从女性意识角度探究近年日本影视作品中的“不伦”现象毕业论文_日语毕业论文

从女性意识角度探究近年日本影视作品中的“不伦”现象毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

近年来,“不伦”俨然已经成为一种社会现象,表现这一社会现象的电视剧也越来越多。这类电视剧多展现了“不伦”产生的原因,进而探究了其影响。与以往不同,这类电视剧的“不伦者”不再仅限于男性,女性也成为了“不伦者” 的一员。笔者认为,这或许与女性意识的觉醒有关,并就这一点进行分析。

本论选择三部以“不伦”为主题的电视剧为研究对象,在对其内容进行简单把握的基础上,将剧中的主要人物形象分为“不伦者”和“不伦对象”两类,再从性别上进行二次分类进行分析,发现,电视剧在塑造“不伦”关系中的人物形象时,一般分为“以不伦为乐”和“在不伦中谋求幸福”两种类型。最后,结合女性自立意识、性意识和救赎意识,将其中的“不伦”关系作为案例进行简要分析,得出结论,认为女性意识的觉醒会对“不伦”行为的发生产生影响,并且女性意识的觉醒程度会影响“不伦”关系的走向,女性意识觉醒程度较高的一方在

“不伦”中不断成长,获得新生;而女性意识觉醒程度较低的一方,试图通过“不伦”对现在的不幸进行反抗,却最终放弃,回到了原来的生活,止步不前。

关键词:女性意识;不伦;自立意识;性意识;救赎意识

目 次

はじめに 1

  1. 研究対象 3
  2. 不倫関係中の人間像 5
    1. 不倫者 5
    2. 不倫相手 7
  3. 不倫に対する女性意識の影響 9
    1. 自立意識の影響 9
    2. 性意識の影響 11
    3. 救い意識の影響 13

おわりに 16

参考文献 17

謝 辞 18

はじめに

昔から、日本社会は女性意識を欠けているとよく言われている。戦後、世界範囲にフェミニズム運動が盛んになるとともに、日本の女性たちの女性意識も高まってきて、近年、あらゆる面で著しい発展を遂げた。特に、近年の映画・テレビ作品の中の女性像が大幅に変わり、不倫を初めとする諸社会現象に関する描きも新しい角度と観点が出てきた。不倫を主題とする作品も数少なくない。

「不倫」とは一般的に「道徳に反すること」を指しているが、日本において、特に、男女の関係が人の道にはずれることを指す。古代社会に、男女関係に超えてはいけない一線があり、その線を越えていくことは「不倫」ということである。そして、覚悟や意識には限界があるため、不倫はわいせつで下品な行為だと思われ、歯牙にもかけなく、不倫する人も少なかったので、重視されていない原因を理解できないことはない。近年、不倫段々夫婦関係をもっていますが、その関係を裏切り、第三者と恋愛や性関係を持っていることを指す。以前の重視されていない状態と比べて、不倫はだんだん注目されていることになり、世間話の種になることは不倫する人数が増えていることにかかわらずとは言えない。2016 年年末の調査によると、不倫経験者は 30 パーセントにも近く、この割から見ると、不倫は社会現象とも言える。

2014 年テレビドラマ『昼顔~平日午後三時の恋人たち~』(以下『昼顔』) の放送は日本国内外にすごい話題になった。不倫を主題とするこのドラマは一時、主婦を不倫に誘導する疑いがあるため、散々に咎められた。この主題だからこそかもしれないが、女性地位と女性意識の変化は数多くの学者たちの注目するところになった。牟海涛(2105)はドラマの中の主な女性たちのライフス

タイルや社会地位などから、日本社会の現実にも結び合わせ、男権社会の下に女性意識の覚醒することを分析した。不倫に対する研究は『昼顔』の放送以来、以前より多くなっているが、その中に感情的な主題が多数になるので、女性意識の方に触れるのはまだ少ない。

