浅谈日系便利店在中国的发展——以无锡地区“全家”便利店为例毕业论文_日语毕业论文

浅谈日系便利店在中国的发展——以无锡地区“全家”便利店为例毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

本文以无锡地区“全家”便利店为例进行详细的研究,对中国地区日本便利店的发展状况进行了探究。

首先,运用 PEST 分析方法,对无锡市“全家”便利店所需的环境进行探究, 发现其拥有非常有利的市场外部环境。其次,对全家便利店的经营战略进行简述, 并结合笔者所观察到的经营现状进行分析。分析得出,在地铁沿线开设店铺的战略非常明智,店内贩卖许多独具特色的商品,自己进行部分商品开发,优惠活动十分吸引顾客。但是,位于老社区和工业园的店铺覆盖面不足,O2O 事业的开展不充分,下午三点与夜间十点左右缺货状况频繁的不足之处也都显露出来。

最后,通过通过网络进行了消费者调查。根据调查结果显示,位于交通中枢, 医院,社区,购物中心,工业园的店铺的发展均比较平稳,但是位于 CBD 和学校周边的“全家”便利店需要进行整体性的改进。对此,笔者提出以下建议:调整商品的配送时间和配送频率,增加位于 CBD 的店铺的工作人员,端正店员的工作态度,根据平均消费额,考虑不同商圈的顾客的需求,调整不同店铺不同商品的库存量。

关键词:日本便利店;“全家”;无锡;经营战略;经营现状;消费者调查

目 次

はじめに 1

  1. 市場外部環境 3
    1. 政策環境 3
    2. 経済環境 4
    3. 社会環境 6
    4. 技術環境 7
  2. 経営戦略 9
    1. 立地戦略 9
    2. 商品戦略 12
    3. 生産物流システム 14
    4. キャンペーン 15
  3. 消費者調査 19
    1. 調査対象 19
    2. 調査項目 19
    3. 調査結果 20

おわりに 24

参考文献 26

謝 辞 32

はじめに

ここ数十年間で、中国の外資導入政策の発展に伴い、日系三大コンビニである「セブンイレブン」、「ローソン」及び「ファミリーマート」が中国への出店規模を急速に拡大している。中国の消費者にハイクオリティ・サービスを提供するために、日系コンビニはたくさんの努力をして、中国市場に向いた経営戦略を求めることを取り込んでいる。日系コンビニは長い経営歴史と比較的に成熟的な経営システムを持っているため、彼らの発展状況を明らかにすることは中国本土のコンビニ事業の発展に役に立てると考えられる。したがって、中国における日系コンビニの発展状況に焦点を当てて検討する必要があると思われる。

中国における日系コンビニの発展状況について、今までの研究は二つの方面から述べることが多い。

第一方面は整体性研究。例えば、杜林森、李婷婷(2012)は出店の動因、戦略の特徴、発展の動向、四つの部分に分けて分析を行った。孫前進(2011)は中国市場の現状、外資導入政策の発展、地域差別化戦略、産業化戦略、四つの部分から述べていた。金亨洙(2007)は中国市場における日系コンビニは主に

SAL 転移、すなわち日本会社だけ持っていた市場技術の転移を行っている。小売り技術の三つの決定要因である「文化構造」、「経済過程」、「会社内外事項(組織)」は転移した時、制限されて中国の国情によって変更したことを分析した。

第二方面は特定の日系コンビニに焦点を合わせて分析を行う。例えば、宋陽

(2013)は北京市におけるセブンイレブンに PEST(政治環境、経済環境、社会環境、

技術環境)分析をかけて、外部環境という点から分析をした。楠郷(2016)はローソンの食品に巡って、アドバイスを聞くシステム、試食の手順、パッケジのデザイン、物流のテスト、消毒のプロセス、原料購買の拘り、六つの部分に及んで説明ていた。周文岳(2013)はまず上海において、コンビニ市場の競争環境を分析し、ファミリーマートのターゲット市場の選定及び顧客志向を指摘した。そして、4P(商品、価格、ルート、セールスプロモーション)と 4C(消費者、コスト、コンビニエンス、コミュニケーション)に関して詳しく分析を行った。

今までの研究をまとめると、基本的に日系コンビニ発展の整体性、或いは特定のコンビニブランド、特定の地域、特定の方面から研究を行っていた。実証調査を結びつけて、特定の地域における特定の日系コンビニブランドに対して全面的に分析を行った論文はまだ少ない、未だに研究の余地があると考えられる。

無錫市は長江デルタ経済圏において、経済成長が目覚ましく、近年では、日系コンビニの数が急速に増加している。したがって、本文は無錫市のファミリーマートをモデルとして、先行研究に踏まえ、「市場外部環境」、「経営戦略」、

「消費者評価」三つの部分に分けて、中国における日系コンビニの発展現状を明らかにすることである。「市場外部環境」において、PEST 分析を行う。詳細的に言えば、中国の外商導入政策と無錫市の地域計画政策、一人当たり国民所得のデータ、人口と歴史文化、技術優勢について分析を行う。「経営戦略」において、立地戦略、商品戦略、生産物流システム、キャンペーンの方面から、ファミリーマートの経営戦略と実際的な経営状況を比べて分析を行う。「消費者評価」において、「大衆点評网」というアプリのコメントをまとめ、消費者の評価から経営戦略の不足を発見し、アドバイスを提供する。

1 市場外部環境

政策環境

商務部は 2004 年 4 月 16 日付で『外商投資商業領域管理弁法』(商務部 2004

年第 8 号)を公布した。第二条により、外商投資主体は外国会社、企業及びその他経済組織または個人を規定し、範囲は拡大される。第三条により、外商投資商業企業は以下の経営活動に従事する外商投資企業を指す:コミッションによる販売代理、卸売り、小売り、フランチャイズ経営。ここのフランチャイズ経営は正にファミリーマートが採用していた経営方式である。第二十二条により、

「小売りに従事する外商投資商業企業及びその店舗の設立地域は 2004 年 12 月

11 日より前は省都、自治区首府、計画単列市及び経済特区に限る。2004 年 12

月 11 日以降は地域制限を撤廃する」。地域制限の撤廃はファミリーマートが中国に出店する規模を広めることを促した。

第十三条により、既に設立されている外商投資商業企業が店舗開設を申請する場合、「店舗開設しようとしている所在地の政府が発行する都市発展及び都市商業発展(計画)の要求に符合する説明文書」という書類を提出しなければならない。これから見ると、無錫市の都市発展計画もファミリーマートの出店することに重要な影響を与えていると考えられる。

『無錫市商業と貿易サービス業「十二・五」発展計画(2011 年-2015 年)』によると、無錫市は「十二・五」時期でフランチャイズ経営と特許経営の推進を加速させ、ウェアハウスストア、総合スーパー、専門スーパー、アウトレット、コンビニエンスストアなど多種多様な業態ともに発展するチェンマネジメン

ト・ネットワークを形成させることを目指している。ファミリーマートが 2014

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接