国語とその他の関係学科一経貿易、法律、ニュースなどを組み合わせる場合が多い」2。戴(1999)は、複合型人材の育成は三つの方面の著しい特色を備えているとい う。一つ目は言語能力を核心とすること;二つ目は応用能力であり;最後は革新能力を動力とし、自分の学習習力を発展する。発展の能力を求めることであ

る。

杜瑞清(2008)は複合型の外国語人材について以下のように定義した。それは外国語の基本的な知識を身につけ、他の学科の基本的な知識や技能がある人材である。知識構造から言えば、このような人材は外国語の基礎を前提とし、他の関連専攻を補助し、「基礎 ほか」というモードを構成する。そこで適応する能力が強く、幅が広く、貢献をもっと大きくなる。授業の構造上から言うと複合型の外国語人材の育成は外国語を主として、ほかの専門を加え、「専攻( 外国語) 副専攻」を構成し、その目的は知識面を広げ、適応性を強め外国語という道具を持って、より強く、より明確な職業傾向性と応用性を備え外国語という生命力がもっと強くなる。人材の根本的な要求に対して、道徳、知惠、体育は全面的に発展、あるいは理想、道徳、文化、紀律がある複合型の学生は目標である。複合型の外国語人材というのは、実用的な人材である。これは外国語をツールとする、一種の総合技能で、とても高い実用性を持っている。それを基礎とする専門は経済発展へのサービスを主な目的とし、複合型人材の実用性を強化した。3 羅世平(2000)は杜瑞清らと観点をまとめ、その基礎に自分の考えを提出した:「外国語 X」で複合型の外国語人材のモードを表すのはより

1 钱国英 徐立清 应雄 《高等教育转型与应用型本科人才培养》 浙江大学出版社 2007.p25

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接