狸文化与其体现的日本人的悲喜观毕业论文_日语毕业论文

狸文化与其体现的日本人的悲喜观毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

日本和中国对于日本人心理的研究历史悠久,残留了众多的研究的成果。本文基于这些先行研究,提出自己的观点,由狸猫妖怪的入手,解析日本人的悲喜观。

首先,介绍日本和中国对于日本人心理的研究。分析狸猫妖怪形成的原因。其次,介绍关于妖怪狸的传说故事。分析狸猫妖怪的大体形象以及其体现的日本人的感情。然后阐述日本人的乐观以及悲观精神。由地理环境,文化和宗教三方面分析日本人心理形成的原因。如通过本文的研究,能进一步了解日本的文化以及日本人的悲喜观的话十分荣幸。

关键词 妖怪狸;妖怪;乐观情怀;悲观情怀

目 次

はじめに 1

1 先行研究 3

1.1 日本人の心理についての中国の研究 3

1.2 日本人の心理についての日本の研究 4

1.3 化け狸 4

2 伝説中の化け狸 6

2.1 化け狸についての伝説 6

2.2 伝説で化け狸のイメージ 9

3  化け狸に体現している日本人の心理 11

3.1 日本人の楽観心理 11

3.2 日本人の悲観心理 12

3.3 日本人の楽観的と悲観的な心理を形成した原因の推測 13

終りに 16

参考文献 17

謝辞 19

はじめに

日本と中国で日本人の心理についての研究は、歴史が長く、数多くの研究成果が殘されている。本論文は、これらの先行研究に基づき、自分なりのものを提示すし、化け狸における日本人の楽観的と悲観的な心理について研究を行うつもりである。

まず、日本と中国で日本人の心理を紹介する。化け狸形成の原因を分析する。本来のタヌキは実在の哺乳類だが、文献類では古くから怪しい動物として記述されている。日本各地にも、キツネと同様に他のものに化けたり、人に化けたり、人に憑くなどの能力を持つものとしての話が残されている。次に、化け狸とした文福茶釜と太三郎狸の物語を紹介する。化け狸のイメージとその体現した日本人の感情を分析する。さらに、日本人の楽観と悲観的な心理を述べる。「日本人は島国育ちで、古来外国との交渉が少なかったし、江戸時代には300年にわたって鎖国を続けてきたために、国内では諸外国とは違った特殊な文化を育ててきました。それが日本の特殊な社会構造、日本人特有の生活習慣、あるいは日本人独自の国民性を作り上げてきたとも言えましょう。」[1]地理的な環境、文化や宗教など三つの方面について日本人の心理が形成した原因を分析する。非常に不利な自然環境と長期的な抗争の過程で、日本民族は強靱な心を形成しまったが、人は結局死の運命に逃がさないと信じる。日本文化で最大の特徴は「恥」を重視することである。福田富之助は「人はあからさまに嘲 られたのけ者にされるか,馬鹿にされたと想像して恥じ入るのである。どの場合においても恥は有効な制裁力となる。」[2]と、彼がこう述べる。日本文化は社会規範への適応といった行動を促すが、その一方で過度に感じる場合には、行動の萎縮などといった問題を生む。宗教は人に死の恐怖を忘れさせる。生は死、死は生と言うこと。同時に人は死の拒絶感を失ってしまう。本論文の研究を通じて、日本の文化と日本人の楽観的と悲観的な心理に関し、より深く理解させると幸いである。

