从樱花看日本人的民族意识毕业论文_日语毕业论文

从樱花看日本人的民族意识毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

樱花是日本的国花。樱花之所以是日本最有名的花是因为它象征着日本人的民族意识。日本的民族意识和其他国家有很大的不同,它有着坚强,惜时,深深的集团意识、生死观、武士精神等。日本民族意识深深地影响着日本人生活中的方方面面甚至一言一行。由于樱花的很多特征与日本人的性格很相似,更是有“樱花就是日本人,日本人就是樱花的化身”这样的说法。樱花在日本人心中成为了一种信仰,成为男女老少都喜爱的花。

论文中,对于樱花在日本象征的文化特征,樱花作为日本的文化特征与日本人的民族意识之间的关系,等进行探讨。

具体来说,拙论正文由 2 个章节组成。第一章,首先介绍樱花。

第二章,详细描述和分析了樱花反映出的日本人的民族意识即:日本人的坚强,日本人的惜时,日本人的集体意识,日本人的生死观,日本人的向往行以及日本人的武士精神。

最后将在结论部分中阐述了写这篇论文的目的等。

关键词:樱花;日本人;民族意识;

目 次

はじめに 1

  1. 桜についての绍介 3
    1. 桜についての绍介 3
    2. 桜についての由来 3
    3. 日本人が桜を好む理由 3
  2. 桜に反映される日本の民族意識 5
    1. 桜と日本人の強さ 5
    2. 桜と日本人の憧れ 8
    3. 桜と日本人の時間大切さ 9
    4. 桜と日本人の集団意識 11
    5. 桜と日本人の生死観 12
    6. 桜と日本人の武士道精神 13

おわりに 14

参考文献 15

謝 辞 16

はじめに

桜というと、人々は自然に「日本の国花」と思い出す。確かに、日本人にとって、桜はただ植物の一種ばかりでなく、特別な意味と感情を含む特別な存在のものでもある。

菊と比べ、桜の方がもっと日本人の精神や性格の特徴を表せる。「日本政府は毎年の 3 月 15 日~4 月 15 日を「桜祭り」と決めた」①。このとき、国内の新聞、放送、テレビ、どこでも桜満開のニュースを流す。世界中でそんなに桜が好きな国はないのであろう。

桜はすでに日本の政治、芸術、衣食住などの各分野に染み込んでいる。時代の発展に伴って、桜の意味も変化している。最初の民俗信仰の委託から人々讃美の対象になって、神聖から普遍へ、さらに「国花」の地位にいたるまで、桜はずっと日本人の切っても切れない絆である。

桜の最初の登場は、『古事記』(712 年)『日本書紀』(720 年)などの神話伝説である。民俗学家が考証するとおり、桜は「農耕の神」として、豊作を占うの器具として用いられる。中古時代の貴族の宴会から、中世の武士階級に広げ、近世の一般民衆の花見まで、和歌、俳諧、小説中の文学表現から刺青、絵画、生活まで、桜は日本社会の隅々まで浸透している。

日本の近代思想家新渡戸稲造は『武士道』の中で、「武士道はそのシンボルの桜のように、この土地の固有の不思議なもの」と述べ、桜は満開のとき突然に落ちて、命の儚さと壮烈さをを象徴する。軍国主義はこの点を利用して兵士に「忠君報国」の思想を注ぎ込む。しかし、桜も外交時親善を表すためのもの

① 贺杰婵. 从樱花透视日本民族精神[J]. 科技信息。2009(6):119

としてもちいられる。1972 年、日中国交正常化の時、田中角栄首相は日本国民の名で中国に桜木を贈呈する。この時、桜は平和友好の象徴になる。

とにかく、桜は日本文化の中で不可欠の一環であり、日本社会を理解することに大切な意味がある。

本文は桜に反映された日本人の民族意識について論述したい。

1 桜についての绍介

桜についての绍介

桜の花の色は白い色と赤い色である。その果実を食用とするほか、花や葉っぱの塩渍けも食品などに利用される。日本人に古くから親しまれている。

その品種が多く、とくに江戸末期に開発されたソメイヨシノ(染井吉野)は、明治以降、全国各地に広まり、サクラの代名词となった。自然の種類としてはヤマザクラ、オオシマザクラ、エドヒガンなど 10 種ほどが認められている。

古代では、山に咲くヤマザクラ(山桜)や、八重咲きの桜が一般的であった。有名な吉野の桜も、ヤマザクラである。また、日本において最も馴染み深い花であることから、一般的に国花の一つとされ(法的に定められたものではない)、明治時代以降軍隊や学校の帽子や紋章に桜が用いられている。現在においても警察などの紋章に使用されている。

ヤエザクラは、サトザクラの八重咲きの品種の総称として用いられる。

桜についての由来

「サクラ」の名称の由来は、一説に「咲く」に複数を意味する「ら」を加えたものとされ、元来は花の密生する植物全体を指したと言われている。また他说として、春に里にやってくる稲(サ)の神が寄りかかる座(クラ)だからサクラであるとも考えられている。

日本人が桜を好む理由

桜は十日間ほどで、その役目を終えたかのようにばっと散る。それが清く

感じられる。日本で国花として尊重されている。文化を象徴している。日本人にとって桜は特別な花で、富士山、東京タワーと一緒に日本のシンボルになった。しかし、ほかの日本の象徴と異なり、その最も重要な点は、上は天皇、公家、武士から農民、商人などの民衆に至るまで、また男も女も、日本社会の集団のそれぞれが桜を自分たちの花として楽しみ、人生の意味を考えてきたことである。以下は 1995 年、東海大学の 220 人の学生に対する調査である。桜という言葉を聞いた時の初めの印象は何かということである。

1995 年、東海大学の 220 人の学生に対する調査

印象

人数

桜という言葉を聞いた時の初めの印象

50

出会いや別れ

42

花見

34

花の散ること

23

日本

22

桜についてのこと

18

心の中にいる人

12

その他

49

この調査によって、桜というと、人々は春、出会い、花見など日常生活に関するものを思い出すことが分かる。

桜に反映される日本の民族意識

桜と日本人の強さ

桜は土壌の要求に対して厳しくなく、適応性が強い。春が来る時に日本列島に植えた桜の木が、南から北へとだんだん咲く。壮大で比類がない一団は日本ではどこにも見られている。桜は日本人にとっては一種の激励とされている。それは一年の蓄積を通じて、冬を越えて、一瞬間で咲いてしまって、美しい命が現れている。この力は日本人に無限のヒントを与えている。日本人は心の中で桜の花のように強く、さまざまな環境下で困難を克服し、一木のロマンチックを迎えていると自分を励ましている。

日本は自然災害が多い国である。気候による洪水、台風、暴風雪、山体や土砂崩れなどがたくさんある。同時に日本は地震帯に位置するから、地震、火山爆発も活発する。1914 年に九州桜島火山が爆発し、付近の村を埋めてしまった。日本の歴史に記載のある大地震は 2000 回に達している。だから「桜の国」と言われる日本は「地震国」と「火山国」とも呼ばれている。しかし、日本人はずっと勇敢にそれらの自然災害に直面して、断壁から新たな都市を再建することができる。自然災害を防ぐために、ダム、堤防、建物、耐震処理など多くの措置をとり、災害の破壊を弱めるようにする。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接