从“送礼”看日本的民族文化毕业论文_日语毕业论文

从“送礼”看日本的民族文化毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

在当今社会生存,没有一个人会独立存在的,每个人都有自己的交际范围, 而送礼是重要的交际手段之一。送礼也是一种文化,而文化是生活中重要的组成部分。每个人送礼的方式不同也反应了一个人乃至一个民族的文化。日本是个出了名注重礼节的国家,在日本人的生活文化中,送礼占有相当重要的地位。所以关于日本人的送礼意识、方式和习惯等,屡屡被人们视为日本文化现象的特征之一。

本文从日本送礼风俗的起源和发展、中日送礼风俗的对比出发,详细论述了日本送礼风俗的特色以及其体现的民族文化。日本人集体意识强烈,送礼会照顾到集团中的每一个人,注重均一化和统一性。本文分析了日本送礼风俗中的包装和タブー、回礼习俗等,讲述了送礼的社会功能以及文化内涵。送礼是建立良好人际关系的润滑剂,是维护双方两项关系正常运行的重要形式。

关键词:送礼;风俗;回礼;禁忌

目 次

はじめに 1

  1. 研究の背景 2
    1. 日本贈答風俗の起源と発展 2
    2. 日中贈答行為の共通点 3
    3. 日中贈答行為の相違点 4
  2. 贈り物の特色 6
    1. 贈り物の方式 6
    2. 言葉での特色 7
    3. 贈り物の包装 8
    4. タブー 9
  3. 贈り物の目的と原因 11
    1. 日本の均一化と中国の功利化 11
    2. 義理と人情 12
    3. 贈り物の社会効能と社会原因 14

おわりに 17

参考文献 18

謝 辞 19

はじめに

今の社会に、一人で独立的に生存するのは無理で、誰も自分の人間関係を持っている。贈り物は人間関係を維持する重要な手段である。贈り物も文化の一種であり、文化は生活における重要な組み合わせの部分である。感情を伝えることや、人間関係を調和すること、お互いにの連帯を強めることに大きいに役に立つ社会習慣の一つだと思われる。

それゆえに、贈答文化の研究を通じ、ある社会環境の中の人間関係を維持する規則、文化的な心理や意識などを知ることができる。贈り物の方式において一人或いは民族の文化を反映している。日本は有名な礼儀を重視する国家で、日本人の生活文化において、贈り物が相当的に重要な位置を占める。日本人の贈り物意識、方式と習慣などは日本文化の特色の一つだと認められる。

日本人の贈り物風俗を了解するのは我が国が国際の舞台にもっとよく国際交流をすることに有利である。そのために、国内と海外の学者ももっと日本の贈り物風俗についての研究を重視する。国内と海外の教育研究者は自分の実践を通して、いろいろな日本の贈り物風俗についての論文を発表した。その中に、日本人の贈り物方式についての文化分析がある。例えば、「定式化」及び「礼は往来を尊ぶ」などの贈り物方式についての論文。意識分野での論文もある。例えば、日本人の贈り物危機意識を提出することなど。ご周知のように、日本人の贈り物方式は独特な文化及び心理要因を持っている。本論は日本人の贈り物風俗が日本民族文化への影響について述べていく。

1 研究の背景

日本贈答風俗の起源と発展

日本の民俗学者柳田国男は日本の祭祀中に使った特定的な食物への考察を通して、日本の贈り物風俗の起源を提出した。柳田国男1は『民間伝承論』のなかで最初に贈答を習俗として研究し、その意義を明らかにした。最初に、人間は神と一緒に食物を楽しむために、祭祀儀式の終わりに、神に奉仕した食物を親戚と友達と隣に配って一緒に楽しむ。その後に、民族学者和歌森太郎2は柳田国男の理論を集め、発展し、贈り物が「同じ鍋での煮るものを一緒に食べる」という意味を含めている。日本人は盛大な祭りに使った食物を贈り物として他人に送ることが好きである。いつも祭祀に参加しない人たちにそれらの食物を送るので、贈り物風俗はいつも人間関係を維持する作用を持っている。「人間と神が一緒に食べる」という目的を実現するために、出現した贈り物風俗は宗教意義を含めるだけでなく、人間関係を強化できる作用もある。

