从地震防灾措施看日本人的危机意识毕业论文_日语毕业论文

从地震防灾措施看日本人的危机意识毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

众所周知,岛国日本位于环太平洋地震带,是地震频发国。由于独特的地理位置,日本政府在地震防灾上采取了很多措施。日本的防灾措施从硬件方面来看,主要是对建筑物抗震性的严格管理和法律的颁布和实施。从软件方面来考虑,则是由于频繁的防灾演习和学校、家庭的教育。而且,从地震对策还能看出日本人的危机意识。

所谓危机意识,就是有困难时能够感知紧急情况并有应变能力。对于日本人来说,危机意识是与生俱来的。一方面的原因是受自然和地理位置的影响,火山和地震频发。还有历史、文化和社会压力等原因。危机意识也带给日本人很大的影响。例如自然资源匮乏使日本人重视节能和环境保护。

中国也是地震频发国,我们要参考日本先进的经验,推进中国关于地震方面的对策。而且,我们要学习日本的危机意识,居安思危。

本文分析了地震频发的原因以及面对地震政府所做措施。然后分析从地震对策来看日本人的危机意识,对于中国有什么样的启示。

关键词:地震;防灾;对策;危机意识;启示

目 次

はじめに………………………………………………………………………1

先行研究……………………………………………………………………………………………..2

題材及び収集方法……………………………………………………………………………4

1日本政府の防災対策の分析………………………………………………………………5

1.1東日本と西日本の区別………………………………………………….5

1.2東西日本の各政府の防災対策………………………………………….6

2日本地震の防災措置に関する………………………………………………8

2.1耐震建築の発展………………………………………………………….8

2.2国家と市民の防災措置………………………………………………….10

3日本人の危機意識の由来……………………………………………………12

3.1地理的な要素を持っている…………………………………………….12

3.2宗教を信仰すると文化特徴…………………………………………………13

4日本人の危機意識の影響……………………………………………………14

4.1『日本沈没』を例とする………………………………………………..14

4.2防災対策から見る日本人の危機意識………………………………….15

5中国への啓示…………………………………………………………………16

終わりに………………………………………………………………………………..17

注  釈………………………………………………………………………18

参考文献…………………………………………………………………………….19

謝 辞 ……………………………………………………………………………………………20

はじめに

日本は地震頻発の国である。地震の対策の面では、ほかの国より一段と力を入れており、過去度重なって起こった地震に発揮した巨大な耐震作用と取得した顕著な成果で全世界の注目を集めている。彼らは自分の立場がはっきり分かる。それで、危機意識が人々の心に深く埋め込まれる。色々な地震対策は日本人の危機意識を見せている。強烈な危機意識に駆られて、日本人は防震減災の分野で十分に工夫を凝らしている。そのため、ある程度地震による様々な被害を最小限にし、死傷者の数を減らし且つ甚大な財産損失を回避できるようになった。どうして地震が起きると同じで、日本人は最低の被害があることができる。これでも分かるように、防災対策において、特に教育の面で、政府とマスコミは宣伝を強化しているため、国民は小さい時から防災知識の教育を受けている。これは日本の防災と国民の危機意識に対して重要な役割を果たしている。本論では、日本の地理と教育と防災対策などをめぐり、日本人の危機意識を考察してみた。同時に、中国は危機意識から何の啓示を得る。

先行研究

先行研究では、多くの学者地震防災における日本人に対する危機意識の関連研究を進めていた。

刘笑明(2007)は、災害に対して、日本人は長い間に色々な努力を重ね、その被害を最小限に食い止めようとしてきた、地震や火山爆発の予知についても科学的な研究が進められ、災害の防止に大きく役立つようになった、また地震に対して強い建築材料や建築技術も開発されるようになったので、耐震性の強い高層建築も可能になった、政府は毎年の9月1日を国の防災日と決め、この日には、全国の公的機関によって防災訓練が行われることを認めている。

杜君林(2010)は、「日本の自然資源が不足していると、日本人は强烈な危機感がある、このうちにどのような理由があるか、一つの理由は地理的な要素を持っている、日本は環太平洋地震帯の上にあるため、世界でも有名な地震多発地帯となっている、日本の自然災害が頻繁に起きると、地理の影響を日本人に強い危機感をもたらす、仏教を信仰することを日本人が大きな影響を及ぼした、このうち、仏教の無常さを日本人に強い危機意識をもたらす、危機意識は日本人に自分の不足を分かることができる」としている。

刘丽芸.黄洲成(2008)は「それにより、日本人はかなり危機意識が高く、安らかな環境に居ながらも、起こりうる危険に心構えをして生きてきたのだ、日本では9月1日は「防災の日」と定められている、これは1923年この日に起きた関東大震災の教訓を忘れないように、防災意識と措置の再認識をするチャンスとして、防災に関する様々な行事が全国各地で行われている、以前は必ず9月1日に防災訓練を実施していたが、ここ数年派、市民参加型に転換するために

防災の日の直前の日曜日を選んで、市民ん参加による災害時を想定した避難訓練を実施している、一方、家では非常の時の防災グッズヤ避難の場所などを用意しておいたりする、また、災害を防ぐための知識や心構えもこの時こそ強めるようにしている、ほかに、災害実感を体験できる防災館も建てられている。」と述べている。

赵志谨(2011)は、日本がこのように地震で他の国よりも小さなダメージがあるのは、日本が、耐震と救援活动に巨大な努力を傾けているからだ、日本に防災の技術の研究所があるから、全国は2000あまりの観測ネットがあり、科学家が大量の情報を提供していた、日本全国各地にたくさん地震モニタリング情报通信センターがあるで、すればで地震が起きると、伝播の中心が即座に状況を省庁にでんたつしている、全国民衆に緊急通知を受けた、また、日本は避難場所の建設を重視している、地震が起こった時、みんなができるだけ短い時間に公園へ到着した、日本には多い面积が小さくの公園では、建設の主な目的の一つは日本人に避難することを認めている。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接