分析日本专职主妇的社会角色和地位变化----以三部日剧《昼颜》《遗憾的丈夫》《逃跑可耻却有用》为例毕业论文_日语毕业论文

分析日本专职主妇的社会角色和地位变化—-以三部日剧《昼颜》《遗憾的丈夫》《逃跑可耻却有用》为例毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

关于专职主妇的研究由来已久,本文想通过先行研究和相关日剧内容提出自己的观点。

首先分析不同经济时期日本家庭主妇的社会地位和社会角色,其次通过昼颜《昼颜》《遗憾的丈夫》《逃避可耻但有用》这三部日剧,分别分析专职主妇对于日本婚恋文化,家庭结构,和经济的影响,得出结论,从而达到研究和了解日本社会和文化的目的。

在婚恋文化方面,当家庭的情感无法满足时,家庭主妇便会追求自身的幸福。家庭结构方面,家庭主妇如果无法承担育儿的艰苦,往往会选择离婚。经济方面,家庭主妇的无偿劳动和社会贡献一直被社会所忽视,实际上她们为经济做出了很大的贡献

通过撰写本文研究日本专职主妇社会角色、地位的演变,有助于加深对日本社会和文化的了解。

关键词:专职主妇;社会地位;电视剧;影响

目  次

はじめに 1

1 先行研究 2

2 日本専業主婦の社会地位の変化 4

2.1 景気時期の日本専業主婦の社会地位 4

2.2 不況時期の日本専業主婦の社会地位 5

3 日本専業主婦の社会地位変化の影響——–三つのドラマを例とする 8

3.1 専業主婦の社会地位変化による日本婚姻文化への影響–「昼颜~平日午後3时の恋人たち~」を例として 8

3.2 専業主婦の社会地位変化による日本家庭構成への影響–「残念な夫」を例として 10

3.3 専業主婦の社会地位変化による日本経済への影響–「逃げるは恥だが役に立つ」を例として 13

おわりに 21

参考文献 22

謝  辞 23

はじめに

日本の新明解国語辞典により、主婦に対する説明は以下のように述べている:

家族全員よく勉強するため、生活環境を整え、家庭の衣食住行を中心にして働く女性であり、外で仕事しなく、ただ家事のことをする女性である。

今まで約二十年のあいだ、日本における専門の主婦に対する研究が盛んに起こり始まり、たくさんの研究成果が存在している。それらの研究は家庭主婦の数が変わる原因、専業主婦が家庭において参加モードの変化、専業主婦の心理状態の変化にかかわる。

アジアの先進国である日本は、世界三つの経済体とし、よほど多くの専業主婦が存在する。専業主婦たちは実際的に働いていても、成果や収益がなく社会エッジの職業であり、その上、社会において専業主婦グループが注目されない。2000年以後、専業主婦を注目するドラマが次第に目の前に現れた。それらのドラマが生まれたことは日本社会が専業主婦の生存現状を注目し始めた。映画やドラマが社会現状を表し、ドラマの研究を通じ、専業主婦の社会役割や地位の変化をはっきり確認するようになる。本稿を作成し、日本において専業主婦の社会役割や地位変化の研究を通じ、日本社会や文化などに対する理解に役立つ。

1. 先行研究

経済環境から影響を受けた専業主婦が社会に戻ることに対し、車井浩子/横山由紀子(2013)が『専業主婦の不安と就業意識に関する考察』に[1]、専業主婦が不安する要因がたくさんあり、その程度がそれぞれ存在することは及ばれた。たとえば家族関係への不安、将来の生活への不安や教育に関する不安などの要因が並べられたことを書いた。それらの要因は専業主婦が社会に戻し、お金を稼ぐことに引き起こす;少子化が深刻になるにつれて、労働者が激しく減少し、より多くの主婦がただちに職人に転換する必要性が目立つになったことも及ばれる。

