近现代中日两国女子教育比较研究毕业论文_日语毕业论文

近现代中日两国女子教育比较研究毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

随着人口老龄化的加剧,可以预见今后国家劳动力将急剧减少。充分发挥女性能力对于维持经济增长的作用越来越大。在‘确保劳动数量’这一大背景下,女性就业率提高引发了广大关注。女性受教育程度提高,是促进女性就业相关政策得以实施的重要原因。

关于女性就业到目前为止的研究,大都是从家庭的现实情况、男女间薪水差别待遇的问题、女性的工作意愿来分析的。但是本论文认为这些原因的存在还是因为人们还残留着

“男主外女主内”这一思想。产生这种思想的根源不就是教育吗。本人认为解决这些问题应该从所接受的教育开始改善,因此对女子教育怀有很大的兴趣。

十九世纪后半叶,日本开始正式引进西方各国的近代化教育系统。自此开始,日本的教育在短时间内得到飞速发展。中国的近现代教育也受到了日本很大的影响。本论文列举了中日两国女性生存现状、近代以来女子教育的变迁、两国女子教育的对比分析以及两国政府为保障女性更好工作所制定的政策,希望两国在女子教育问题上能互相参考借鉴。

与以前的研究不同,本论文利用大量的书籍期刊资料以及互联网数据对比分析来研究中日女子教育。

关键词:女子教育;中日;近代化;就业率

目 次

はじめに 1

  1. 先行研究 2
    1. 研究の意義 2
    2. 先行研究概観 3
    3. 研究の方法 4
  2. 中日女性の現状 5
    1. 日本の女性 5
    2. 中国の女性 10
  3. 近現代中日女子教育の変遷 16
    1. 日本女子教育の変遷 16
    2. 中国女性教育の変遷 23

4 中日女子教育の異同 31

    1. 中日女子教育の共通点 31
    2. 中日女子教育の相違点 38

5 両国の女性支援政策 46

    1. 日本の男女共同参画 46
    2. 中国の女性就業を促す政策 49

おわりに 53

参考文献 55

謝 辞 56

はじめに

人口減少が進み、それに伴って労働力人口も不足していく中で、どのように労働力を確保していくかという課題があり、男性に比べて就業率の低い子育て世代の女性の活用に焦点が当てられているのである。

周知のように日本の教育水準が高くはあるが、日本の高学歴女性の就業率は欧米など先進国の中で一番低い。日本の女性労働の特徴として、年齢別の労働力率の M 字型カーブがある。いままでそれについての研究は大体賃金が低く、職種に男女間で偏り、女性は男性に比べて断続的な働き方を呈するなどから分析してきたが、実は以上の問題が存在するのはまさに観念的に女は家庭を守るべきだという考え方があるからであり、その源は教育ではないかと思う。それに対して、中国の女性は夫と共働いたが、子育てへの影響、待機児童問題に関連している。女性の就業率の上昇にしたがい、様々な問題も起きている。

中日両国とも儒教の国であり、儒教の女子教育は女徳を重んじる。女性に対する蔑視や男尊女卑の考えは同じほど強い。しかし、近現代中日の学校教育で何を施しているのか。女性はどのような教育がされているのか、その教育はどのような結果を導いたのか、政府はどのような努力をしているのか、本論文では研究したいと考えている。

1 先行研究

研究の意義

一人一人の人間が、自らの意思に基づいて人生の選択と機会の幅を拡大させ、生産的かつ創造的な人生を開拓できるような環境を作ることである。自分は現在、中国に生まれ育った女性として自分の人生について考えることができる。しかし、まだ女性の高等教育に関する偏見は少なくなく、男性と比べ、改善されるべき点はあると思い、女性教育に興味を持つようになった。そして現在中国の女性は夫と共働いた、家庭や社会が女性への期待、要求も厳しくなり、そのプロセスの中で、子育てへの影響、待機児童問題など、様々な問題も起きている。このような問題を解決するため、女性がもっと独立し、幸せに生活できるために女性へのどの教育がされているのかと検討してみたい。

それに対して、現在日本の政府は男女共同参画を呼びかけて、女性の能力を十分に発揮できる職場を整備することに力を尽くし、女性の社会進出に期待している。周知のように日本の教育水準が高くはあるが、日本の高学歴女性の就業率は欧米など先進国の中で一番低い。日本の女性労働の特徴として、年齢別の労働力率のM字型カーブがある。いままでそれについての研究は大体賃金が低く、職種に男女間で偏り、女性は男性に比べて断続的な働き方を呈するなどから分析してきたが、実は以上の問題が存在するのはまさに観念的に女は家庭を守るべきだという考え方があるからであり、その源は教育ではないかと思う。

教育は両国の女性現状と関連しているのか、両国の政府は女性の就業促進

のためにどんな政策を作ったのか、本論文では論じたいと思っている。

先行研究概観

中日両国は女子教育と女性就労についての先行研究がそれぞれたくさんあるが、中日両国の女子教育のいくつかの違いについて比較的に論じる研究資料は多くない。日本において、女子教育と就労問題についての研究もう比較的に深刻である。その中で一番参考になった本は橘木俊あきの『現代女性の労働·結婚·子育て―少子化時代の女性活用政策』であり、この本は十本の論文からなっている。本書では、少子高齢化を迎えた日本の女性の取り巻く環境を明らかにし、女性がいきいきと働けるためにいかなる施策が必要か、各分野の専門家の提言を集めた本である。下田次郎の『女子教育』は女子の身体、心理、教育三編からなり、女子の身体と精神の特色を述べた後、女子教育について説いている日本で最初の女子の身体及び精神に関する系統的説述とされる。

国内はそれについての研究のたくさんある。2006年に出版された谷忠玉の

『中国近代女性観的演変与女子教育』は豊富な史料を集めて書かれている。作家は中国社会の転向期を背景として、女性観の変化と女性学校教育の関係を考察した。熊賢君の代表的な著作『中国女子教育史』は主に中国の古代から

20世紀中期まで、女子教育の発展と変遷、各時代の女子教育の方針政策、歴史文化及び組織形式を分析した。王慧荣の『近代日本女子教育研究』は史学、教育学など多学科研究の方法を運用して、大量の教育史料と統計データに基づいて、教育思想、政策、内容三面から女子教育の変遷を系統的に分析した。要するに、近年来少子高齢化にともない、中日女子教育についての研究も次第に両国の学界に注目され、一定の成果を得ているにもかかわらず、その成果は満足できるものとは言いかねる。女子教育と就労状況に関しての論述

はほとんどない、両国の女子教育の比較研究も少ない。

研究の方法

本論文は文献総合研究法を使い、文献と理論を結びつけて実証を出す。まず、両国の女子現状をそれぞれ紹介して、働く女性の現状を対照して分析した。次にたくさんの相関資料を利用して女子教育の変遷をを挙げた。そして、中日女子教育の異同を比較した。その後、両国政府の女性支援政策を例として挙げ、両国の女子教育に関して参考にできるところを検討したい。結果的には、女子教育が女性就業に影響しているということが了解した。

中日女性の現状

2.1 日本の女性

2.1.1 働く女性の状況

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接