中日两国女性的职业观变化对社会和家庭的影响毕业论文_日语毕业论文

中日两国女性的职业观变化对社会和家庭的影响毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

女性在社会、政治等方面,和男性相比有不公平的感觉。女性的地位低。这是由于家庭的形成的同时,造成的性别职务分工的观念。而且,在性别职务分工观念当中,女性在家庭中担任更多职务,而在公共场合的活动几乎没有。但是,现在女性在公共场合开始活跃起来了。即使如此,女性和男性比起来还是有不公平的感觉,在公共的领域里的活跃较为困难。

本篇论文中,首先介绍了中国和日本女性的职业观。两国女性的职业观对家庭和社会造成了影响。接下来,女性的职业观对家庭和社会产生了怎样的影响,对其进行研究。然后又研究了两国女性职业观变化的原因。本论文通过研究,加深了对两国女性职业观和其变化的理解。

关键词:女性的职业观;家庭;社会;变化;影响

目次

 はじめに 1

1 中国の女性の職業観が社会と家庭への影響 3

1.1 中国の女性の職業観が社会に与えた影響 5

1.2 中国の女性の職業観が家庭に与えた影響 6

2 日本の女性の職業観が社会と家庭への影響 8

2.1 日本の女性の職業観が社会に与えた影響 9

2.2 日本の女性の職業観が家庭に与えた影響 10

3  両国の女性の職業観が変化した原因 11

3.1 中国の女性の職業観が変化した原因 12

3.2 日本の女性の職業観が変化した原因 14

終りに 17

参考文献 18

謝辞 20

はじめに

 社会の変化と時代の発展にしたがって、女性の独立の意識がどんどん強くなっている。女性の社会地位も上がっている。しかし、伝統の観念の影響で、女性は社会でいろいろな困難に直面している。現在までも女性に偏見がある。この場合で、女性の職業観が変わっている。その変化は社会にも家庭にも影響を与えている。

現在、女性はもっと積極的に就職活動に参加している。女性は小さいなことにまでよく気がついて、感知力と交流力が強くて、職場ではたいせつな一部分である。女性も男性と同じ、成功を受けたくて、認められたい。仕事の同時に、女性にとって、生活と家庭もたいせつである。そのために、男性よりストレスがある。

働きたいと思った理由は主に3つある。一つ目は、自分の能力や特技を発揮したい からである。自分の能力や特技を自分にだけでなく、様々な場面や他者に対して使い、他者に認められたいのである。二つ目は、様々な人と出会いたいからである。仕事を通じて様々な人に出会って、自分の考え方、価値観をより深めていきたい。三つ目は、経済的自立のためである。自立した人間になるためには、経済的自立は必要だと考えたからである。また、女性の経済的自立が実現すれば、男性の仕事に対する負担やストレスも軽減するであろう。そうすれば、男性も仕事ばかりの人生から、また違った楽しみも得られるのではないかと考えている。男性が仕事ばかりにとらわれることがなくなれば、家事・育児にも参加できるし、男性の自由も得られると思われる。働くことは、自己実現のためだけでなく、経済的理由やお小遣い程度で働くなど、様々な働き方がある。働く理由は、人それぞれでいいと思うし、今後、様々な働き方が増えるだろうが、どんな働き方であろうともそれぞれの人に働きやすいような会社の制度や、周りの理解が必要である。

 現在、既婚女性の就労化は年々増えてはいるが、女性が一人で生きることができるほどの経済的自立までは至っていない。性別役割分業は、根強く我々の生活、仕事で影響を与えているが、この考えに不満や賛成しない者も多数存在してきている。そのあらわれとして、1999年に男女の平等を掲げる方針としての「男女共同参画社会基本法」ができた。しかし、2007年に実施された尼崎市の男女共同参画社会をめざした市民意識調査では、男女共同参画社会基本法の「意味や内容を知っている」もしくは「言葉を聞いたことがある」人は、約30%と少ない割合であり、一般的にまだまだ浸透はしていない。実際、私自身、今回初めて知った法律であった。では、この法律はどのような意図でつくられたか、どのような社会を目指してつくられたのかを次に述べていく。

 

1 中国の女性の職業観が社会と家庭への影響

 中国の女性の給料に対する満足度と就職の選択を了解するために、「科鋭国際」[1]は2013年2月に全国の範囲で違う業種の1700名の社員を対象として調査した。その社員の間に、45.5%の人は女性である。[2]

 認められることと褒められることに、女性の満足度は男性のより低い。給料の差別と変化の前に女性の方が我慢力がある。女性は身の程をわきまえる。心ならずも意を曲げて、ことを丸く収めようとして、対等の立場でほかのひとと交流する。言葉の方面から見れば、女性は男性より交流することが得意である。マスターと相談することを選んだ女性は男性より多い。

調査から見ると、三ヶ月から一年間の間に仕事を辞めるつもりの女性は59.9%の人数を占めた。新しい仕事を探すとき、69.9%の女性は外資系企業を選ぶことになる。女性も男性も仕事を選ぶとき、まず給料とその仕事の発展を考える。男性と比べれば、女性にとって、家庭と仕事のバランスは重要である。50.7%の女性はまず会社の福祉を考える。しかし、42.2%の男性しか福祉を考えていない。年齢層が違って、考えることも違う。36.2%の40代の女性は、新しい仕事を探すとき、生活と仕事のバランスを考える。ほかの年齢層の女性よりその比率が高い。30代の女性は仕事のストレスと人間関係のことをもっと考える。しかし、20代の女性は新しい仕事を探すとき、自分の趣味は彼女たちにおおきな影響を与えている。

 男性より、女性の給料に対する満足度が低い。その中に、非常に不満だと言った女性は調査の対象の38.9%を占めている。男性は32.6%を占めている。非常に満足だと言った男性の比率はただ16.8%で、女性の比率は14%であった。

 中国人女性にとって、報酬は仕事満足度や転職行動を決める主な要因である。前出の「科鋭国際」の2013年調査によると、直近の昇給幅に不満を抱いている女性が38.9%(非常に不満が11.5%)に上ることが明らかとなった。これは男性よりも高い水準である。同調査によると、直近の昇給に対して44%の女性は20%以上の昇給を望んでいた。しかし、期待に達したのはわずか7.1%であった。ちなみに、国家統計局が今年5月に公表した2012年の平均賃金の対前年上昇率(実質)は、男女計で非私営部門が9.0%、私営部門が14.0%である。それに比べると、20%以上の昇給期待値はいささか高くはある。理想と現実の間にギャップがある場合の対応として最も多かったのは「新たな機会への注目」である。特に23~27歳の女性では、年長の女性に比べて昇給への不満が転職につながる可能性が高く、7.1%が「すぐに転職する」と答えている。 依然として存在する男女間の賃金格差の実態から、職業キャリアに悲観的な女性も多い。前出の調査によると、59.9%の女性が1年以内の転職を考えているが、その一番の理由は「報酬」であり、次いで「職業展望」、「福利厚生」の順となっている。[3]

  

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接