七夕在日本的变迁毕业论文_日语毕业论文

七夕在日本的变迁毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

七夕是自古以来就存在的历史和传统文化。七夕在中国的活动于奈良时代传入日本, 和日本原有的织女的传说结合而产生的新的词汇。七夕从中国南朝和百济、新罗传到日本后,在宫中有活动之前先在民间传播。奈良时代,宫中贵族开始作诗歌颂七夕。平安时代,七夕作为宫中活动举行。江户时期,七夕从贵族、一部分武士的活动变化到庶民性的活动,在民间广为流传,而孩子则成为了节日的主角。至此七夕在日本进入鼎盛时期。到了明治时期废除了五节句,此前繁盛的七夕逐渐衰退。而现在的七夕已经不作为传统祭祀活动盛大举行了。

关键词:七夕;五节句;衰退;变迁

目 次

はじめに 1

  1. 七夕について 3
    1. 七夕の伝説 3
    2. 七夕の起源 4
    3. 七夕の風習 5
  2. 各時期の七夕 8
    1. 奈良時代の七夕 8
    2. 江戸時代の七夕 9
    3. 明治以後の七夕 11
  3. 七夕の衰退の原因 错误!未定义书签。

おわりに 15

参考文献 16

謝 辞 17

はじめに

日本における祭りは中国の大陸文化と深いつながりのあるものも少なくない。七夕は、中国、日本などにおける節供、節日の一つである。五節句の一つにも数えられる。日本の七夕は旧暦では七月七日の夜のことであるが、明治改暦以降、新暦七月七日や月遅れの八月七日に行われる。時代の移りにつれて、七夕は祭りの色がうすれてきて、商業的イベントになったのである。

今までの七夕に関する研究には、中国側では、梁丽梅の「试析《万叶集》中的七夕和歌和唐代七夕诗文之差异」①、于长敏の「日本牛郎织女传说与中国原型的比较」②、任敬軍の「七夕节日与日本竹文化」③、毕雪飞「七夕文化在日本的传承与发展」④などは、日本の七夕のまつりと七夕文化を研究した。

日本側では、日本の七夕についての研究は数多くある。

(1)文学面では、小南一郎の『西王母と七夕伝承』、勝俣隆の『七夕伝説の発生と変容』、大久間喜一郎の『七夕説話伝承考』などは、日本の七夕の伝承を考察した。

(2)文化面では、良吉三原の「仙台七夕と盆まつり: その由来と伝承」⑤、尾崎織女の『室津の七夕飾り』⑥、菊地節子の『仙台浪漫七夕―由来と七夕飾りの作り方』⑦などは、七夕の伝説、風習の研究を行った。

本文は以上の先行研究に対しての文献を踏まえ、七夕の伝説、風習と変遷などを明

① 梁丽梅「试析《万叶集》中的七夕和歌和唐代七夕诗文之差异」 玉溪师范学院学报 2004(6):19-20.

② 于长敏「日本牛郎织女传说与中国原型的比较」 日本学论坛 1999(2):48-51

③ 任敬军「七夕节日与日本竹文化」 世界竹藤通讯 2012(1):42-43

④ 毕雪飞「七夕文化在日本的传承与发展」 日本学刊 2007(6):108-116

⑤ 良吉三原「仙台七夕と盆まつり: その由来と伝承」宝文堂 1971(8):4-10

⑥ 尾崎織女「室津の七夕飾り」 日本七夕文化研究会 2004(10):28-31.

⑦ 菊地節子「仙台浪漫七夕―由来と七夕飾りの作り方」株式会社キクチ科学研究所 2001(2):48-51

らかにしようと思ってみたい。そして、それに基づいて、近代以来の七夕の衰退の原因を考察したい。

1 七夕について

七夕の伝説

七夕の伝説は中国に始まり、奈良時代の時日本に伝来した。その伝説は発生から今まで、さまざまな形で伝えている。むかし、天に織女という手芸にすぐれ、機織が巧みな娘がいた。ところが牽牛という婿を迎えてからは、手芸をおろそかにし、機織も怠けだしたため、天帝は怒って、牽牛を銀河の対岸に別居させ、年に一度、七月七日の夕べにだけ逢うことを許した。それ以来、牽牛はこの日が来ると天の川を渡って織女に会いに来るという伝説があって、中国では七月七日にこの牽牛と織女の二星を祀って技芸の上達を祈る乞巧奠という行事がおこなわれてきたと伝えられた。

中国の七夕とは、毎年の旧暦七月七日の夜、天の川に隔てられた彦星と織姫が年に一度だけ会うという伝説にちなむ年中行事のである。七夕はまた、「双星節」、「女児節」、

「乞巧節」とも言い、星と乞巧奠と深い関係があることが分かる。七月七日に乞巧奠のみが行われることではなく、牽牛、織女二人を祭る星祭も行われるようになったのであろう。また、二星が合うことから、恋愛の成就を祈る行事に変化していった。それに、七夕の夜に詩歌を作ることを通し、恋人に恋の気持ちを伝える風習は今までも続いている。そのほか、牽牛織女の二星がそれぞれ耕作および蚕織をつかさどるため、それらにちなんだ種物・機物という語が「たなばた」の由来とする江戸期の文献もある。

日本でも、七夕は本来旧暦七月七日であり、七月十五日に行われているお盆に合わせたお盆行事の一環として行う意味会いが強がったが、しかし、明治六年(紀元1873 年)の改暦後は、お盆行事が七月や八月に決められ、七夕も新暦の七月七日に行う地

域も、旧暦風新暦八月七日に行う地域もある。また、旧暦の七月七日の古来のままにに行う地域もある。

日本の七夕行事は表層から見ると、牽牛星と織女星が天の川を渡った会うという伝説や、女性が星に手仕事技芸上達を願う奈良時代に中国から伝えられた乞巧奠起こったが、基層には水神を迎えるという日本古来の祭儀が重要的な役割を果たしたと考えられる。つまり、日本の七夕の本質は、少女と水神の結婚をモティーフとした古代祭儀であると考えられている。

七夕の起源

七夕伝説は『文選』の中の漢の時代に編纂された「古詩十九編」が文献として初出とされており、南北朝時代の『荊楚歳時記』、そのほか『史記』等の中にも記述がある。

『荊楚歳時記』には七月七日、牽牛と織姫が会合する夜、婦人たちが七本の針の穴に美しい彩りの糸を通し、捧げ物を庭に並べて針仕事の上達を祈ったと書かれている。牽牛と織女は一般的に農業の象徴と考えられている。牽牛と織女の伝説は中国古代の農耕の発達と深い関係があると言われている。中国において、農耕の始まりは非常に古くて、鉄器の農具は春秋戦国時代に普及した。また、漢代になると、灌漑農業も始まった。その頃に、男性は牛を引き耕作して、女性は桑で蚕を飼って機を織る形になったのである。七夕の土台となる「牛引き」と「機織り」は灌漑農業が出来た漢代前後から民間に一般化したと思う。そうすると、牽牛と織女も農桑という農耕の手順と合わせて、七夕の伝説として民間に普及していた。

以上は「七夕」の起源についての考察であった。そのうち、中国は漢代の灌漑農業の影響で、牽牛と織女の伝説が民間に広まった。「乞巧奠」という七夕行事も六朝の時代から行われていたと記録された。日本の場合では、中国の七夕伝説が伝来した前に、

日本にすでに「七夕」に関する信仰と行事があった。そして、『万葉集』の七夕歌によって、天武朝に中国の七夕伝説が宮廷に受容されたこともうかがうことができる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接