关于日本的便当毕业论文_日语毕业论文

关于日本的便当毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

日本是一个饮食文化丰富的国家,典型美食数不胜数。便当,作为日本具有悠久历史的饮食方式之一,是日本饮食文化中的一颗璀璨之星,在日本人的生活中有着重要的地位。

本文对日本便当进行深入了解,将便当与日本的经济,教育,习俗等各方面联系起来,采取总分总的结构,分五部分介绍了便当,研究便当中映射的日本。

全文分为五个部分,第一部分绪论,主要阐述了本文的研究背景和目的,概括了先行研究的结果。第二部分简单介绍了日本便当的定义、发展历史及其种类。第三部分讲述了便当普及的原因,分为三节,分别从地理环境、经济发展和历史传统进行分析。第四部分讲述了便当映射出的日本,分为三节,分别从便当的食材等探讨日本人的饮食习惯,从学生便当探讨日本的学校教育,从“爱妻便当” 和“便当男子”的出现探讨日本的男女地位和家庭观念。第五部分进行全文的概括,并对今后有待进一步研究的课题进行了展望。

关键词:便当;原因;饮食习惯;教育;意识观念

目 次

はじめに 1

  1. 弁当の紹介 2
    1. 弁当の定義 2
    2. 弁当の発展 2
  2. 弁当の普及の原因 4
    1. 地域と環境の影響 4
    2. 社会と経済の発展 4
    3. 歴史の伝統の延長 5
  3. 弁当から見た日本 6
    1. 日本人の飲食の習慣 6
    2. 日本の学校の教育 6
    3. 日本社会の男女の地位と家庭の観念 7

おわりに 9

参考文献 10

謝 辞 11

はじめに

弁当は日本料理の一つで、一つの食文化を派生して生まれた。日本で学校、家、会社、コンビニエンスストアや駅などいろいろなところでも弁当が見ることができる。しかも、地域によって弁当が違う。いわば、弁当はあまねくゆきわたる。そして、弁当が日本の各方面に影響を与え、弁当の研究によって日本をよりよく理解することができると思う。

日本の発展と弁当の流行につれて、もっと多くの人は日本の弁当を研究しはじめた。国内部分は弁当に対する研究文献が多いが、日本の各分野の関係を研究するのは少ない。国外部分は弁当の作り方に対する研究が多く、弁当から日本を見るようなより深い研究はあまりない。

本文は弁当に対して多方面から研究し、飲食と各分野の関係を更に系統立てて分析したい。本文は既存の観点を参考にしており、自分の見方を提出し、もっと全面的に弁当を研究することによって、いっそう全面的に日本を理解したい。

1 弁当の紹介

弁当の定義

『大辞泉』の説明によると、弁当は 4 種類の解釈がある:1、外出先で食べるために器に入れて持っていく食べ物。「手―」2、料理店などで出す、主食と副食を箱などに詰めたもの。「幕の内―」3、俗に、幼児などの口のまわりについた飯粒のこと。「お―つけてどこ行くの」4、俗に、執行猶予のこと。「―持ち」

(1)。私たちがよくいう弁当は上述の第一と第二種類の解釈である。すなわち「手

作り弁当」と「売弁当」である。したがって、私は弁当に対する定義が以下である:弁当とは箱に入れて、作るところを除く場所で食べる食べ物である。もちろん、時代の発展にしたがって、弁当はいろいろな意味が派出する。

