关于中日儿童饮食教育理念和行为的比较研究——以两国「餐桌上」和「餐桌下」的教育为中心毕业论文_日语毕业论文

关于中日儿童饮食教育理念和行为的比较研究——以两国「餐桌上」和「餐桌下」的教育为中心毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

第二次世界大战以后,日本经济进入高速发展时期。人民的生活水平不断提高,传统的饮食文化和观念也受到外来文化的深远影响。在饮食生活变得多样化的同时,各种与食相关的问题也开始层出不穷。为解决各种饮食问题以及高度重视饮食教育对人类的作用而颁布的《食育基本法》使日本国民对饮食教育有了一个全新的认识。尤其是在儿童的食育问题上取得了丰硕的研究和实践成果。在“餐桌上”和“餐桌下”针对幼儿具体实行的教育方法和观念上有较为先进的经验。另一方面,中国由于接触“食育”较晚,尚未形成完整的理论体系和法律支

持,无论学校还是家庭在幼儿的饮食问题上都缺乏必要的教育意识。食育的发展之路还任重而道远。

事实上,从幼儿时期开始实施的良好的饮食教育对儿童的身体素质和未来人格的健全发展都有着举足轻重的作用。因此通过对比中日两国饮食教育的理念方法以及现状,应该积极吸取日本成功的食育经验,为我国当代社会儿童食育的发展提出符合国情的实施原则和合理化建议是当务之急。

关键词:食育;孩子;日本和中国;理念与方法;对比

目 次

はじめに 1

  1. 日中「テーブルの上」の教育について 6
    1. 日本「テーブルの上」の教育について 6
    2. 中国「テーブルの上」の教育について 8
    3. 日中「テーブルの上」の教育の比較 11
  2. 日中「テーブルの下」の教育について 13
    1. 日本「テーブルの下」の教育について 13
    2. 中国「テーブルの下」の教育について 15
    3. 日中「テーブルの下」の教育の比較 17
  3. 日中児童飲食教育の格差の原因や未来の発展について 20
    1. 日中児童飲食教育に格差がある原因について 20
    2. 日中児童飲食教育の現状について 22
    3. 中国未来の児童飲食教育の発展について 24

おわりに 28

参考文献 30

謝 辞 32

はじめに

人間は「食」に頼ってこそ生きられるので、「食」を最も大切にしてきたのは昔から人間にとって当たり前のことである。現代の経済や科学の発展に伴い、生活レベルが向上しながら「食」の意味は昔のように簡単ではなくなる。「食」は、命を保てるものだけでなく、体と精神両方を癒して満たせるものとされてきた。体の栄養補足はもちろん、精神の方から言えば、食事に込められた教育意味を発掘しながらちゃんと生かし出す上で、国民を感化して健全な人格の形成にいい影響を与える飲食教育は現代社会の新しい課題になる。近年以来、飲食問題がますます重視され、飲食教育つまり「食育1」という言葉はみんなの視野に入ってきた。

日常生活から、食物や食品についての知識を教えながら芸術想像力や価値観の培いに伸ばすことはいわゆる「食育」というものである。日本が 2005 年 6 月から実施してきた『食育基本法 』2 によると、「食材栄養、食物環境の調和や食物への感謝などを通じて国民一生の健康な心身や豊富な人性を育成するのは食育の目的である」。

実施する対象といえば、そもそも食育が全国民に対しての教育であるが、人生のスタートとしての幼児時期は一番重要な食育段階だと思われる。啓蒙教育がうまく行われるなら、未来に健康な体格や健全な心ができる可能性が高い。したがって、徳智体の基礎として幼児の心身発展や未来の人生に関わる食育の始めはまさに幼児を対象する「食」の教育である。

戦後から日本の経済が急速に発展して国民のライフスタイルも非常に変化してきた。外来食文化のインパクトを受け、健康についての飲食問題が急速に出

1 食に関する教育。食料の生産方法やバランスのよい摂取方法、食品の選ぶ方、食卓や食器などの食環境

を整える方法、さらに食に関する文化など、広い視線から食について教育すること。

2 日本が平成17年から施行され、食育に関する基本理念、施策の基本事項について定めた法律である。

てきてしまった。それを解決するために、『食育基本法』などの食育に関する法律や政策が日本に制定された。政府は食育を全民運動に規定して社会の各層に推進してき始めた。したがって、日本は今まで世界中に最も早く食育の理念を普及し、二回の『食育推進計画』3を経験した国家としてこの分野にユニークで成熟した理論や実践経験を持っている。

一方、中国では多くの食安全問題や悪い食事習慣のせいで国民の体の機能が下がり、食事に関する知識と能力を身につけないなどの飲食問題は存在している。「食育」への認識や重視が足りないので、子供はスタート時期から完全な飲食教育を受けられない。しかも、国家や政府から言えば、理論や政策などのサポートに乏しいし、この分野にブランクがまだあるし、今まで完全な食育システムは作り上げられていない。両国の文化観念や食育への重視程度が違い、さらに基本政策の推進が同じくないため、現在飲食では子供に対して実施する教育方法に格差があるのも事実である。

本研究は「テーブルの上」や「テーブルの下」に関する児童の飲食行為に教育寓意を授け、つまり「テーブルの上」に関する子どもの食事礼儀や食事習慣、および「テーブルの下」に関する食事前の準備手伝いや食事後の片付けという四つの方を中心に、その中から反映された日中それぞれが持っている食育概念や実施する方法を対比する上で、その裏の原因を分析して我が国自身の不足を探し出し、日本の進んだ食育経験を参考にしながら我が国なりの食育方法を考えることを目指すものである。本研究の内容は、いろいろな子供食育についての先行研究に踏まえ、文献研究法とか比較研究法などの研究方法を利用して日本と中国の食育に存在する明らかな違うところを説明する。そして、その比較

3 国民が健康な心身と豊かな人間性を育むことができる社会の実現を目指し、食育の一層の推進を図っている計画。

から自身への示唆を得られると思われる。

日本が 2005 年 6 月から施行してきた『食育基本法』は法律の手段で子供時期の飲食から国民の食育意識を強化し、飲食問題に教育意味を与えて国民の健康や健全な人格を育成することに目指した。色々な食育をテーマとしての活動や研究が日本国内に盛り上がってきた。先行研究といえば、伊東暁子(2005)の『食事を介して親子間の相互作用』4に「共食5」という食事場面の重要性を強調し、家族と一緒に食事をすることから子供が何を摂取できるという問題を研究してその発展的な意義を検討していた。これらの結果から分かるのは家庭の食事交流がただ簡単な言葉のやりとりだけではなくて心や気持ちのコミュニケーションもできるということである。その中でも親子間の信頼感と再認識が打ち立てられると考えられる。しかし、親からの具体的な教育方法を説明しないからはっきりと表現できない恐れがある。

柳田多寿、大森玲子の『児童の食生活実態調査と食育の実践』6に、宇都宮市内 4 校で実施した調査の結果の上で多くの子供が野菜嫌いでおやつによる糖分や油分を摂取しすぎてしまうことが分かった。色々な子供飲食についての調査が行われ、研究に役立つデータも収集された。最後作者は栄養知識を伝え、栽培から調理までの食育活動を実施すべきことを指摘していた。この論文から現代には多様な方法を活用し、子供に食に関する知識や情報をどこでも教えできる啓発活動が推進する必要があることが分かった。しかし、子供の方はどうやってその教育意味を理解して納得できるかという問題が殆ど研究しない。なお、実践からいえば、ただ食についての情報を提供するのは足りないではないか。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接