从杂货看日本人的至简生活美学 ―――以无印良品为例毕业论文_日语毕业论文

从杂货看日本人的至简生活美学 ―――以无印良品为例毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

杂货作为日本人生活中不可或缺的一部分,已经影响到了日本人生活的方方面面。不管是实用性还是设计性都反映了日本人的日常生活审美观。“无印良品” 作为日本本土的一个品牌,其设计风格、品牌理念以简约质朴为主,有着很强的代表性,并且通过产品传达给人们一种新的生活哲学,倡导人们简单绿色的生活方式。

本文就以无印良品为例,将日本杂货作为研究对象。首先对日本的杂货和“无印良品”进行简单介绍,其次通过对“无印良品”的产品、包装和材料的分析, 来探讨日本人的至简生活审美观的特点,极简就是一种美,既可以节约成本又可以显示出人们追求的那种怡然自得,生活的乐趣才会凸显。并在第三章节,从日本的国情,禅学,日本人的环保意识四个方面对日本人这种至简审美观的成因进行分析。本文的第四部分阐释了对中国杂货品牌的启示,即我们要回归至简朴素和资源利用最大化。

除此之外,希望通过对“无印良品”简约包装设计上的思考和技术上的探讨能够让我们设计师更多的从创新加传统的角度,从设计本身的目的出发,为我国的本土化包装设计做出一点贡献。

关键字:日本;杂货;极简审美观;无印良品

目 次

はじめに 1

  1. 雑貨と「無印良品」 2
    1. 雑貨とは 2
    2. 「無印良品」について 2
  2. 「無印良品」から見た日本人の簡素簡潔の生活美意識 4
    1. 生活美意識の定義 4
    2. 「無印良品」と日本人の生活美意識 4
  3. 日本人の簡素簡潔の生活美意識の成因 14
    1. 日本の資源欠乏の国情 14
    2. 禅学の影響 14
    3. 高い環境保護意識 15
  4. 中国への示唆 16
    1. 資源の利用を最大化 16
    2. 素朴に戻ること 16

おわりに 18

参考文献 19

謝 辞 20

はじめに

はじめに

現在、雑貨はすでに日本人の生活にしみ込んで、生活の不可欠な一部分になった。日本の雑貨は実用性に優れ、デザインも斬新で、日本人の日常生活における美意識を反映している。日本には、雑貨量が 3000 店舗以上もある。その中で、とても有名なのは、「簡素簡潔」を経営理念とする「無印良品」という雑貨メーカーである。

本論文は「無印良品」の製品のデザイン、包装と材料から、日本人は簡素簡潔という生活美意識を追求することを明らかにしたい。さらに、日本人が簡素簡潔という生活美意識を追求することを多方面から分析する。人類が享楽のため、絶えず地球の資源を無駄使いしている現在、「簡素簡潔」を経営理念とする

「無印良品」の分析を通して、人々に自然環境を大切にすべきことを再認識させたい。

1 雑貨と「無印良品」

雑貨とは

中国語の中で「雑貨」というのは様々な日用品で、雑多な品物である。雑貨1 は生活の中での主食、服のような主要な日用品と違う。副食品、くぎ、はさみ、ペンなどの重要な品物とまばらな用品はすべて雑貨に属する。日本語の中の雑貨は「ZAKKA」と発音する。でも、それは中国の伝統の雑貨ではない。中国の雑貨は更に郷土で、日本の雑貨は芸術的なものである。とにかく、雑貨2という単語は、家庭、生活や様々な物事を改善させることができる言葉であって、あるデザインスタイルである。

最初、雑貨は人々が周知した日用品である「日常」という単語の意味は範囲が広いで、「雑貨」の意味の範囲も同じように広いのである。機能の点から見れば、食器、家具、文具さらには服もそれを指す。それから、デザインの面から見た場合、和風、現代、それに北欧の家具も雑貨に含まれている。