田静(2013)が『谈现代日本家庭专职主妇』に[2]、経済状況が不景気だからより多くの1990以降生まれた大学生は専業主婦になり、経済の圧力により、もっと専業主婦はネット店の営業をはじめることを書いた。財務主管、購入かかり、上級なコック、家庭教師、外交官とし、専業主婦がよほど家庭に役立っていることが指摘される。

高山宪之が『専業主婦は夫の年収を正確に知っているか』に専業主婦が家庭経済に参加モードの面では、今まで、日本において、一千万の専業主婦が存在し、家庭経済の参加モードにおいて、彼女たちは旦那さまに小遣いをもらうから主人の年収入をはっきりしており、かつ、そのお金をコントロールするにかけて、財務などを掌握する趨勢がだんだんはっきりされ、主婦の地位がある意味において大きく向上したことを述べていることを書いた。

違う時期において、それぞれの専業主婦の心理状態の変化に対し[3]、周琴(2015)が『从专职主妇看日本女性价值观的变化』に日本の女性はバブル経済時代に、自分を犠牲するから、21世紀初頭に人妻の責任感や自分の価値を認めることを追求し、女性そもそもの美しさを表すにかけて、もっと日本の女性が目覚めりはじめ、主人の付属品や影にすることを応じなく、専業主婦としても、自分の生活を追求するようになったことを書いた。

日本の専業主婦の地位や応対保護の現状に対し[4]、俞纯(2010)が『日本专职主妇的存在性探究』に民主変革を通じ、女性の地位が向上された、だが、家庭に対して大きく支えた専業主婦の地位や応対の向上がまだ社会の伝統的な観念に頼り、それに、政府や社会から助けられるに依頼し、今の日本に対し、専業主婦の現状に直面し、直ちに解決する必要性があることを書いた。

2. 日本専業主婦の社会地位の変化

2.1 景気時期の日本専業主婦の社会地位

日本では1986年(昭和61年)12月からのバブル景気(平成バブル)が代表的であるが、世界的には金融資産が増えた近代から頻繁に見られている現象である。日本では、1973年12月以降の安定成長を経て、1985年9月、プラザ合意がバブル景気の直接の引き金となった。日本経済は空前の好景気を迎え、株式市場も日経平均株価30,000円の大台を超えた。

戦後の日本において、家事や育児、介護の多くを期待されてきたのは専業主婦だ。多くの女性は「男性は仕事、女性は家庭」の戦後女性の価値観を引きずっており、専業主婦志向の女性が多数派であった1978年の『厚生白書』で「同居は福祉における含み資産」とされたことからもわかるように、社会制度もそれを前提として設計されてきた。専業主婦が担ってきた日常生活、いわゆるプライベートは、市場経済のようなパブリックには直接登場しない領域である。いってみれば、現代社会は専業主婦の「見えない貢献」を前提に成り立ってきた。この事実を踏まえると、安倍晋三首相が推進している「すべての女性が輝く社会」は、専業主婦の貢献を「見えない」状態にしたまま議論が進んでいるように見える。[5]

およそ一九七〇年前後にいわゆる「専業主婦」層の数がピークを迎えたと考えられる [6]。1951-55年頃に生まれた女性たちが最も主婦転換率が高い、47%に達する。M字型就労の二つ目の山を主に担っているのはパートとして復帰する層なのである。主婦化の主要な担い手であった一九五〇年代前半生まれの世代は結婚退職後、パートとしての復帰が顕著な層でもある。つまり、一九五〇年代前半生まれの女性たちは、「主婦転換」した世代であると同時に「パート化」した世代でもあり、二重の意味で戦後日本の主婦の特徴をもっとも体現している世代なのである.数字の中から、1955年には、日本専業主婦の数字は517万に達して,1962年には、907万に達して,1980年には、1093万に達して,大势の専業主婦人口を形成することが分かる。

この陣営はまだ拡大している。国立社会保障・人口問題研究所の調査では、専業主婦を終生「理想のライフコース」とする女性は1987年の34%になる[7]

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接