《斜阳》人物形象与太宰治的共性分析毕业论文_日语毕业论文

《斜阳》人物形象与太宰治的共性分析毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

通过反复阅读作品和相关的先行研究,笔者认为《斜阳》中的人物形象与太宰治本人是有联系的。找出这些共通点则是考察这部作品的关键所在。本文在参考有关《斜阳》的先行研究的基础上,细致分析人物形象以及太宰治的经历,希望能够揭示其中的共通点。

本文由三个部分构成。第 1 章分析考察了相关的先行研究。第 2 章对四个主要人物进行了分析。“母亲”这一形象举止脱俗,拥有自由的灵魂,笔者认为她属于“精神贵族”;“和子”勇于挑战旧道德,爱上有妇之夫并决心带着孩子开始新的道德革命,是一名真正的斗士。“直治”一方面想背叛贵族阶级,另一方面又无法融入庶民阶级,最终沦为没落贵族的牺牲品;“上原”在看透战后社会之后,放弃自我,过着颓废的生活,是战后大众的缩影。第 3 章从“生活状态”和“精神追求”两方面分析,得知母亲及和子是太宰治的精神寄托,直治和上原则是太宰治本人的具象化。

关键词:斜阳;生活状态;精神追求;共通点

目 次

はじめに 1

  1. 先行研究 2
  2. 作品の人物像 4
    1. 母親 4
    2. 和子 5
    3. 直治 7
    4. 上原 8
  3. 共通点を分析する 10
    1. 生活状態の共通点 10
    2. 精神的な共通点 15

おわりに 19

参考文献 20

謝 辞 22

はじめに

『斜陽』は、一九四七年七月から十月まで、『新潮』に連載されたもので、作家は日本の無頼派の代表作家の太宰治である。太宰治は五度の自殺を経験し、最後の自殺で自分の命が終わった。彼の後期の作品の内容は、戦後の新しい生活を切望することと戦後の混乱に絶望することである。

『斜陽』という作品は社会の混乱した戦後の年代に発表された。当時の日本は敗戦により、すべて混乱に陥った。人々は長年の価値観が支離滅裂だった。沒落貴族は新しい生活にネガティブな態度を持っており、元の生活に未練を残した。小説は和子の一人称叙述と弟の直治の日記と遺書で展開する。主に戦後の没落貴族の退廃生活の描写である。そして、『斜陽』は日本にセンセーションを巻き起こした。したがって、「斜陽族」という言葉は流行語になった。

多くの学者は太宰治とキリスト教との関連性や罪意識などからこの作品を研究した。『斜陽』の人物像を分析する論文は多いが、作家の太宰治自身との共通点を詳細に分析する論文はあまり多くない。

本稿で筆者は先行研究に基づき、小説の直接的な研究法により、言語と行為と思想から四人の人物像を分析し、作家の太宰治自身との共通点を見つけようとする。そして、小説の思想性や太宰治が何を伝えたいかに対して、一層理解を深めようと思っている。

1 先行研究

『斜陽』は太宰文学の集大成とみられる。この小説を読む時、太宰治自身の姿を見ることができる。それでは、小説中の人物像と太宰治との間にははたして関係があるのだろうか。国内外には太宰治や彼の文学創作の研究が少なくない。筆者は収集したたくさんの資料や文献を詳しく読み、しっかりと研究し、以下の要点にまとめてみた。

青柳晴香(2013)は太宰治の過去の文学作品の中に使われていた自己表現の方法と新たな創作方法との転換に対する分析を通して、太宰治の世界観を解読し、それに、太宰治の作品に含まれている人物像は「太宰治の分身」と言えることを提出している。そして、青柳晴香は「直治」が初期の太宰治の自画像で、そして、太宰治の退廃的な生活が「上原」によって具現されていると唱えている。1

片山晴夫(2001)は「どうして直治は死んだのか」、「革命家の和子に対し、太宰治は和子の弟に何の意味を与えたいのか」という質問を出す。最後に、片山晴夫は「直治は健康な批判精神を持つ非行少年で、戦後の日本と日本人を強く批判した」という結論を出している。2

社本武(2010)は太宰治の『斜陽』と愛人の太田静子の『斜陽日記』を比較した後、太宰治夫婦が「上原夫婦」の原型で、そして、作品全体の色調は太宰治の個性を表現したと指摘している。3

高宇(2015)は太宰治の厭世や人間の原罪などから、『斜陽』に太宰治の自己写像と心の世界を分析して、作品の人物像の本源は人間的な矛盾だという見方を

1 青柳晴香 『斜陽』論 『玉藻』 2013 P140-152

2 片山晴夫 太宰治『斜陽』の直治とはいかなる人物か 『語学文学』 2001

3 社本武 『斜陽』貴族の精神世界 日本研究 2010(3)

提出している。4

張念書(2015)は太宰治の作品は主に強烈な「私小説」の特徴が付いていることを指摘している。主人公には多分太宰治の姿が重なって、太宰治に対する現実的な描写だと言えるだろう。そして、作品の主題も多く似ており、おちこぼれの主人公の自己破滅の道を描いたものである。5

蘇伊娜(2014)は太宰治は母親への名残や現代日本女性への鑑賞を「母親」と

「和子」の二つの人物像に託していると唱えている。6

韓婷(2014)はヒロインが母親性の息吹を持っている三部作品を選択し、作品の中の「母親」を考察して、母親という人物像が太宰治の生涯への影響と、母親に対する気持ちをはっきり述べる。7

饒秋玲(2011)は「受動的抵抗」「能動的抵抗」「道徳革命」という三つの角度から分析して、「和子」は未来への望みの象徴に見えると指摘している。8

辛子昱(2015)は「和子」と「直治」のそれぞれの抗争を分析して、「和子」と

「直治」は動乱の時代に理想的な社会に憧れ、古い制度や思想に反抗する若い世代の縮図であるという考えを提出している。9

以上の研究から、ほとんどはただ人物像から考察して、あるいはただ簡単に人物像と太宰治本人の関係に言及したが、突っ込みが足りないということが分かる。そこで、本文は生活状態と精神的追求という二つの研究角度から、さらに太宰治本人の経歴、思想などに対する分析を通して、作品の人物像と太宰治本人との間における共通点を見つけようとする。

4 高宇 人间失格:太宰治的自我映射 文教资料 2015(11)

5 张念书 太宰治战后文学主题思想研究 盐城师范学院学报 35 (4) P114-117

6 苏伊娜 从斜阳中的女性形象看无赖派反俗精神 时代教育 2014 P132-132

7 韩婷 论太宰治文学中“不存在的母亲” 华中师范大学外国语学院 2014

8 饶秋玲 《斜阳》中的“明”色调 长治学院学报 2011 28(6) P46-49

9 辛子昱 论太宰治《斜阳》中年轻一代的抗争 忻州师范学院学报 2015 31(3) P27-29

2 作品の人物像

母親

小説で、母親の役はきれいで、優雅である。日本の最後の貴族と呼ばれることができる。彼女は古い貴族階級の沒落に従って、徐々に衰えて死ぬに至る。母親は自分の内在に忠実で、世の中の礼儀作法にこだわらない。たとえば、小説の冒頭で母親のスープを吸う場面描写がある。

「お母親さまは左手のお指を軽くテーブルの縁にかけて、上体をかがめる事も無く、お顔をしゃんと挙げて、お皿をろくに見もせずスプウンを横にしてさっと掬って、 それから、燕のように、とでも形容したいくらいに軽く鮮やかにスプウンをお口と直角になるように持ち運んで、スプウンの尖端から、スープをお唇のあいだに流し込むのである。」10

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接