浅谈日本文化对中国的逆输入毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本文化对中国的逆输入毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

摘 要

过去日本从中国引进了很多文化,到了现在这些文化在日本经历了发展变化之后有一部分又以日本文化的身份重新传入了中国,这种现象可以称作文化的逆输入。本文选取了四个具有代表性的文化元素,即空手道、抹茶、尺八和阴阳道, 并对它们的逆输入情况进行了考察。

本文首先对这四个文化元素的源流和发展进行了考据,以确定它们确实是来源于中国的文化,其次根据对大学生的调查和在网络上的检索了解他们在中国的逆输入近况。

最后对他们的发展过程和对海外的逆输入手段进行了研究,总结出日本对外来文化的吸收和变容以及推广过程的共同点:自上而下、折中、和魂汉才和捆绑发展。

关键词:逆输入、变容、推广、传播

目 次

はじめに 1

  1. 文化と逆輸入 2
    1. 「逆輸入」とは 2
    2. 本稿の研究範囲 2
  2. 逆輸入の現状 6
    1. 中国社会の中での逆输入 6
    2. 逆輸入についてのアンケート 7
  3. 国内と海外で(中国を含む)の変容と普及 9
    1. 空手道 9

3.2 抹茶 11

3.3 尺八 13

3.4 陰陽道 15

3.5 総括 16

おわりに 19

参考文献 20

謝 辞 22

はじめに

日本は中国の隣国であり、古くから中国と文化と経済の交流がある。日本は中国からたくさんの先進思想文化を取り入れて、日本文化も中国の多くの影響を受けていた。しかし日本は明治維新後だんだん繁栄に向かって、世界各国に自国の文化を輸出し始めた。中国も日本から多くの文化輸出を受け入れたことがある。こういう中国に取り入れたの日本文化の中で、源は中国だが、今の中国人に「日本のものだ」と思っている文化要素があると指摘している人がいるが、筆者はこの問題に深い興味を持っている。

現在、中国国内の研究は主に日本の文化輸出に集中していて、あるいは中国に対しての文化輸出を研究している。文化輸出の研究の方面で、姜力维(2014) は 20 世紀 80 年代後に中日両国の文化の輸出対比研究を行った。管玮(2010) は日本の文化輸出が中国に影響を研究したことがある。文化逆輸入の面では、张小琴(2014)は中国語の逆輸入と受け入れ関係の研究を行って、張津維(2013) は『中国の日本語源外来語の考察——日清戦争から今まで』の論文も書きた。

本文は四つの代表的な逆輸入の文化要素を選択し、この 4 つの文化要素をめぐって、まずそれらが文化の逆輸入であるかどうかを確かめ、それからそれらの逆輸入の現状、日本への伝わり、日本での変容と発展、海外(中国大陸を含む)までの伝播過程を検討したいと思っている。更に日本における外来文化の吸収と伝播の共通点を探し出そうとする。

1 文化と逆輸入

「逆輸入」とは

逆輸入は、ある国の製品が、他国に輸出された直後に元の製造国へ輸入されること。

主に商品、マスメディア関連製品、文化的な製品など、生産国から一度他国に輸出された製品が再び生産国に輸入される現象である。

本稿の研究範囲

様々な複雑な歴史の原因のせいで、たくさんの文化と産物の発祥地は中国かどうか、筆者は詳しくないから断定は出来なかった。だから筆者はある代表的な伝統文化を選択し、関連資料を調べて、そして発祥地は中国の日本文化を確定する。これはの日本文化は刺身、相撲、陰陽道、尺八、正座、畳、下駄、抹茶、空手道。その中で、刺身、相撲、正座、畳、下駄の源は確認できない。研究対象の正确性のためにそれらの文化は排除された。

本当の発祥地は中国の日本文化は空手道、抹茶、尺八と陰陽道である。後文の内容もこの四つの文化の普及と逆輸入を中心として広げっている。

      1. 空手道

空手道、もともと唐手と呼ばれていた。琉球諸島で起源した武術である。空手道は、一般的に中国武術と沖縄の「手」の組み合わせて発展した格闘技である。

世界空手連合(World Union of Karate Organizations, WUKO)は 1960 年代後半で創立され、1993 年に世界空手連合は世界空手連盟(World Karate Federation,

WKF)を改称された。

空手の起源に関しては諸説あるが、一つは空手道の前身は琉球の武術「沖縄手」で、中国武術に影響を与えて、唐手へと発展した。唐手は中国から伝わった「中国伝来説」もある。1879 年琉球王国が琉球王国が滅亡し、日本本土へ唐手を紹介し、日本の武道に影響を与え、現代の「空手道」になった。戦後、空手道はスポーツになって、世界中に広まっている。

数年の発展を経て、様々な代表的な流派が存在する。例えば松涛馆流、刚柔流、和道流と系东流。この四つの流派は「四大流派」と呼ばれる。

      1. 抹茶

抹茶は緑茶の一種である。抹茶の原料はある揉まないの小さい碾茶である。原料となる碾茶に用いる茶は直射日光を遮り被覆栽培し、これにより茶葉はその日に蒸したあと、揉捻を行わずに乾燥させる。そしてこのお茶は粉末にする。それは抹茶である。

中国の隋と唐の時、抹茶は「末茶」と呼ばれた。唐の時、碾茶が発明され、当時の人々はお茶の色と香りの検定方法を確定した。抹茶はまた、人々の日常飲み物に不可欠となった。宋の時代抹茶はその上に流行になった、人のお茶を飲む行為は「お茶会」になった。有名な専門家蔡襄は彼の名作『茶録』の中で茶の飲む方法を説明した。だが、明の時代から、水でお茶を入れる方法が流行に始まった、それに対して、抹茶がますます流行しなくなった。

日本には平安時代初期に唐から喫茶法が伝えられた、抹茶が鎌倉時代に伝わったのはとされる。1191 年栄西が中国から茶種と作法を持ち帰り、その飲み方などが日本に広まった。その時から、抹茶が日本文化の一部になる。

      1. 尺八

尺八は古くて中国木管楽器の一種である。『新唐书·吕才传』のなかで「侍中王珪、魏微盛才制尺八,长一尺八寸。」と記載した。隋と唐の時、尺八は重要な宮廷楽器で、宋の時代尺八は五孔になった。そして宋の時代から尺八の地位は民間から伝えた箫、笛に取って代わる。

中国の南北朝から唐初まで(581 年——618 年)尺八は雅楽楽器として日本に伝えた。紀元 600 年、圣德太子の時代から日本は遣隋使と遣唐使が唐に派遣した。尺八と龍笛など様々な楽器がこの時から日本に転入した。最初、尺八は雅楽楽器としてだけで、その尺八も「雅楽尺八」と呼ばれている。東大寺の正倉院には六孔三節の尺八が八管収められている。今日本で流行する五孔尺八は鎌倉時代(南宋詔熙二年から元朝至顺元年まで)に普化宗のお坊主は杭州护国仁王禅寺から持ち帰るものである。だからその五孔尺八は「普化尺八」と呼ばれている。

日本の尺八の流派は大抵琴古流、都山流、上田流、竹保流と分ける。

      1. 陰陽道

陰陽道は 5 世紀から 6 世紀にかけて飛鳥時代、遅くとも百済から五経博士が

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接