试论《白色巨塔》中山崎丰子的道德观毕业论文_日语毕业论文

试论《白色巨塔》中山崎丰子的道德观毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

本论文通过小说《白色巨塔》研究其作者山崎丰子的道德观。

在大众文学逐渐活跃的当今社会,山崎丰子的小说以其典型的故事题材和鲜明的写作风格,吸引了大批的读者,研究其作品中的文学价值和社会价值是一项具有深远意义的事情。山崎丰子出生在大阪市,她的作品大多都是反应社会问题的,通常会在比较尖锐的社会问题方面进行文学创作。由于山崎丰子是新闻记者出生,所以社会和公众发现问题之前,能敏锐的先发现问题,并作为自己写作的素材,山崎丰子的眼界较为广阔,能积极彻底的去调查取材。虽然她的作品不是很多,但是社会影响力较大。

1963 年山崎丰子开始在《周刊每日》上连载发表长篇小说《白色巨塔》, 小说揭露了医学界的黑暗面,这在之前是从未有过的,在日本社会产生了极大的影响。《白色巨塔》发行之后,引发广大读者的深思,大批读者通过各种方法对小说结局中的审判结果提出意见,在社会方面产生了极大的影响。所以笔者想通过研究《白色巨塔》这本小说来研究山崎丰子性格中的道德观。

关键词:山崎丰子 道德观 白色巨塔 影响

目 次

はじめに 1

  1. 先行研究 2
  2. 概念規定及び、題材と収集方法 4
  3. 『白い巨塔』の中で道徳観の表現 5
    1. 男性の家族愛 5
    2. 女性に対して偏見を抱いていない 5
    3. 財前の死亡 6
  4. 山崎豊子と道徳観 9
    1. 山崎豊子の経歴 9
    2. 山崎豊子の道徳観を形成した 9
    3. 山崎豊子の作品から体現した道徳観 10
  5. 小説の社会効果 11

おわりに 12

注釈 14

参考文献 15

謝 辞 16

はじめに

孟子の爱物思想は、主にすべて生命の痛みに不忍の情である。彼は“人之有是四端也,犹其有四体也”1 と言う。そして、健全な人が必ず四肢のようにも 4

心があった、この 4 心は惻隠の情、恥じて憎む気持ち、へりくだって譲る情、善し悪しの情である。しかし、山崎豊子は人が間違いを知れば、必ず処罰した、容赦をすることができないと考えた。彼女の作品『白い巨塔』の中で、主役財前五郎は教授になるために手段を選択しない、最後で後悔にいった、普通なように彼を生かしておきた、しかし、彼は癌に死ぬ。山崎豊子も自分の作品の中で、創作の素材を集めている時、悔しい人と面と向かっていやらしいと描いている。本論は『白い巨塔』の中で愛家族の描いていることや女性に対して偏見を抱いていないことや主役財前が教授になるために手段を選ばない最終の結 局はがんを死することの過程に人物の心理上の変化と性格の変化と作品の中 の人物の結果を研究したことなどのために、作家山崎豊子自分の善良を体現した。

1 先行研究

先行研究では、山崎豊子の作品に研究して、山崎豊子さんの道徳観な研究が多い。

王亭亭(2013)は、山崎豊子さんの戦争三部作は独特な魅力があり、高度の反戦意識が備えている、歴史を明記し、反省するために国際背景において、独特なしかくから「哀れ」のきちょうで歴史を再現し、歴史に基づいて強烈な反戦意識を備えている。しかし、山崎豊子戦争小説を創作知る原因は二つの目的にある、一つは心がこうはいした日本人に愛国心を呼び出すことであり、もう一つは戦争の歴史をこうだいに話続け、歴史の残酷を明記し、再発を防ぐことである、そして、山崎の『三部作』は哀れの画面でストーリーを初めて、哀れのきちょうに基づいて創作したが、小説の最後には、希望が生ずる、山崎豊子の道徳観を表すとしている。

全贤淑、李美欣(2009)は日本の小説家山崎豊子の小説『白い巨塔』の中で、かんべきに人生の価値と人生の態度を表す、人類の道徳に深いに探索する、作品が日本社会の現実主義問題に深くて触れた、根が深くて容易に動揺しない階層を挑戦する、人間の本性のまいだに交流する、命を尊重することが永久な事柄を解明することを認めている。

李德纯(1999)は日本社会派の代表的な作家山崎豊子の作品の生ずる社会的と経済的バックや日本の文学を拡大することの関係を通じて、芸術の立派なことと現実を反映した印象深いとに客観的に分析した、山崎豊子は現実主義な創作の方法を堅持した、経済建設時、日本社会のかしを体現した、作品が思想の追求と実現することの以上に、生活の芸術を巻き込まれる可能性がある、山崎豊子の作品は人間の本性の関心を持ってと述べている。

郭旭红(2013)は有名な日本小説作家山崎豊子の小説『白い巨塔』の中で、現実主義の手法と鋭い筆鋒を使う、生き生きとして巨塔の下で日本社会の真実に人性を明らかに示し、社会の深い矛盾、命の意味を明らかに示

し、人々が現実社会の現象に考えることと探索を呼ばわる、作品の中で、人性の輝きと弱点と過去を振り返すこと三つを明らかに示し、作家が日本の時代に働かせることを表すとしている。

苏辛欣(2014)は山崎豊子の作品の中で愛と恨みと抗議するものと憤りと同情としんじんと意識全部がある、しかし、山崎豊子さんが現在社会人である、誠実である抗議する人にしても、彼女の作品に影響があると述べている。

以上の先行研究ではいずれも、山崎豊子の小説は社会から創作の素材を集めていだ、長い期間に社会に作用する。作品に通じて、山崎豊子さんは社会の「変」を探索する時の当時に人性の「良い」を求めている、冷酷な

「悪い」を捨てる。山崎豊子の小説の中で社会問題を反映する小説は大多数を占める、しかし、暗いものや消極的なものや落ちぶれるものなどは作品の主流ではない、読者は彼女の作品の中で揺るぎなき信念や逆境と闘うことなど積極的なものを大多数見える。本論は作家山崎豊子の道徳観を探っていくことにする。

2 概念規定及び、題材と収集方法

2 概念規定及び、題材と収集方法

「善良」は具体的な事物で、円満の構成で、具体的な事物の運動、行為や存在は社会と大多数の人に円満発展するこうとで、正面の意味と正価値がある、社会と大多数の人の生存と発展がようになる特殊な性質と能力で、人々は、具体的な物事に密着して、具体的な事物の影響を受けて過程の中で、判明具体的な事物の運動、行為や存在に自分の意思や意向を満たすために、完全に自分の生理と心理需要、産生したように美しい感じ後で、具体的な事物から「悪い」の相対的に抽象的なものや元実体を分解と抽出することである。

本論で題材にしたのは山崎豊子の作品『白い巨塔』である。作品の主役財前が教授になるために手段を選ばない最終の結局はがんを死するを描いたもの、修二は死んだ患者の家族を助けるために大学を離れても公理を選べているも の、財前の妻の父や教授などの人物の心理上の変化と性格の変化と話の変化を表すものが収集の対象としなかった。

収集の結果、山崎豊子に作品の中で、批判的リアリズムが多いになった。彼女の作品は勇敢に社会の現実的な問題に直面した、社会に暗黒面を分析した、そして、山崎豊子さんは現実主義作家の代表的な作家になった。社会問題を如実に描いていたことのために、山崎豊子さんはいつも日本の内外で創作の素材を集めていだ。彼女は人物を描く、自分の善を体現している。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接