华语电影片名的日译分析毕业论文_日语毕业论文

华语电影片名的日译分析毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

21 世纪以来,伴随着中日交流日益频繁,在日本上映的中国电影越来越多。两国的电影交流是文化交流中一个重要的环节。华语电影在日本上映之际,台词自不必说,片名也是必须要经过翻译的。其重要之处在于必须要将电影内容用简短的语句表达出来。

本文以 2000 年至 2015 年在日本院线上映的华语电影为主要对象进行探究, 将华语电影日译的方法分为直译、加译、意译、换译和根据英文片名翻译这五种。以此分类为标准,探究出电影片名日译的若干特点,即在国际备受瞩目的电影翻译深受其英文名影响、省略人称代词、使用“爱”“恋”等字眼直接表达感情、保留或添加知名度高,有特色的地名。此外,根据功能对等翻译理论,从两国的语言特点,文化背景,审美意识等方面出发,分析了华语电影片名日译时的信息价值对等、文化价值对等、审美情趣对等以及商业利益价值的对等。文章的最后,笔者指出了目前日译活动中所存在的事实背离,对影片内容把握不够全面,文化背景的忽略,外来语使用不当的问题。

关键词:华语电影;电影片名;日译;翻译方法;功能对等翻译理论

目 次

はじめに 1

  1. 「中国語映画」について 2
    1. 「中国語映画」の基本概念 2
    2. 2000 年~2015 年における中国語映画の輸入状況 3
  2. 中国語タイトルの和訳方法について 6
    1. 直訳法 7
    2. 加筆法 8
    3. 意訳法 8
    4. 換える方法(換訳法) 9
    5. 英語タイトルに基づく翻訳(英訳法) 10
    6. 各ジャンルの翻訳方法分析 17
  3. 中国語タイトルの和訳の特徴 21
    1. 国際化するほど英タイトルの影響が強い 21
    2. 人称代名詞の省略 23
    3. 「愛」「恋」「ラブ」を使って直接に愛情を表す 26
    4. 地名の保留と添加 29
  4. 中国語タイトルの和訳における価値対等の達成 32
    1. 情報価値 32
    2. 文化価値 35
    3. 審美価値 37
    4. ビジネス利益価値 40
  5. 中国語タイトルの和訳における問題点 42
    1. 事実違反 42
    2. ストーリーの理解不足 42
    3. 文化背景の見落とし 45
    4. 外来語の不当使用 47

おわりに 52

参考文献 53

付 録 56

謝 辞 82

はじめに

中日国交正常化に従って、中国と日本の文化交流が頻繁になっている。日本映画が中国で上映され始め、高倉健、山口百恵なども中国人のアイドルになった。西暦 2000 年前までの映画交流は日本映画が中国で公開されることが主であるが、2000 年以後では、中国語映画は新たな発展期を迎え、その映画の多くが日本で上映されるようになった。すると日本で公開される中国語映画を中心として研究することも現実的な意義があると思われる。その中で、映画のタイトルに対する研究も極めて重要な一環である。というのは、タイトルは、内容を知らなくても、それを見ると、内容をイメージし、興味があれば観ることにすることがあるからである。タイトルは内容よりも重要な場合もあると言える。本稿では 2000 年~2015 年に日本で公開される中国語映画の日本語タイトル の翻訳におけるよく使われる翻訳方法、和訳における特徴、価値対等の達成、

また問題点について考察を試みてみたい。

1 「中国語映画」について

「中国語映画」の基本概念

20 世紀 90 年代以来、中国映画批評界の重要な成果の一つは「中国語映画」という概念の提案、説明と研究である。映画研究者は「中国語映画を全体にして比較したり、研究したり、検討したり、総括したりすることは客観的に中国語映画の美意識特徴と発展の動向をつかむことに役立つだけでなく、民族意識を強め、中華文化を発揚することにも有利的である」と述べた。1「中国語映画」は文化の統合する概念として既に産業運営やマスコミや学術などの分野で広く使われる言葉になっている。人々は「中国大陸映画」「香港映画」「台湾映画」などの地理的また政治的な意義を含む概念を使わなくなり、包容性と親和性のある「中国語映画」という用語を使い、言語の面で同一性があり、文化の面で相似性があり、産業の面で融合できる映画グループをまとめ始めた。「中国の映画」より一層中身の広い概念とする「中国語映画」はより明確に中国大陸や台湾や香港、マカオの間の交流と協力を示すことができる。そればかりでなく、グローバル資金運営状況も含まれている。

周斌(2004)は 21 世紀以来、中国大陸で「中国語映画」という概念の内包及び外延を詳細に分析した。彼は「中国語映画というのは、中国大陸、香港、台湾及びほかの地域での中国語を母語として制作する映画のことである」という論述を通して、中国語映画と綿密に定義した。2

「中国語映画」の概念に基づき、本稿で例として挙げられる中国語映画は、中国大陸映画(『生きる』『初恋が来た道』など)、香港映画(『少林サッカ

1 尹晓丽. 民族性多元化视域中的华语电影.渤海大学学报, 2013(5):21-24

2 周斌. 华语电影:在互渗互补互促中拓展.北京第二外国语学院学报, 2002(05)

ー』『花様年華』など)、台湾映画(『あの頃、君を追いかけた』『海角七号

~君想う、国境の南』など)、さらに中国語を母語とする地域間合作映画(中国大陸、日本、香港及び台湾が共同制作した『台北に舞う雪』、中国大陸及び韓国が共同制作した『最後の晩餐』など)を含めている。

2000 年~2015 年における中国語映画の輸入状況

筆者は、中国語映画の輸入状況を研究するために、2000 年~2015 年までの

16 年間に日本に輸入し、公開された 309 冊の中国語映画を対象にしている。本

稿でのすべてのデータ分析は、この 309 冊の映画に基づくものである。

      1. 毎年の輸入数

グラフ 1 毎年の導入数

筆者の集めたデータでは、2000 年から 2015 年までの 16 年間で、309 冊の中国語映画が日本で公開されている。2013 年に公開された映画の数(30 冊)が一番多く、2004 年及び 2012 年に公開された映画の数(各 12 冊)が一番少なく、

年間平均 19 冊の中国語映画が日本で公開されている。

      1. 輸入される中国語映画の地域

グラフ 2 輸入される中国語映画の地域

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接