从认知角度看言语误解——以日剧《沙希》为中心毕业论文_日语毕业论文

从认知角度看言语误解——以日剧《沙希》为中心毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

在现实生活中人类之间进行有效交流的途径是语言。然而言语交流往往伴随着误解,言语误解是影响交际效果的重要原因之一。

本文尝试用认知语言学的观点证明误解是指在具体的言语交际过程中,听话人对说话人表达的言语发生理解偏差的现象,它不是交际双方故意所为,也不是交际语本身有语法错误,而是双方对同一语句产生了不同理解。

误解产生的原因是错综复杂的,本文尝试以日剧《沙希》中的实例着手,探讨言语误解的分类和形成机制。言语误解可以从意义基准和理解结果基准两方面分类。语境信息缺省、认知图式差异、心理因素差异等都会造成误解的产生。另外,言语交际中有很多易和误解混淆的概念,将它们和误解区分开来也对研究言语误解有重要意义。

关键词:言语误解;认知图式;关联理论;沙希

目  次

はじめに 6

1. 先行研究 7

2. 概念規定および題材と収集方法 9

3. 言語誤解の分類および本論中の理論 10

3.1 言語誤解の分類 10

3.2 誤解と混同しやすい概念 13

3.3 本論に用いる原理 14

4. 言語誤解の実例分析--『サキ』を中心に 17

4.1 文脈情報不足から生まれる誤解 17

4.2 イメージスキーマ差異から生まれる誤解 17

4.3 心理要素差異から生まれる誤解 18

4.4 誤解と間違えやすい実例分析 20

5. 言語誤解が人間の交流に対する影響と避ける対策 22

5.1 言語誤解が人間の交流に与えた影響 22

5.2 言語誤解を避ける対策 22

終わりに 23

注釈 25

参考文献 26

はじめに

すでによく知られているように、誤解現象は日常生活に広くて存在する。誤解を生み出す原理を示してこそ、人々は言語誤解の認知を深めて、さらに、誤解を予防して、解消する方法を探すことができる。そして、人間はコミュニケーションする目的は相手の認知を変える。また、言語交際は話し手と聞き手の認知を基礎として、両方の認知文脈仮設を参加する過程である。つまり、認知語用論と認知心理学相関の知識を応用して、真実の言語資料を分析するのは誤解の分類、誤解産生の原因、誤解形成の深層の法則が分かることに助けられる。

本論は文献研究と事実観察を基づいて、ドラマ『サキ』を素材として、言語誤解の原因や産生原理を探し求めようとする。

  1.  場合:サキと祐樹がレストランで昼ご飯をする1

   サキ:おいくつ?

祐樹:33です。

サキ:えっ!あぁ…

祐樹:あぁ、お砂糖、二つで。

サキ:はい。私も33、同じ年です。

祐樹:そうなんですか。

本論ではこのような言語誤解はいったいどんな類型だか、どんな認知理論に合うのか、言語誤解の産生法則はどんなものかを分析して、結論を出すつもりである。

1. 先行研究

先行研究では、前の研究者の研究成果全般を取り上げることはあまりなく、認知言語学と言語誤解について、代表性がある理論は次のように示す。

山梨正明(2004)は、コミュニケーションの中の言葉は人間が具体的な環境に身をおき、環境との相互作用による身体的な経験を動機づけとして獲得してきた伝達の手段であり、言葉には、環境に働きかけ、環境と共振しながら世界を解釈していく主体の感性的な要因や身体性にかかわる要因に根ざす一般的な認知能力がさまざまな型で反映させていると述べている。

赵毅(1995)は、コミュニケーションの中でデコードのたびに、参画要素は語コード、文脈、理解者の三つの方面にほかならなく、語コードは言葉の多義ばかりか理解者を選択させることも多く、文脈のある特徴は交流の中で理解者を正しくない選択をさせて、理解者の心理側の認知はその文脈と語コードについての認識が誤りになることも多いとしている。

程雨民(1997)は、言語交流の中で誤解を生み出すそういうことがよくあり、あるいは話し手がはっきり言かなく、あるいは聞き手がうまく聞き取らなく、もしかすると話し手と聞き手両方の地域や文化背景などが違うから、相手が知らない言葉を使うのかもしれないことを認めている。

スペイン学者Y us Ramos(1998)は、ロジックに見ると話し手提供する話しは間違いがあり、語義においでも不確定で、つまり、言語理解について多種選択の可能性が与えて、聞き手の側は話し手の言葉に対して明示あるいは隠喩を考えなければならないので、誤解の空間があると述べている。

宗世海(2005)は、言語誤解を生み出すのは話し手の言葉と聞き手の心理要

素だからで、この2つの要因が同時に現れてこそ、誤解が起こり、この2つの要素は同時に現れるかぎり、誤解を形成することは必然であり、まず、言葉の要素は誤解の可能性を提供して、即ち、話し手が聞き手を誤らせる空間を殘して、次は聞き手の心理的な要素が誤解の発生を促すとしている。

以上の先行研究ではいずれも、意味標準を基づいて言語誤解を分類する。その中、赵毅(1995)と程雨民(1997)は一方で話し手の言葉、一方では両方の文化の違い、聞き手の意識あるいは会話の文脈が言語誤解を作ると思い。その上、赵毅(1995)は主に「コード モデル」から言語誤解の分析を進める。Y us Ramos(1998)と宗世海(2005)は関連理論を用いて、言語誤解は話し手が明示それとも隠喩を出し、聞き手がそういうことについて推理して、自然に誤解を発生すると考える。その間、Y us Ramos(1998)の長所は上手に関連理論を用いるが、誤解の分類と概念があまり広すぎていて、そして文章に数度「不解」と「誤解」を混同する。宗世海(2005)は関連理論をのぞいて、誤解を引き起こして心理根源も重点的に討論する。

言語交際は少なくとも二人を及び、兄弟でも性格は様々だと言うように、彼らの認知も違わなければならなく、そして、言語交際で誤解するのはありふれている。確かに、以上の先行研究は一定的な語用論の知識を運用するが、認知方面では足りないと思う。本論では関連性の原理と認知スキーマ原理を用いることで、言語誤解の産生原理を探っていくことにする。

2. 概念規定および題材と収集方法

2.1 概念規定

Humphrey (1986)が言語誤解は話し手が言い表わすつもりの内容と聞き手を思った表現した内容を違うので、両方の交際が失敗になることとしている。

本論で題材にしたのは、日本でいっぱいあるサスペンスドラマ『サキ』とその脚本である。本当に日本に生きていて、日本人の日常生活と会話を体験する機会がないので、現実を題材として作ったドラマの脚本を研究するのも大丈夫だと思う。脚本は劇作家に書かれたものであるが、現実の生活の再現でもあるから、認知側から研究しよう。

本論の主な理論はSperber&Wilson(1986)の関連理論とBartlett(1932)の認知スキーマ理論である。この二つの理論は認知語用学や認知心理学でとても重要な理論で、話し手は会話をして、聞き手がその意味を理解されることによって発生するものである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接