浅析日本男子足球职业联赛(J联赛)的发展及现状毕业论文_日语毕业论文

浅析日本男子足球职业联赛(J联赛)的发展及现状毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

日本男子足球职业联赛(以下简称:J 联赛)是亚洲范围内技战术水准、职业化程度、商业价值最高的足球联赛之一,同时在为日本各级代表队培养、输送人才,为社会传递运动理念方面发挥着无可替代的作用,对我国足球产业从业人员具有非常高的研究价值。

本文概述了 J 联赛的前世今生,将 J 联赛的发展依照时间轴划分为前世、草创准备期、萌芽期、快速成长期、稳健发展期五个阶段。继而从球员培养、J 联赛的宣传与运营等多个角度描述了 J 联赛的现状,并结合了球员转会数量、身价, 联赛运营收支,新闻宣传实例等具体数据资料予以阐释。此外,本文将现阶段的

J 联赛与中超联赛进行对比,凸显了前者在联赛构造上具有的鲜明特点,具体是: 联赛使命明确、俱乐部独立营运、外援选择注重性价比。最后,揭示了 J 联赛现阶段存在的两点不足,分别是亚冠联赛竞争力不足和关注度较低。

关键词:J 联赛;现状;作用;对比;问题;启示

目 次

はじめに 1

  1. J リーグの発展段階 4
    1. 前の世代 4

1.2 草創準備期(1986-1993) 6

1.3 緩徐発展期(1994-1998) 7

1.4 急激ステージアップ期(1998—2004) 7

1.5 着実進行期(2005 年以後) 8

  1. J リーグの現状 9
    1. 選手育成への貢献 9
    2. J リーグの運営と宣伝 13
  2. J リーグ構造における特徴 17
    1. 明確なリーグ使命 17
    2. チームの独立運営 18
    3. 高「性能価格比」外国選手の導入 20
  3. J リーグの不足 22
    1. アジアでの競争力の低下 22
    2. 注目度の不足 23

おわりに 25

参考文献 26

謝 辞 28

はじめに

現在、日本のサッカーのレベルはアジアにおいて、「一流」といわれる。その中、日本男子代表チームは 1998 年のフランス.ワルドカップから立て続けに 5

回の参加する権利を得た。また、相次いで 1992 年、2000 年、2004 年と 2011 年四回のアジア.カップで優勝した。選手育成において、日本男子青年代表チームは 2016 年のみ次々と続いて U23、U19 二つのレベルで優勝した。海外進出において、中田英寿をはじめ、本田圭佑、香川真司、岡崎慎司などいろんな選手は次々欧州リーグに参加し、それらのほとんどは主力が務められるようになった。その全ての結果が得たのは日本男子サッカープロフェショナル・リーグ

(以下は、「J リーグ」と呼ぶ)の発展と緊密な関連がある。J リーグはアジアにおいて最も良いトップ.リーグの一つであり、運行のモデルがドイツ.ブンデスリーガを参考にし、1993 年から正式に運行している。2016 年まで、J リーグは三つのレベルに分かれてしまった。J1 リーグに計 18 チームがあり、J2 リーグに計 22 チームがあり、J3 リーグに計 13 チームがある。アジア.チャンピオン.リーグにおいて、J リーグからの浦和レッドダイヤモンズ.クラブと大阪ガンバ.クラブはそれぞれ 2007 年、2008 年でチャンピオンを得た。日本各ベルの代表チームのために、素晴らしい人材育成に加えて、J リーグ自身はファンを引き付け、運動理念を伝達する作用がある。ブラジルの体育研究機構

PLURI のデータによって、2014 年世界サッカーリーグ市場価値ランキングにおいて、J リーグは 2.6 億ユーロでランク 21 を占め、アジアで一位である。つまり、J リーグは競技水準といい、商業価値といいアジアトップリーグといえる。

2011 年、広州恒大クラブが中国サッカー.スーパー.リーグ(以下は、「SCL」

と呼ぶ)でチャンピオンを得たのは、SCL が「爆買い」という斬新な時代に入ったのをマークする。近年、SCL は投資が増える一方で、リーグの水準がますます上がり、したがってブランド価値が絶え間なく急速に上昇している。しかし、J リーグと比べて、競技において、SCL はまだ国家代表チームのために人材を育成する使命を遂げなく、選手育成と留学を有効に促進することもできない。プロフェッショナリズムにおいて、SCL の当局側はもう「管理と経営の分離」を完成したと広報するが、現在の混乱な局面を打開しないし、いろんな管理問題が常に発生し、SCL の信用力をひどく損害している。文化建設において、我が国のクラブは完全に資本を頼りにして、「ジャングル法則」を守り、悪性な競争が暴れ、持続可能な開発理念にかける。これらは SCL が競技水準が高く、プロ化が高く、文化の雰囲気がよい J リーグを学び、参考にし、続いてローカライズ移植するところであり、また、これは筆者が J リーグを研究したい初心である。

先行研究において、陳宏良は J リーグの新たに始めた歴史を回顧し、日本サッカーの「100 年構想」を展示した。邱林、張廷安は J リーグを四段階に分けて、同時に日本サッカー協会の構造を解明した。刘同は選手育成の角度から J リーグが若手選手育成への作用を詳しく説明した。しかし、相対的に言えば、一般的な競技面以外の研究は少ない。また、J リーグについてのデータの多数が近年の最新的ではない。この論文、新しいものを作り出すのはリーグ研究についての範囲と対象なんかを広げ、狭い意味でリーグ自体からリーグに関連している商業スボンさー、文化宣伝というような領域まですべて関与してみたい。同時に、今の J リーグの長所も短所もはっきり見えるために、J リーグ、K リーグ(韓国男子サッカー.プロフェショナル.リーグの略称)、SCL(中国サッカ

ー.スーパー.リーグの略称)三者の対比を試みて見たい。こうして我が国のサッカー産業のさらなる発展のために参考にしよう。

1 J リーグの発展段階

1.1 前の世代

日本サッカー協会の前世としての大日本蹴球協会が 1921 年に設立された。その作成、サッカーが日本大衆の生活へ進入していることをマークした。同年、天皇杯全日本サッカー選手権大会の第一回大会となるア式蹴球全国優勝競技会が開催され、短期で伝統的なノックアウトフォームを選び、4 チームが出場した。同時に、リーグフォームなら一部の地域において規模が小さかった。あるリーグは大正末期から盛んになっていた大学生リーグであり、別のリーグは

1950 年代からいろんな日本企業が盛んになったにしたがって大きくなった企業チームと初期にあった市民向けのクラブに構成された地域型の社会人リーグである。両者も毎年度ある特定の時間で試合を開催した。年度試合の非状態化と運動環境の閉鎖は日々チームと選手の阻害になった。

日本サッカーリーグ(JSL)は 1965 年に創設された。JSL は「企業サッカー」という特殊な体制に属し、選手は身分上、会社員である。サッカーチームが使う施設―例えば、体育館や訓練場などは全て所属企業の出費によって、建設されたものである。国家からの支援は全くなく、チームの発展は全て所属企業に左右された。JSL が創設された時、チームが8つあった。その中の日立製作所、三菱重工、東洋工業はそれぞれ現在の柏レイソル、浦和レッドダイヤモンズ、サンフレチェの前身である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接