天守物语中富姬形象的分析毕业论文_日语毕业论文

天守物语中富姬形象的分析毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

在日本,尤其是从上世纪六十年代开始,关于泉镜花的研究日益增多。泉镜花的作品被再版,研究镜花文学的著作也层出不穷。

《天守物语》是一部戏曲,是一九一七年泉镜花四十四岁时在文学杂志《新小说》中发表的。但是,这部戏曲在泉镜花生前并没有在舞台上演出过。《天守物语》讲述了一个爱情故事,女主角富姬是一个住在天守城第五层的妖怪,她为了给妹妹龟姬还礼, 吸引了男主姬川图书之助驯养的鹰。而图书为了寻鹰,登上天守城第五层,并遇到了且爱上了富姬。但是,播磨国主认定图书是反贼,命令射手们追杀他。富姬想要帮助图书躲过这场追杀但是失败了。她和图书一起双目失明。最后,在雕刻家近江之丞桃六的帮助下治好了眼睛。

本文采取总分总的结构,分别从内外在、与传统传说形象的对比,以及从中能体现出的作者泉镜花的女性观爱情观这三个方面,对泉镜花《天守物语》中女主人公富姬的形象进行了探讨和研究,希望大家能够对富姬有一个大概的了解。

关键词:

泉镜花;天守物语;富姬;传说;女性观

目 次

はじめに 1

  1. 泉鏡花と『天守物语』の紹介 2
  2. 富姫の見かけと性格 3
    1. 見かけ 3
    2. 性格 4
  3. 噂に存在する富姫との比べ 错误!未定义书签。
    1. 見かけの比べ 错误!未定义书签。
    2. 性格の比べ 6
  4. 富姫から見た鏡花の女性観と恋愛観 7
    1. 女性観 7
    2. 恋愛観 8

おわりに 9

参考文献 10

謝 辞 11

はじめに

泉鏡花は明治、大正、昭和の三つの時代を経たって、ロマンチックな世界を創造し、一八八九(明治二十二)年尾崎紅葉の『二人比丘尼色懺悔』を読み感激したから、一九三九(昭和十四)年『縷紅新草』を発表して肺腫瘍で世を去ったまで、筆力の衰えを見せなかった。泉鏡花は文字で美しい、古典的な、優雅な、ファンタジックな「鏡花世界」を創造した。筆者は「鏡花世界」に興味が持ち、鏡花の作品を愛読する。

しかし、現在日本にも中国にもおいて、泉鏡花に関しての研究が多いけれども、主に『歌行灯』などの小説や泉鏡花の性格、経歴を研究している。村松定孝氏の『泉鏡花研究』1には、主に泉鏡花の小説を分析し鑑賞すする。劇曲の『夜叉ヶ池』、『天守物語』などの知る人が少ないし、翻訳する者や研究する者も殆どいないし。

本稿は、主に見上げと性格の二つの角度から展開する。また、噂に存在する富姫との比較し、富姫という人物像を解読する。さらに、 それによって泉鏡花自身の女性観と恋愛観を分析する。

1 村松定孝 『泉鏡花研究』 1974.8 20070612-180546018 48

1、 泉鏡花と『天守物语』の紹介

泉鏡花は泉鏡花は本名鏡太郎、一八七三(明治六)年十一月四日に石川県金沢市に生れ、明治、大正、昭和三つの時代を経って、一九三九(昭和十四)年逝く。鏡花は特別な作家で、幻想的、神秘的な「鏡花世界」を拓いて、近代における幻想文学の先駆者として評価される。しかし、彼の生きた時代における

「非主流」と言われた。

泉鏡花は幼い頃母を亡くし、そして恋人すずとの恋愛が恩師紅葉に反対された。この二つのことは、鏡花の作品に多くの影響を与えた。泉鏡花の作品において、それぞれの恋愛関係や夫婦関係を描いた。しかし、一度もない幸せな家族の愛を書いていない。その他、鏡花の作品では、物語の展開にほぼ女性である。

『天守物語』という劇曲は、時・所・登場人物と舞台説明を除き、十一幕がある。第一幕から第六幕までは、主人公富姫が登場し、其の義理の妹亀姫をもてなし、亀姫にお礼を返すため、播磨守の持つ鷹を取ってしまった。そして、第七幕から第十一幕まで、富姫は、第五重を登り、鷹を捜す若き鷹匠姫川図書之助と出会い、恋に落ち、播磨守の討ち手と戦い、木彫り職人、近江之丞桃六の助けで最後に図書と一緒にいられた。