弁当の発展

日本の弁当は悠久の歴史がある。時期によって、弁当の名前、形や作り方などが違う。それぞれの弁当はその時期に属する特徴がある。弁当は一番早く現れたことについては、古墳時代までさかのぼることができる。その時の弁当はとても簡単で、ただめしでつくったおにぎりだけである。そして、その時弁当という言葉はまだ現れずに、ただこの食べ物が「ご飯」と呼ばれた。おにぎりが持ち運びやすく、変質しにくいため、人々は農業に出かけ、狩り、戦争をする時にいつも携帯することが好きである。『古事記』にそんな記述がある:倭寇は日本の東部で徴発する時、かつて野外でおにぎりを昼ご飯にして食べたことがある。しかし、その時のおにぎりは非常に固くて、じっくり咀嚼する必要がある。『伊勢物語』にも人々の旅の途中で「ご飯」を食べるイラストレーションがある。弁当という言葉はおよそ 16 世紀ごろに現われ、軍事指揮官の織田信長が発明されたそうである。戦国時代に、武士たちが戦場で食べたものはおにぎりであり、その中に比較的に有名なのは「日の丸弁当」だと思っている。桃山時代に、漆器が発明されたので弁当はかなり流行になった。貴族たちは外

1 松村明 『大辞泉』 小学館 2002 P2398

へ遊びに行く時食べ物を漆器で入れることができる。そのような弁当は「遊山弁当」と呼ばれている。普通の庶民はお金がないので漆器が使えない。そこで腰に弁当がさすことができるものが発明した。それは「腰弁当」と呼ばれている。江戸時代は弁当がいっそう流行になってきた時期である。弁当はハイキングに出かけたり、劇場で芝居を見に行ったりした時の必需品にされた。典型的な弁当は芝居で舞台の幕がおりている間に食べるものという「幕の内弁当」である。明治時代に、弁当の種類が多くなった。その中に一番有名であるものは日本鉄道の発展のため現れた「駅弁当」である。1885 年に栃木県宇都宮駅で初めの「駅弁当」が販売された。第二次世界大戦の後に、弁当屋が出現した。昭和時代に、「ほっかほっか亭」(2)など多くのチェーン店が創設され、温めて食べることができる「ほか弁当」という弁当が現れた。また、会社団体などに用意する高級な「仕出し弁当」や、空港と飛行機でお客様に用意する「空弁」や、高速鉄道で乗客に用意する「速弁」なども相次いで現われた。

2 ほっかほっか亭は株式会社ハークスレイがフランチャイズ展開を行っている持ち帰り弁当のチェーン店である。1976 年 6 月 6 日に田渕道行がほっかほっか亭の母体となる持ち帰り弁当店を埼玉県草加市に創業した。

弁当の普及の原因

地域と環境の影響

日本は四面で海に囲まれ、島が多く、海洋性の強い季節風気候である。したがって、水産資源を豊かにし、漁業が発達になり、新鮮な海産物に恵まれている。そして、強い降水のため主要な食糧作物は水稲である。また、日本はユーラシアプレートと太平洋プレートの消滅境界に位置し、ウェストパシフィック弧状列島-海岸山脈-海溝の組み合わせの一部に属する。そのため日本は地形が支離滅裂で、全国68パーセントの地域が山地で、平野が非常に少ない。したがって、人々は外出する時に携帯しやすく、腐りにくい食べ物を持つことが好きである。また、日本は人が多く土地も不足で、自然災害が頻発する。それで、自然の景観を保護することは昔からある風習である。昔から、美への追求と重視のため日本人に「形」についての食文化をかなり重視させる。彼らは食べ物を崇敬の芸術品として、それらの美を完全に体現させられる。したがって、持ち運びやすく、冷たくても熱くても食べられ、海鮮をはじめいろいろな食材でつくる。そのような弁当が現われ、次第に流行になってきた。

社会と経済の発展

社会と経済の発展につれて、生活のペースがはやくなり、ますます多くの人が自分で料理する時間もない。したがって、弁当を販売するのは始まった。主に弁当を販売するところはチェーン店、移動式弁当屋、個人商店、コンビニエンスストア、スーパーマーケット、駅及び空港などである。コンビニエンスストアのような店は日本にたくさんある。1990 年に日本にコンビニの総数はおよそ 39614 だそうである。その時日本の総人口はだいたい 1.23 億である。したがって、3000 人ごとに一個のコンビニがあるような国際経験がある(3)。要するに、経済発展の速度がはやくなるため弁当の普及を促進すると言える。そして、鉄

3 孙前进 《日本便利店发展基本数据分析》 中国流通经济 2006(8)P21

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接