从三大经济政策分析“安倍经济学”毕业论文_日语毕业论文

从三大经济政策分析“安倍经济学”毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

2012 年 12 月安倍晋三再度执政后实施了一系列经济政策,这些政策被人们称为“安倍经济学”,其核心内容包括灵活的财政政策、激进的货币政策和以刺激民间投资为中心的经济增长战略。 本文着重阐述了安倍经济学的具体内容,在此基础上,从出口,个人消费,工业,制造业,企业收益和就业等方面分析了安倍经济学的短期成效,接着简要分析了从长期来看安倍经济学面临的挑战。

关键词:安倍经济学;财政政策;货币政策;经济增长战略

目 次

はじめに 1

  1. 「アベノミクス」の具体的な内容 3
    1. 財政政策 3
    2. 通貨政策 5
    3. 経済成長戦略 8
  2. 「アベノミクス」の短期効果 10
    1. 輸出と個人消費 10
    2. 工業生産と製造業PMI 10
    3. 企業収益と就業情勢 11
  3. 「アベノミクス」の直面するチャレンジ 12
    1. 高い消費税 12
    2. 重い債務負担 13
    3. 少子高齢化問題 13

おわりに 15

参考文献 16

謝 辞 17

はじめに

20 世紀 90 年代のバブル経済が崩壊後、日本経済は長期の停滯状態に陥った。

2002~2007 年日本経済が一定の程度の回復を実現し、デフレ、経済停滯の状態から脱出したが、国際金融危機の影響を受け、2009 年に再び深刻な衰退と大幅な変動が現れた。その後、東日本大震災や欧州債務危機など国内外要素の影響なので、日本経済は停滯状態を再現した。1991 年から 2012 年まで、日本では実際 GDP の平均成長率は 0.9%だけであり、「失われた 20 年」と称される1。2006 年から 2012 年まで、平均経済成長率は 0.4%だけであった。

長期的な経済の低迷とデフレの状態から脱却するために、日本政府は様々な経済政策を実施したが、ずっと効果がかなり小さい。21 世紀初の数年、小泉内閣は積極的な構造改革政策を実施し、強力に不良債権を処理し、規制を緩和する改革を推進した。この政策は一定の程度の成果を得たそうである。日本の経済は一定の期間に良好な回復を実現した。しかし、幸せが長続きしなく、2007 年日本の経済は小泉内閣時期の景気回復段階を終え、景気後退段階に転入した。国際金融危機の影響を受け、大幅な下落と変動が再び現れた。しかも、日本経済が低迷しているので、今までもない政治の不安定する局面が出現し、首相が頻繁に交換し、政権交代になる。

2008 年、民主党は衆院選挙で優勝し、20 世紀 50 年代半ば以来、初めての本当の意義での政権交代を実現した。民主党が政権を握った後、自民党のずっと推進していたケインズ政策と供給学派の経済政策を捨て、人間本位の政策を実施し、政策の焦点を財政再建、社会保障問題などの解決に置くということを宣

1 深尾と牧野.失われた 20 年.東洋経済新報社.2010:237-260

言する。この政策は明らかに停滯状態に深く陥った経済現実と一致しない。経済及び他の分野での政策において方向性の過ちが現れ、及び与党能力の不熟なので、民主党が 2012 年末の衆議院選挙で失敗し、自民党は再び政権を奪還した。日本経済が深刻な停滯とデフレに面していることを踏まえ、安倍内閣は経済回復の実現を中心任務にするということを宣言し、「アベノミクス」と呼ばれた一括経済政策を打ち出した。安倍政権の相次いで出した政策措置は、イメージ的に「3 本の矢」と称される。第一本の矢は柔軟な財政政策。第二本の矢は大胆な緩和的通貨政策である。第三本の矢は民間投資を刺激するということを中心にする経済成長戦略である。

1 「アベノミクス」の具体的な内容

財政政策

柔軟な財政政策は二重の意味があり、すなわち不況時、公共支出の増加、減税などを含める拡張的財政政策を実施するが、経済回復の場合には緊縮財政政策を実施し、例えば、税金を引き上げて「財政再建」を実現する。

      1. 拡張的財政政策

「国土強靱化」計画は、戦後自民党時代の「全国総合開発計画」に由来し、そのコアが国家主導型の国土改造を強調する。「全国総合開発計画」は、異なる計画区域と地方の実際的な公共需要を満たすことができないので、2005 年に廃止された。しかし、2011 年東日本大震災後、公共施設や建物の老化ため、公衆からの工事を補強し、耐震性能を高めるということを求める声が日々高まってきた。そのため、再び与党になった自民党政府は、「国土強靱化計画」を「経済再生計画」に入れ、その政策重点を交通施設建設の改善、三大都市圏における環状道路整備の強化、国際コンテナ戦略港灣機能を整えるなどに置く。自民党政府は 10 年間内 200 兆円を投入した。2013 年 12 月、安倍政権は「国土強靱化政策大綱」を確定した。大綱は「国土強靱化」の基本目標が強大で強靭な国土を構築し、国家と社会の機能を維持し、国民の財産と公共施設の損失最小化を保証し、経済の復興を促進するということを宣言した。「国土強靱化」計画の推進は、新しい市場の創造、投資の拡大、成長戦略の推進に役立ち、日本の経済発展において重要な役割を発揮する。大綱によって、金融、情報通信、産業構造、交通物流、住宅など 12 の分野 45 のプロジェクトから重点推進を展開する。それに基づき、2014 年 6 月、安倍政権は「国土強靱化アクションプラン

2014」を制定した。アクションプランは、橋と道路を維持・管理・更新し、鉄道や高速道路など交通動脈の予備道路を整備し、企業 BCP 構築緊急時期に企業協力体制の実施に取り組むことを明らかにした。「国土強靭化」計画は安倍政権の財政政策において重要な一環である。この計画を借り、投資駆動の成長モデルを形成し、持続的なデフレによる生産性萎縮を取り除くことを期待する。

      1. 緊縮財政政策

消費税は間接税として、日本が国内に販売される商品とサービスに対して価格の一定の割合によって徴収する付加価値税である。日本は 1989 年から正式に消費税制度を導入した後、選挙政治に触れるので、その各回の改革がかなり物議になる。日本経済の長期的な低迷なので、税収が激減し、消費税の増税によって財政状況を改善する声はずっと高い。現在、財政苦境に陥っている日本にとって、消費税はかなり大きな税収収入に違いない。再び消費税改革を行うことは日本政府の現実で仕方ない選択になる。歴史では、日本には二回の消費税増税の改革があった。第 1 回は 1989 年 4 月 1 日、竹下登内閣が初めて日本に

は 3%の消費税を課税する。第 2 回は 1997 年 4 月 1 日、橋本龍太郎内閣が消費税の税率を 3%から 5%に引き上げる。2014 年 4 月 1 日から、安倍内閣は正式に消費税の税率を 5 から 8 に引き上げ、2017 年 4 月には消費税をさらに 10

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接