浅析日本足球青训体制现状及发展历程毕业论文_日语毕业论文

浅析日本足球青训体制现状及发展历程毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

对于日本的青少年足球运动员培训,日本足协有着明确的培养理念。现如今日本拥有训练中心制度等人才选拔制度,并通过改革,形成了以训练中心为主体的自上而下的信息传达和自下而上的人才输送的并行结构。此外结合俱乐部青训及学校足球使得日本足协的选材途径不断丰富。同时,教练员培养以及竞赛体系的完备也有利于青训的发展。此外,足协所重视的足球普及,即“草根足球”, 也从身体和心理方面对青训产生积极影响。

本文对现有的资料进行浓缩,从中总结了日本足球的特征。即成才途径的多样化、竞赛体系的完备以及有草根足球作为基础。可以将这些特征这看作日本青训在亚洲处于领先地位的原因。接着通过数据的列举,对现今日本青训中存在的问题进行分析,得出青年球队的数量不足和晚熟型选手发掘中存在的缺陷这两个结论。最后,对日本青训中有利于中国足球青训发展的经验进行探讨,并同时提到中国完全照搬日本的经验会存在无法适用的风险,应按照国情来制定策略的观点。

关键词:青训;足球的普及;特点;未来发展方向;经验

目 次

はじめに 1

  1. 日本での選手育成について 3
    1. 選手育成の理念 3
    2. 選手育成のルート 4
    3. 選手育成をめぐる強化措置 10
  2. グラスルーツについて 14
    1. 「グラスルーツ」とは 14
    2. JFA のグラスルーツへの重視 14
    3. 「JFA キッズプログラム」 15
    4. 選手育成への影響 18
  3. 日本のサッカー選手育成の特徴 20
    1. プロ選手になるルートの多様化 20
    2. 良好な試合環境 21
    3. グラスルーツという基盤 22
  4. 日本サッカーの選手育成からの発想 25
    1. サッカー選手育成の問題点 25
    2. 未来の進路 26
    3. 中国に役立つ経験 27

おわりに 28

参考文献 29

謝 辞 31

はじめに

二十世紀八十年代には、サッカー日本代表は FIFA ワールドカップ・アジア予選を突破することは一度もなかった。またアジアカップにおいて 1988 年カタール大会に初めて出場したけれども、日本代表はグループリーグで一試合も勝てずに敗退した。二十世紀九十年代から今まで、日本代表の成績が著しく改善した。1998 年 FIFA ワールドカップに日本代表が初出場し、それからワールドカップに出場できずことは一度もなかった。そのうえ、2002 年と 2010 年のワールドカップにべスト 16 という成績をを収めた。アジアカップの面でも 1992 年、2000 年、2004 年、また 2011 年のアジアカップで四度も優勝し、歴代最多の優勝を遂げた。日本サッカーが進歩を遂げた原因の一つは、サッカー選手育成に力を入れたからである。成熟的な育成体制があったからこそ、日本のサッカー人材がつぎつぎと現れることができるようになる。

日本のサッカー選手育成については、中国でもそれぞれの研究があり、それらの研究の参考になる価値も大きいとはいえ、「グラスルーツ」の重要性と

JFA(日本サッカー協会)がサッカーの普及への重視という長期的な視点からみる選手育成の一面については、あまり紹介されていない。また、日本独自の選手育成システムの特徴についてのまとめも少ない。周敏(2012)は、選手育成をプロサッカー、学校サッカーと JFA トレセンの面から述べ、そして三つの育成方式の間の関係を述べた。譚剛(2012)は、日本のサッカーの選手育成を紹介し、中国への示唆を述べた。朱寧(2002)は、「三位一体」の視点から JFA の選手育成に関する政策を分析した。本稿は文献研究法を使い、数多くの文献

や資料を閲読し、日本の選手育成の発展する過程と現状を深く研究し、それを

JFA がサッカー普及においてあげた成果及び選手育成への影響と結び合わせて検討する。そのほか例を挙げることとデーターの列挙を通して、日本の選手育成の特徴、未来の進路と存在する問題点を研究し、また中国の青少年サッカー選手の育成の発展に役立つ経験を分析する。

1 日本での選手育成について

選手育成の理念

      1. 「Player first」

選手育成を考える場合、絶対に忘れられない重要な言葉がある。それは「Player

first」であり、つまりプレーヤーを第一に考えるということである。これは指導者全体に一貫した主張である。改革等で問題や困難が生じるときに、子供の成長にとって何が一番よいのかという基準で物事を考え、対策を定めるのである。

      1. 世界を基準に

世界のサッカーは絶え間なく発展し続けている。その傾向を追ってキャッチアップしていくことが、現代のサッカーで世界と闘っていく上で不可欠である。

JFA 技術委員会では、1993 年のトレセン制度の改革から「世界を基準とした強化策の推進」を掲げている。世界トップ 10 を目指している JFA が、各年代の世界大会を視察することになった。そして、分析するためのテクニカルレポートを作成するだけでなく、そこから課題を抽出し、それを解決するためにシナリオを作り、必要な措置をとり、課題の克服を試み、それから再び各カテゴリーの世界大会にチャレンジするというサイクルのような仕組みである。課題克服へのアプローチは三つに分ける。短期的なものは代表チームへ、中期的なものはユース育成と指導者養成へ、長期的なものはグラスルーツへと、さまざまな施策に反映させるのである。それにより、日本サッカーは全面的に世界基準に迫るのである。

      1. 三位一体の強化策

「三位一体」とは、代表強化、ユース育成、指導者養成という三つの部門が同じ知識・情報を持ち、より密接な関係を保ちながら、選手の強化育成と日本サッカーのレベルアップを図るというシステムである。各年代の大会で分析・評価・抽出した「日本サッカーの課題」は、その三つの部門を通じ、日本サッカー界全体に展開されている。

      1. 日本が進むべき方向

日本が、今世界のサッカーの発展傾向を見続け、海外の強豪から多く学んでいるが、そのままコピーするわけではない。日本には日本の特徴がある。体格とパワーの面から見ればヨーロッパの強豪に優るわけがないが、技術力、俊敏性、組織力、勤勉性、粘り強さ等日本の特徴は FIFA テクニカルレポートでも認められている。それゆえ、日本のフィジカル面での弱点を避け、日本の良さを生かすのは大事なことである。日本人の良さを生かしたサッカーを目標にしたからこそ、育成年代からテクニック(技術と判断力)、持久力(運動量)などを身につけるのを重視する必要がある。JFA もその具体的な訓練の方法を作るのもそれを考慮に入れなけなばならない。

選手育成のルート

      1. JFA によるトレセン制度トレセン制度の設置

1977 年 8 月、JFA(日本サッカー協会)は全国各地から 10 歳から 20 歳までの

優秀なサッカーユース選手を集めた育成制度、セントラル・トレーニング・セ

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接