不倫が個別的ではなく普遍的な社会現象になり、さらに激しくなる可能性も存在する現在では、人々はそれに注目し、不倫の原因及びその影響を積極的に検討するようになった。もちろん、不倫に辿り着く原因は多種多様であり、結局も様々である。近年来、不倫は男性独占のものではなく、女性も「主動的不倫者」になっている。このことから、女性意識も不倫の原因の一つであると言えるのではなかろうか。

本稿は不倫について、三つの的ドラマ作品を研究対象として、女性意識の面からその中の不倫現象及び述べ方を分析し、また、その中の人間像を分析することによって、日本社会の女性意識の覚醒と変化を少し討議してみる。そして、その変化に伴う影響に対して、心にどのような準備をしているのを究明する。

1 研究対象

日本のテレビドラマの脚本は、オリジナル脚本以外、漫画や小説などから脚色した物もある。それ以外、過去の人気作品を再ドラマ化物もある。本稿はその三種類の脚本の中、それぞれを代表し、そして、ここ数年で、世論を起こす作品を選んで分析する。

不倫を描いた作品と言えば、最も有名なのは渡辺淳一の小説『失楽園』である。その小説を原作としたテレビドラマは平均視聴率 20%を超える大人気作品になった。その後、不倫を主題とするドラマが段々多くなるとも言えると筆者が思っている。ただし、その後の数年、不倫を描いた作品は『失楽園』より人気があるのはなかったので、不倫を題材とする作品も少なくなる。こんな状況は 2014 年の夏、ドラマ『昼顔』が放送されたまでに変わらなかった。

『昼顔』とは、2014 年の夏、フジテレビに放送された主婦の不倫を題材とするドラマである。1967 年に放送されたフランス映画『昼顔』がそのインスピレーションだそうと言われ、ドラマの中にもその映画を一度触れた。このドラマは紗和と利佳子を中心とする複雑な不倫関係を描いた。放送された以来、すごく論議を呼んだ。一時は人々の論争の焦点ともなっている。平均視聴率 13.9% に加え、タイムシフト視聴率(録画再生視聴率)でも 7.8%を記録し、同年夏ドラマの記録としては『HERO』に次ぐ 2 位となった。1第 82 回ザテレビジョンドラマアカデミー賞で脚本賞ほかを受賞した。22014 年新語・流行語大賞の候補

50 語に「昼顔」がノミネートされた。3そして、中国にも大人気になり、韓国

1 坂本太郎“録画再生視聴率でもキムタク「HERO」、上戸彩「昼顔〜」が好視聴率!”. リアルライブ. 2014.10.17

2 「発表! 第 82 回ドラマアカデミー賞」.『ザテレビジョン関西版』2014.20(46) 6-10

3 “流行語大賞の候補 50 語発表「ありのままで」「ダメよ〜ダメダメ」など”. スポニチ.2014.11.19

に 50 話ほどのネット漫画に改編された。『昼顔』の人気はこれらから見て、明らかに不倫ドラマの代表である。

『不機嫌な果実』は林真理子の同名小説を原本として脚色した不倫ドラマで、

1997 年に一度ドラマ化された作品である。本稿はテレビ朝日による放送された

2016 年のドラマ版及び 2017 年のドラマSP版を研究対象とする。その小説の単行本の帯には「夫以外の男とのセックスは、どうしてこんなに楽しいのだろうか。衝撃の問題作!」4とあり、文庫版の帯には「夫以外の男とのセックスは、どうしてこんなに楽しいのだろうか。不倫小説の最高傑作、待望の文庫化!」5とあるのは当時大きな議論を呼んだ。2016 年版はその不倫主旨を掴んで、結婚はセックスに拘束されることはできない。平均視聴率は 8.3%で、賞も取ってなっかたが、伝統的なセックスタブーと異なり、セックスを求める不倫主人公を描いた。この一点から分析する価値があると筆者が思っている。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接