浅谈日本和服文化中的中国元素毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本和服文化中的中国元素毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

在日本和中国,关于日本和服的研究历史悠久,有许多的研究成果。本篇论文,根据这些先行研究,以及自己的调查与理解,对日本和服的中国元素进行研究。

首先,介绍日本和服的起源和发展,并且了解和服的结构。然后分析和服和汉服的特点。之后通过对比和服与汉服,分析其中的相同点和不同点的同时进一步了解和服文化中所蕴含的中国元素。通过本论文的研究,使日语学习者对日本和服的历史,特征和日本和服的中国元素,有更深层次的理解,十分荣幸。

关键词:和服;中国元素;历史;文化交流

目  次

はじめに 1

1.和服文化 2

1.1和服の起源と形成過程

1.2和服の構成

2.漢服と和服          6

2.1漢服の特徴

2.2和服の特徴

3.中日服飾文化の対比         9

3.1漢服と和服の同じ点

3.2漢服と和服の違う点

  3.2.1色や紋意味の比較

3.2.2王朝と支配階級変遷の影響

3.3日本の着物に表した中国元素        12

3.3.1生地の選択と製織技術

  3.3.2和服の刺繍の工芸と図案

終わりに          17

参考文献 18謝  辞 19

はじめに

和服とは、日本在来の衣服で、狭義は着物と同義である。近年では日本における民族服ともされる。和服は日本の飛鳥と奈良時代に、中国に深い影響される。漢服は中国の呉越地区から日本へ伝わって、上流社会の正式場面での礼服になった。もう一つの言い方もあった。和服は奈良時代、中国唐代の唐衣は日本に伝って来て、すぐ貴族の中で流行した。いずれにせよ、和服は漢服に基づいて作られた服装である。時代の変遷に従って、明治時期まで、日本の和服は大体定型化した。

漢服とは、中国漢民族の伝統的民族的な服飾である。主に17世紀中葉以前の漢民族の民族文化を基礎に形成された民族の特徴を持った服装飾体系であり、すなわち明末清初以前の漢民族が着ていた服装である。漢服は漢民族の風格が濃厚で、代々伝えられてきた民族服飾を総称している。和服は中国の漢服から同じ流れを受け継いで、多くの中国元素を含まれている。

 日本和服についての研究は、歴史が長い、数多くの研究成果が残されている。その中には主に李志梅の『中国衣服文化は日本に対しての影響――呉服を例として』(2009)、方琳琳の『中国は日本の飛鳥奈良時代に服飾制度の影響』(2005)、李捷の『和服の中国文化を見える』(2012)などの研究文章がある。それは主に日本伝統服装文化の発展を紹介して、中国と日本の両国伝統服装の対比を通じて、中国伝統服装と日本伝統服装の違いを研究して、中国文化は日本和服の形成の影響を分析する。

 本論文はまず、日本和服について紹介する。日本和服の起源や発展を明確にし、そして和服の構成を了解する。次に、和服と漢服の特徴を分析する。さらに、和服と漢服を対比し、同じ点と違う点を分析すると同時に、和服文化に反映される中国元素を了解する。先輩たちの研究成果を基づいて自分なりの考えを提示するつもりである。この論文を通じて今後の勉強に役立つのではないだろうかと思う。

1 和服文化

 和服は、文字通り和の服、すなわち日本の衣服という意味である。この言葉は明治時代に、西洋の衣服すなわちの洋服に対して、従来の日本の衣服を表す語として生まれた。

 服飾史学者の小池三枝によると、「着物は元来着る物という意味であり、単に衣服を意味する語であった。しかし幕末に洋服が移入して以後、西洋服、洋服と区別して、従来の日本の衣服を日本服と和服と呼ぶようになり、さらに着物の語にも置き換えられるようになった。時代が進み、日常生活で頻繁に洋服が用いられるようになると、着物から着る物という本来の意味は薄れていき、和服の意味が濃くなっていった。現代での着物という語は専ら和服を意味し、狭義には一定の形式の和服(着物と羽織という場合の着物、すなわち長着)を指す言葉に移りつつある」[1]

1.1和服的起源

 和服の起源は西暦3世紀ごろまでさかのぼることができる。『魏志・倭人伝』によると、「一枚の布の中心に穴を開け、その中に頭を通して、サイズを量ったり、布を切ったりするする必要が無い。」[2]と記載されている。これは和服の原型だ。大和時代、倭国の王は3回にわたり中国に使節を派遣し、大量の汉、呉の織物、および優れた紡績、縫制技術にを持つ技術者を持ち帰った。また、日本に渡った中国移民も多くは文人および手工芸者で、彼らは中国の服饰の风格を日本にもたらしまった。

 次に、時代ごとに、和服の特徴を紹介する。

①古墳時代

 この時代の服は男女ともに上下2部式であり、男性は上衣とゆったりしたズボン状の袴で、ひざ下をひもで結んでいる。女性は上衣と喪(裾の長いロングスカート)の姿である。襟は男女ともに左前の盤領(あげくび)という詰衿形式が多い。これらの服装は貴族階級のものと推測される。[3]

 『日本書紀』によると、「603年に、聖徳太子が、優れた人を評価する冠位十二階を定めて、役人の位階によって冠の色を定めている。これより上層階級は、隋の衣服令に従って大陸の服装を模倣することになる。」[4]

②奈良時代

 奈良時代の服飾は、中国大陸の唐の漢服の影響を受けているとされ、意匠的に似ている部分が多く、前合わせで帯を締める構成が基本となっているなど、基本的な構成にも似た部分がある。唐の礼制は日本の有職故実の一つの要素であった。

 701年に日本で制定された『大宝律令』と、『大宝律令』を改めて718年に制定された『養老律令』[5]には、衣服令が含まれていた。衣服令では朝廷で着る服として、礼服、朝服、制服が定められている。礼服・朝服・制服の形式・色彩は、それぞれの地位や役職によって違いがある。衣服令は、朝廷と関わりのない庶民の衣服については定めていない。

 『続日本紀』によると、「719年に行った政策の記述の中に、初令天下百姓右襟という一文がある。全ての人々は衿の合わせ方を右前にしなさい、という意味である。これはその当時手本としていた中国において右前に着ることが定められたのでそれに倣ったものと言われている。」

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接