20 数年前に、日本のバンタン専門学校3は、バンタンが日用品を「道具」と分類されるべきであると考えると、生活の品質を向上させるために必要なものは

「雑貨」である。例えば、デパートの 300 円のマグカップと 5 円のプラスチックカップが何の違いがあるか。両方とも水を入れる容器だが、なぜマグカップがそれほど高いのか。それは、プラスチックカップはただの「道具」で、水を入られるという「機能」だけがある。でも、マグカップは、その機能加えて、人々は品質と視覚的、心理的満足を感じることができる。そして、生活の品質を向上させるためにみんな喜んで 295 円も多く払ってくれる。それが雑貨の持つ価値なのである。

「無印良品」について

「無印良品」は、日本で創始された一つの雑貨ブランドである。1980 年に西友株式会社が開発する PB ブランドで、1983 年に青山で最初の店をオーブンし

1 郝迟.汉语倒排词典[Z].哈尔滨黑龙江人民出版社.1987.298.

2 ウィキペディアで記載した。

3 バンタンはクリエイター育成の専門の学校だ。ファッションデザインを中心とするヘアメイクやブライダル、グラフィックやインテリアデザインなどの専門学校だ。

た。現在で、35 年の歴史もあった。「無印」の日本語での意味は、バターンが存在しなくて、ブランドがないということである。「良品」は、良好な製品を指す。その主な製品は日用品で、カテゴリーは、鉛筆、ノートブック、台所用具なども揃っている。それに、今は花屋、コーヒーシュンプなどの産業も参入し始めている。今、無印良品はすでに日本の最大のライフスタイルの店になった。

1980 年に、世界の経済状況が低落して、日本もひどいエネルギー危機を経験した。それから、その時の日本人は良好な品質があるものを求めるだけでなく、価格が優遇されるものも望んだ。この場合には、無印良品は「このようであれば、結構です」というスローガンを提出した。派手なデザインを追求するのではなく、「ノーブランド」概念は日本で生まれた。この時、安価で高品質の製品を提唱した無印良品はすぐに日本の人々に歓迎された。それに、このような傾向は日本の消費者にのみ限定されるものではなく、世界でも無印良品の風潮が吹き始めた。

無印良品の最大の特徴は簡単である。その製品は商標を取り除いて、不必要なデザインを節約して、余分な加工と色がなくて、ただ簡単な素材と機能が残る。無印良品の製品の上で、そのブランドを見つかりにくい。店の中でも、赤色の「MIJI」という枠を除いて、あざやかないろが見当たらない。

大多数の製品の主要な色調は黒色、白色、ページョあるいは青色である。環境保護と消費者の健康のために、無印良品は PVC、テフロン、ステビア、ソルビン酸などの材料を使うことは禁止されている。包装はできるだけ簡潔にし、ほとんど透明、あるいは半透明な材料を採用する。素朴で、簡潔で、環境保護、人間本位などの理念を重視する。余分な色がなく、だが私達に心地が最も良い色合いなのである。シンブルで、自然で、質朴な生活様式を提唱した。無印良品はセンスがいい人に高く評価されている。現在、「無印良品」は更に環境保護と健康を重視し、より多くのエコ製品の商品を作り出し、それを陳列するための専門店までを創立した。無印良品はブランドがないというより、私たちにより自然に親しむという新しい生活哲学を教えてくれた。それは流行を強調するのではなく、お手頃の価格で商品の本来の意味に復した。それに、設計から文化に昇華した。

「無印良品」から見た日本人の簡素簡潔の生活美意識

生活美意識の定義

美意識というのはなんだろうか。また日常生活の美意識はどのように定義したらいいか。

ジョンソンの『晩期資本主義の文化ロジック』4という本によると、文化あるいは芸術というものは日常生活に対立しているものであり、現実の束縛から逃げようとしている人びとが自由の世界に入る大拙な領域であると伝統な美意識を強調している。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接