『天守物語』は鏡花四十四歳時の作品で、鏡花は「この戯曲を上演してもらえたら、こちらが費用を負担してもよい」という発言があったけれども、残念ながら鏡花の生前には上演できなかった。二戦後(一九五一年)、新派の花柳章太郎が富姫で、水谷八重子が亀姫で演じ、漸く初演された。

2、 富姫の見かけと性格

見かけ

『天守物語』という劇曲には、主人公富姫が登場する第一幕から最後に図書と一緒に姿を置い隠す第十一幕まで、彼女の顔について、一文字も書けないけれども、古典的な美が実際に感じられる。

富姫の年齢は、「打ち見は二十七八」2と言われている。彼女の登場する時は、雨の日で外から天守閣に帰ってくるという背景で、まず顔を見えせず、「水色の衣の褄」3と「裳」4が引き現れ、その後すぐに「蓑を被ぎたる」5の姿が見える。そして、彼女は髪が黒くて、片手に竹笠を持ち、その竹笠で半分お顔を覆っていた。また、いくつかの蝶が、被った蓑の上に舞いて泊まって、アヤカシというより聖者のほうがもっと相応しいと筆者が思う。

この聖のイメージは、多分泉鏡花のマザコンの体現であろう。泉鏡花は九歳のころ、母が亡くなったことは、あの時まだ小さい鏡花の心に深い影響を残した。母は泉鏡花終生を掛けて追慕した。鏡花は、十二歳で松任成の摩耶祠を訪れたとき、摩耶夫人像を母の面影に重ねて以来、彼は死ぬまで摩耶夫人を信仰していたという逸話があった。その原因で、第十幕で富姫が図書と討ち手を戦った時、髪が乱れても、まだ気高いく、美しくでいられるであろう。

要にする、富姫は泉鏡花の作品において典型的な美しく気高き、古典的な女性のイメージである。

性格

前述のとおり、泉鏡花は九歳の頃母をなくなって、母への追慕を鏡花に深い影響がある。それで、「鏡花世界」における女性は、例外があるけれども、主に古典的で、優しい心を持っている。富姫がそういう女性であり、特に優しい心

2 泉鏡花 『泉鏡花』 筑摩書房 1917 224

3 泉鏡花 『泉鏡花』 筑摩書房 1917 231

4 同上

5 同上

を持っていることが十分に相応しい。

まずは、第二幕において、富姫が帰る時、出迎える侍女たちに、「出迎えかい、ご苦労だね。」6と言っていった。『天守物語』の背景は時不詳の封建時代であり、主人である富姫が家来にお礼を言うのは、主人に命じられることが正しいかどうかを思考せず、完全に主人の言う言葉を忠実に遂行しないといけない社会背景において、実にきわめて稀な存在である。第五幕において、先達の朱の盤が富姫と冗談を言うことは優しい主人でなければ考えられない場面であろう。

また、富姫は家来に限らず、義理の妹に、悪意のない人間に親切で優しい。義理の妹、亀姫の来るを知り、態々遠い夜叉ヶ池へ大池の主の白雪に降り雨を頼めに行って、播磨守の鷹狩りを邪魔し、静かな空気を亀姫に創ってあげた。そして、図書と初めて会うとき、彼を鷹を探せないなら切腹をしなければならないと聞き、「私を申すことが、少しなりともお分りになりましたら、あのその筋道の分らない二三の丸、本丸、太閤丸、廓内、ご家中の世間へなど、もうお帰りなさいますな。」7と図書に提案した。これは富姫の優しさの体現といわれても良いであろう。

しかし、富姫は優しいのほか、可愛いの一面もある。第三幕富姫は天守閣に来て亀姫にお土産をもらって「お姉様は、私が可愛うございましょう。」8と問われた時、「いいえ、お憎らしい。」9と答えて、亀姫の腹を立つを見ると、彼女の背中を抱いていって、「どれ、お見せ。まあ、綺麗な、私にも持って下さればよいものを。」10と言って亀姫をあやした。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接