1 先行研究

1.1 日本人の心理についての中国の研究

日本民族は私たちとって一衣帯水の民族なので、中国で日本人の心理を研究する学者が多くて、研究方向も多種多様である。例えば、梁萌の論文『中国における「日本人論」 : 人文・社会科学分野を中心とする現代中国知識人の日本認識の一断面』は日本人の集団主義を述べる。彼女は「日本社会における集団主義の普遍性と重要性を認めていることである。彼らの考えによると、日本人の集団意識既に日本人の民族性の一つになった。……集団主義のプラス面とマイナス面について言及してい ることである。」[3]と言う。集団主義の日本人は仲間意識が強くて、国家意識の高揚を促進すること、社会の安定を維持すること、経済の繁栄に促進することができる。しかし、一面は精神的ストレスと生理的圧力を日本人にもたらしてきたため、日本人の過労死現象を引き起こた。严婧琨は『日本国民性格矛盾性及成因』に「日本は国民のために良好な国家と称される。日本民族は真面目、礼儀正しく、他人に邪魔されないで、曖昧で、人を傷つけることはない民族である。しかし、このような民族は時に野蛮も凶暴だ。」[4]と言った。彼女は日本民族が心理的に強くて同時に弱くて、矛盾に満ちている民族だと思う。

中国で日本人の心理を研究して、多くの研究成果が殘されている。中国の学者は日本人が非常に矛盾していると思う。つまり、日本人が同時に楽観的と悲観的な心理を持っている。

1.2 日本人の心理についての日本の研究

 日本人自分自身も心理について深くの研究している。佐久間章は「日本人は島国育ちで、古来外国との交渉が少なかったし、江戸時代には300年にわたって鎖国を続けてきたために、国内では諸外国とは違った特殊な文化を育ててきました。それが日本の特殊な社会構造、日本人特有の生活習慣、あるいは日本人独自の国民性を作り上げてきたとも言えましょう。」[5]と述べる。安藤則夫の論文『日本的心理特徴から生まれた日本語の構造:日本的心性が日本語に与える影響について』により彼の観点を紹介する。彼は「私は,彼のまとめをさらに縮めて「敏感さ」が日本人の国民性の根幹にあると考える。人に対する繊細な気配りや人間関係に配慮する言葉遣い,対人的な不安の多さ,会議などでの遠慮深さなどは,日本人の敏感さを示す現象と言えるであろう。」[6]と言った。彼は日本人の敏感さが強い義務責任感を育して同時に、日本人の心理で的な不安定性をもたらしたと思う。したがって日本人の心理的に両面性があることが明らかにした。

1.3 化け狸

「岩と草木が話す時、妖怪はすでにこの世界に存在している」という。民俗学では「民間信仰」に関する研究において、予兆、禁忌、ことわざ、民間療法などと並んで、妖怪は庶民一般の信仰事象を解明する一事象として捉えられてきた。自然現象に対する理屈付け、教育的機能など、自然に対する畏怖や敬意、価値観などを明らかにするものと言われる。人は自分では見えなく、触らなく、制御できない力をすべて妖怪と称している。日本妖怪の発生は、特殊な自然地理環境と密接な関係がある。日本が太平洋上の島国で、水と日本人の生活は密接に関係している。日本島の地形が複雑で、丘陵山脈が多く、古時に大量の原始林が存在し、野獣が横行している。地震や火山の爆発が活発になり、よく台風や津波の発生がある。科学が未発達の古代に複雑な地理と自然環境の原因で日本人民は自然に強大な恐怖感を生む。自然界に抵抗できなく、無形の力は人々の生活を制御していると思う。合理的な科学道理がないので、雷電、洪水、火災、そして病気と死亡の発生は当時に解釈することができない。長く存在するの迷いと恐れて、島国にある日本人は心理的に神秘主義的傾向が形成されている。そこで、妖怪は人々の生活と思想に入ってきた。田舎妖怪の特徴は古代の民間の農業、漁業、手工業などの生産活動と緊密に連絡している。人々が収獲と自身の安全を関心し、暗い夜と荒涼の地で恐怖心をを生むこと、それは妖怪発生の最初な原因となる。

タヌキが化け物になる原因の一つは、おそらく夜行の小動物はお腹が空いた、夜のうちに近くに人がいるの村や畑に食べ物を探した。人は作物がだれに食べられたことに気ついて、倉庫に入れた穀物も消えた。賊があると思っていたが、また何も見えなくなっていると思った。ある人は、夜に子供のような妖怪が屋内に入って、穀物を盗みのうわさと言う。そして化け狸という妖怪が現れた。化け狸は、本当の狸以外、また山猫、穴の熊の動物を含む。それは夜の視界がよくなく、光も暗いので、はっきりと見えないの原因である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接