从当代中日女性晚婚的比较看现代女性的婚姻观毕业论文_日语毕业论文

从当代中日女性晚婚的比较看现代女性的婚姻观毕业论文

2021-04-02更新

本科毕业设计(论文)

题目:

从现代中日女性晚婚比较看现代女性婚姻观

姓名:

孙嘉惠

学院:

外国语学院

专业:

日 语

班级:

1312021

学号:

131202111

指导教师: 张明晶 职称: 讲 师

二○一七年五月二十五日

現代中日女性の晩婚の比較から見る現代女性の婚姻観

氏 名:孫嘉恵指導教師:張明晶

要 旨

現在、女性晩婚の現状は全世界で日に日に厳しくなっている。現代女性の婚姻観の変化がこの問題に重要な原因であるので、晩婚傾向に考えとその移り変わりに対して、研究られるの意義があると思う。本論は日本女性の晩婚と中国女性の晩婚の状況を簡単に論じて対比してから、晩婚と婚姻観について研究を行い、世界における晩婚化によるマイナス影響に一定の参考を提供した。

調査資料と先行文献によって、日中女性を中心として、経済、政治、社会、精神の面から、日中晩婚の現状、関連データとその影響を分析し、ここ数年 来、日中の婚姻観の変化を纏める。日中では、晩婚と非婚者数は急に増える傾向が見られる。その理由として、「結婚したくない」と「結婚ができない」の方が多い。結婚が必然だと思う男女とも減少の傾向になる。その原因は自分に満足の対象の欠如、女性の経済地位の向上、高学歴の影響、個人主義と社会世論の変化などが挙げられる。

近年のデータによれば、晩婚状況の厳しさが分かる。そのために、日中における晩婚化問題の緩和には、女性自身の観念の変換が必要だけではなく、政府と社会からの支持と、家族からの理解も不可欠である。もっとこの状況に対しての意見を提出した。

キーワード:日中;現代女性;晩婚;非婚;結婚観

中文要旨

中文要旨

当前,全世界女性晚婚的形势日益严峻。现代女性婚姻观的转变是造成此现象的主要原因之一,所以针对这种变化进行研究是有一定意义的。本论文将就日中女性晚婚情况进行简单论述和比较,从而进行对晚婚和婚姻观,以及对于此现象在世界范围内造成的负面影响的相关研究。

调查的资料和先行研究以日中女性为中心,从经济、政治、社会、精神等层面,对日中晚婚的现状和相关数据进行了分析。可以看出晚婚和不婚者的数量在急剧增加,其中不想结婚和不能结婚的情况有很大比例。认为结婚是必然的年轻人正在减少。其原因包括欠缺令自己满意对象、女性经济地位的上升、高学历的影响、以及个人主义和社会舆论的变化等。

通过近年的数据可以看出晚婚形势的紧迫性。因此在日中两国,就缓和此现象,女性自身不仅要转换观念,同时也需要政府和社会的支持,还有来自家庭的理解。有针对性的提出一些方针,采取一些措施也是迫在眉睫的。

关键词:日中;现代女性;晚婚;非婚;结婚观

目 次

はじめに 1

  1. 日本晩婚化の移り変わり、原因と影響 2
    1. 戦後から日本晩婚状況の移り変わり 2
    2. 日本女性の結婚観の変化と晩婚化になる原因 3
    3. 日本女性の晩婚化の影響 5
  2. 中国晩婚化の移り変わり、原因と影響 6
    1. 改革開放後、中国晩婚の移り変わり 6
    2. 中国女性の婚姻観の変化と晩婚化の原因 7
    3. 中国女性の晩婚化の影響 8
  3. 日中晩婚化の比較 10
    1. 日中の同じ点 10
    2. 日中の相違点 17
  4. 現代女性の婚姻観に対する考え 15
    1. 現代女性の婚姻観の状況 15
    2. 晩婚化に対する政策 15
    3. 晩婚化によるマイナス影響に対応する意見 16

終わりに 19

参考文献 21

謝 辞 23

はじめに

日本における、晩婚化という社会状況は戦後から現れている。あくまで個人的な選びとして社会的関心を持たれなかった結婚は、二十世紀九十年代以来、少子化など晩婚化によるマイナス影響の原因として注目されてきた。それと同時に、中国の晩婚化もますます深刻になっている。本論では、日中に、現代女性の婚姻観の移り変り、その原因とソリューションを探すことについて究明する。

日本は戦後から徐々に晩婚化時代に入って、中国は改革開放後から、晩婚化の傾向を次第に意識されてきた。しかし実は、若者で、婚姻に憧れる女性があって、結婚に対する積極性はまだ高い。晩婚化は結婚ができないと結婚したくないなどを簡単に区分しできる。初婚年齢の年々に増加していることは社会でマイナスな影響を起こした。社会出生率の低下、つもり少子化とか、養老負担の増加とか、個人幸福感の低下とか、もう全社会で幅広い関心を引き起こされている。

女性の自己意識、例えば個人主義と女権の覚醒につれて、伴侶に対して要求は変えていく。同時に、全世界の経済の不景気なので、女性は社会に進出の機会が増加するようになっている。経済地位が向上し、高学歴女性の競争力を高めし、ある程度に女性は経済上のストレスが解放された。そして、伝統的な結婚の機能の弱化なので、男性に従属するのに抵抗感を持つようになり、男女平等の社会の現実を求めるようになる。伴侶を選ぶ時、一緒にいて幸せが感じられる相手を求めるようになったので、男性の内面を重視するようになってい る。いろいろな原因で現在演じてますます鮮烈になっている晩婚の局面を招いてしまった。

この背景に、日中の晩婚現状の同異点を比較して、簡単に現代女性の婚姻観に対しての見方を表現して、晩婚化によるマイナス影響に対応する措置と提案を提出することと思う。これたは本論文の目標である。

1 日本晩婚化の移り変わり、原因と影響

戦後から日本晩婚状況の移り変わり

      1. データから見る結婚年齢の変化

日本の法律によると、日本公民の法定結婚年齢が男性は 18 歳で、女性は 16 歳である。日本の人口問題研究所(2011 年)から提供したデータによると、日本人の平均初婚年齢は、第九回の調査(1987 年)から見ると、女性の平均初婚年齢が 25.3 歳、男性が 28.2 歳である。二十三年も過ぎた 2010 年で、女性の平均

初婚年齢は 3.2 歳に増えて 28.5 歳になって、男性は 1.6 歳に増えて 29.8 歳になってしまった。晩婚化の推移のスピードがますます速くなると言える。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接