从中日传统服饰看中日审美观的差异——以旗袍与和服为例毕业论文_日语毕业论文

从中日传统服饰看中日审美观的差异——以旗袍与和服为例毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

服装是人类社会发展水平的重要标志。而各国的传统式服装更是展现了各国民族悠久历史发展中的民族审美观。中日两国紧邻,自古以来文化交流频繁,但形成的文化意识形态具有各自的特色,其中旗袍是具有代表中国传统服装特色的、服饰代表性的是极力体现东方女性曲线美的一种服饰;和服是经我国隋唐时期服饰传至日本,并在此基础上得以发展演变而来的。因此,从旗袍与和服形成来看, 可以折射出中日两国不同的文化内涵。本研究在国内外研究基础上, 首先对中日两国最具代表性的服饰— 旗袍与和服进行各自的起源、发展、种类及特征等 历时性概述, 再围绕 共时性方面对中日传统服饰— 旗袍与和服进行研究与比较,最后通过共时性方面的比较可以更清晰地理解和把握审美意识的差异性及分析该差异性,从而总结归纳产生差异性的原因。

关键词:旗袍;和服;审美观;差异

目 次

はじめに 1

  1. チャイナドレスと着物の概要 2
    1. チャイナドレスの起源と発展 2
    2. 着物の起源と発展 3
  2. チャイナドレスと着物の共時性についての比較 4
    1. 服飾の色彩の比較 4
    2. 服飾の構造の比較 5
    3. 服飾の図案の比較 6
    4. 服飾の飾りの比較 6
    5. チャイナドレスと着物の比較分析 7
  3. 中日両国審美観における差異の分析 9
    1. 歴史背景について 9
    2. 地理環境について 9
    3. 国民性格について 10

おわりに 11

参考文献 12

謝 辞 13

はじめに

チャイナドレスは中華民族を代表できる中国の伝統的な特色を持つ服装であり、東アジアの女性美を最も体現できる古典的な服装である。それに対して、着物は呉服から生まれ変わって、大和民族の精神を最も反映できる日本伝統的な服装である。和服とチャイナドレスはある程度に両民族の異なった文化を体験することができると思われる。本研究は着物及びチャイナドレスの歴史性と共時性における分析と比較を通じて、和服とチャイナドレスの発展と変化の過程をはっきりさせて、それぞれの審美意識を分析する。

本研究は中日の伝統服装の和服とチャイナドレスの研究を通じて、両国の民族芸術の長い歴史と深い学識を掲示する。それにより、豊かで輝いている民族装飾芸術と美学の思想をもっと多くの人に伝わり、芸術設計と創作に従事する専門家及び現代の人々が民族の伝統的な装飾芸術に有益な養分を吸収する機会を与える。本土の現代芸術デザインの創造及び審美文化の伝承と展延にも利点があると思われる。

1 チャイナドレスと着物の概要

チャイナドレスの起源と発展

チャイナドレスは中国語で「旗袍」というが、「袍」とは、肩から足まで繋がるワンピースのことである。チャイナドレスは清の時代の旗人という清朝の人たちの衣裳に起源しているため、「旗袍」という名前になったわけである。その後改善と改良がなされ、スタイルの美しい中国女性の伝統服飾になったのである。

      1. 清の時代

清の時代のチャイナドレスは丸い襟があり袖口が少々きつめ、上下が直線的に裁断され、両側と四方にスリットがあり、全体的にゆったりしている。この服飾は素朴で、生地の図案が自由で色合いは薄いものが中心で、優雅の風格が漂う。後に満族文化と漢族文化の影響を受け、様式が大きく変わった。襟がハイネックになり、袖口のきつさがなくされ、材質は絹織物が中心になり、襟や袖などの部分にレースが飾られるようになった。だが、全体的なスタイルとデザイン特徴に大きな変動がなかった。

      1. 民国時代

民国初期では、新型のチャイナドレスが民間に流行ったが、デザインは清の時代とほとんど変わりがなく、袖口がひじ下にあり比較的大きい。

20 世紀 20 年代になると、西側服装の影響で、チャイナドレスの全体に緊縮し、女性の体にフィットするような傾向が見られ、シンプルなものが流行した。

20 世紀 30、40 年代では、西側裁縫技術が導入され、チャイナドレスのスタイルがより身体の曲線を強調するようになり、様式も多様化した。襟が首をくるみ、袖が短くなり、種類も長袖、半袖、袖なしなどがある。チャイナドレスの発展が成熟した段階に入ったのである。

      1. 新中国時代

新中国成立後から改革開放までの時期では、政治的な原因により、チャイナドレスが人々の生活から消えたが、改革開放政策を実施した後、思想と文化もオープンになり、中国伝統服飾を代表するチャイナドレスももう一度流行しはじめた。この時代のチャイナドレスは伝統的な味わいと現代的な審美観が融合

された。個性主張が強く、ファッション的要素が取り入れられ、結婚式や宴会などの場面に多用される。

着物の起源と発展

着物は紀元 3 世紀に起源し、早期の着物は生地の真ん中に穴を開け、頭が穴をくぐればいいとい非常にシンプルなものだった。着物の発展は奈良時代、平安時代、室町時代と江戸時代を経た。

      1. 奈良時代

日本の奈良時代は中国の唐代と同じ時期である。中日両国の文化交流が非常に緊密だったため、着物も中国服飾の影響を受けた。袖が広く、V 字型の襟、上着にボタンがなく、腰にベルトで結ぶなどが特徴。全体的に言えば、シンプルで質素であった。

      1. 平安時代

平安時代の服装は、中国文化による影響が薄くなり、当時の着物の生地が高級になり、裁縫技術も大きく発展した。色も多様化し、袖が一層広くなり、9、

10 世紀になると、袖はズボンとほぼ同じ広さになった。

      1. 室町時代

この時代の着物は日本武士道1文化の影響を受け、スタイルが相対的にシンプルとなり、実用性が重視された。袖口がきつめ、苗字で服に模様が印字されることが特徴であった。

      1. 江戸時代

この時代では、着物は庶民の家庭でも着るようになった。袖の形が近現代になり、着物発展のピークに達した。着物のスタイルとデザインが基本的に決まった。その後の明治時代では、江戸時代の特徴を基本的に受け継いだ。

1 武士道は、江戸時代、徳川幕府による士農工商と呼ばれる日本独特の身分制度に由来する。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接