明治時期に入ってから、工業化の発展につれて、人間は東京と大阪などの大都市に集中した。人間の交流の増加に従って、贈答活動の規模も拡大始めた。特に大きな商場の出現は人間の贈答行為に便利を提供した。直接に商店から一番流行っている贈り物の商品を購入できる。明治末期と大正時代に、各地の大商場はもっと多くの顧客を吸引するために、賢明にいろいろな策略を考え、強

1 柳田国男 1875 年(明治 8 年)7 月 31 日 – 1962 年(昭和 37 年)8 月 8 日)は、日本の民俗学者・官僚。現在の兵庫県神崎郡福崎町生まれで、最晩年に名誉町民第 1 号となった。没後に正三位勲一等。

2 和歌森太郎 1915 年(大正 4 年)6 月 13 日 – 1977 年(昭和 52 年)4 月 7 日)は日本の歴史学者、民俗学者。東京教育大学名誉教授。専門は日本の民衆史・修験道史。

烈な競争を展開した。贈り物を贈る時、相手との関係及び社会での人情標準を考慮始めた。近代社会に入った後、都市化と工業化の早速的な発展につれて、人間の間の連絡が減少して、どうほかの人と良い人間関係を維持するのは難点になってくる。そんな状況に、人間関係についての書籍は出た。いまでも、そんな書籍を贈り物の参考としている。

日中贈答行為の共通点

まず、日中における贈答行為に、贈り物をもらう方は贈り物をもらった後に返礼する。伝統的な贈答風俗や贈答習慣から見ると、両国の贈答文化はいくつかの共通点がある。例えば、日本では、人々が観光や主張などで地方へ行ってから、現地の名産を親友と同僚たちに贈ることが普通である。この点において中国と日本はたいてい同じである。日本で、「礼は往来を尊ぶ」の贈り物の方式は徹底的に体現される。それはもらう方の反応に検証される。日本人は贈り物をもらう時、感謝の気持ちを表すことが言うまでもなく、これからの会いにもまた感謝する。

もちろん、ちょうど良い時期に返礼することも基本的な礼儀である。返礼の量はたいてい相手からの贈り物に相当することが基本的な規則の一つである。それに、中国でも、重要な祝い日に、友たちと親戚の間に、お互いに贈り物を送って祝いの気持ちを表す。

それに、日中における贈答行為に、贈り物と賄賂を区別にくいという難点はある。日本では、お中元、お歳暮になり、社内に大量的な贈り物の現象は出現する。精緻的に包装された贈り物は一体普通に人間関係のために贈るかそれともある目的を実現するために賄賂した証拠であるか区別にくい。同様に、中国

でも、中秋祭と春節などの伝統的な祝い日に贈り物を送る人は数えないほど多い。どういう目的で相手に贈り物を送るのはわかりにくい。

日中贈答行為の相違点

まず、贈り物方式が異なる。日本人の集団意識が強くて、贈り物にも均一化に重視して、集団にある人をすべて考慮する。旅行から帰ったら、あるいは新しい家に引っ越したら、同じ贈り物を周りの同僚あるいは隣に送る。贈り物はそんなに高くないが、贈り物の統一性に重視する。逆に、中国には自分と関係がよい人――親戚と友達などに贈り物を送る。旅行から帰っても、周りの人に贈り物を贈る習慣はない。

それに、包装が異なる。日本人は贈り物の包装に重視して、どんな贈り物でも、綺麗に包装しなければならない。綺麗に包装された贈り物をもらったら、高く見えるが、包装を開いて、タオルあるいはカップなどの実用的な日常用品を見つけるかも知れない。きれいな包装での水引の結び方も特殊的な意義がある。逆に、中国の贈り物風俗に、包装にそんなに重視していないが、贈り物の選択に力を注ぐ。いつも、値段が高い飾品などを贈る。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接