从中日园林文化差异的视角来看中国皇家园林与日式庭院的不同——以“颐和园“和”龙安寺“为例毕业论文_日语毕业论文

从中日园林文化差异的视角来看中国皇家园林与日式庭院的不同——以“颐和园“和”龙安寺“为例毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

本文对中国皇家园林“颐和园”与日式庭院“龙安寺”这两者进行了分析。“颐和园”和“龙安寺”之间有很多差异。从两者之间的差异中,理解中日园林文化之间的不同。

颐和园位于中国的北方,这儿是封建帝王和皇室享乐的场所。颐和园优雅庄重,雄伟宏大。全园有很多建筑,园内分为政治、生活、游览三个部分。颐和园是表现了人类创造才能的杰作。它是皇家园林的佳作,是中国古代造园艺人勤劳与智慧的结晶,具有很高的艺术价值。龙安寺作为“京都文化财产”是世界文化遗产。而且,龙安寺是日本枯山水庭院的典型代表。枯山水庭院是日本有名的庭院建筑,枯山水风格则是日本庭院的典型风格。龙安寺内的景观全部与枯山水风格相协调,不仅表现了典型的禅宗美学,还反映了日本民族特有的审美情趣。

通过研究比较中国皇家园林“颐和园”与日式庭院“龙安寺” 各自的特点及建筑深层所蕴含的不同的文化,从中日园林文化差异的视角发现它们的区别,显示出中日文化的异元素。通过从园林设计的视角,分析不同的艺术形式,发现其中蕴含的园林审美差异。这样可以帮助我们更好的了解中日不同的文化元素,更加深刻地掌握中日园林文化间的差异。

关键词:颐和园;龙安寺;园林文化;差异

目 次

はじめに 1

  1. 中国の皇室の庭園「頤和園」の背景と特徴 2
    1. 中国の皇室の庭園「頤和園」の背景 2
    2. 「頤和園」の建物のスタイル 3
    3. 中日の庭園文化の視点から「頤和園」の構造への分析 4
  2. 日本の庭園「竜安寺」の背景と特徴 6
    1. 日本の庭園「竜安寺」の背景 6
    2. 「竜安寺」の建物のスタイル 8
    3. 中日の庭園文化の視点から「竜安寺」の構造への分析 8

3「頤和園」と「竜安寺」の比較 10

    1. 「頤和園」と「竜安寺」の背景への比較 10
    2. 中日の庭園文化の視点から区別への分析 10

おわりに 12

参考文献 13

謝 辞 14

はじめに

本研究は中国の皇室の庭園「頤和園」と日本の庭園「竜安寺」について研究する。頤和園は北京の西北の近郊に位置し、ここは封建的な王、皇室の享楽の所だ。頤和園の建物の発展の過程から、皇室の庭園の中で、古代の中国人の審美の特徴の庭園を表現する。竜安寺は、京都府京都市右京区にある臨済宗妙心寺派の寺院だ。日本の枯山水の庭園の典型的な代表だ。彼は典型的な禅宗の美学の思想を表現し、同時に日本の特有な民族の審美の意図を反映する。

「頤和園」と「竜安寺」には差異がある。両者の差異から、中日の庭園の区別を発見する。これらの区別を通じて、中国と日本の文化が異要素を表す。そして、異なる芸術形式を分析して、中日の庭園の文化の差異を把握する。

1 中国の皇室の庭園「頤和園」の背景と特徴

中国の皇室の庭園「頤和園」の背景

頤和園は中国の現存する最大規模、もっとも完全な皇室の庭園を保存して、中国四大名園(もう三つを承徳の避暑山荘、蘇州の拙政園、蘇州の留園)中の一つ、皇室庭園博物館だと誉められる。頤和園は北京の西北の近郊に位置し、北京の市街区 15 キロメートルに離れる。昆明湖、万寿山を利用する基準で、杭州西湖の景色を底本にして、一つの大型の天然山水園を設計する。もっとも完全な一つの皇室の御苑を保存するで、敷地面積は約 290 ヘクタールだ。頤和園は昔の封建帝王の離宮と花園で、西暦 1153 年、金朝の海陵王は頤和園内の香山、玉泉山に金山行宮を設置する。西暦 1494 年、明代の弘治帝の乳母は瓮山前に園静寺を建立する。明代の正徳帝は湖畔に行宮を建設して、「好山園」を命名する。西暦 1764 年、清代の乾隆帝は洋銀 480 余万両の費用を費やした清漪園を完成している。園内の中で、たくさんの亭と楼閣を建造して、山水の景観が美しくて、建物が華麗で壮大だ。西暦 1860 年、第二次アヘン戦争で英仏の軍隊は宝物を強奪して、庭園を焼却する。たくさんの建物は廃墟になる。その後庭園は再建され「頤和園」と改称して、離宮とされた西太后の避暑地に利用される。西暦 1900 年、義和団の乱を鎮圧すべく出兵した八ヶ国連合軍の一部により破壊を受けたが、西暦 1902 年に修復されている。数百年間、ここは封建的な王、皇室の享楽の所だ。西暦 1953 年以来、頤和園は公園となり一般開放されている。

頤和園は万寿山、昆明湖の 2 部分を含んで、園内中で山水が優美で、建物が

雄壮偉大だ。全園には各式の建物の 3000 数がいて、園内で配置は政治、生活、遊覧の三つの部分に分けることができる。政治の活動区域で、仁寿段を中心にして、昔に西太後と光緒皇帝は公務を処理する場所だ。生活の居住区域で、玉澜堂、宜芸館、乐寿堂を主体にして、西太後や光緒皇帝や後妃の居住する所だ。風景の遊覧区域で、万寿山と昆明湖を主にとして、全園の主要な構成部分だ。

世界の古典の庭園の中で、頤和園の栄誉が高くて、構成が調和して、渾然一体となる。60 メートルの万寿山の前山の中央で、縦方向が低くて高いから列雲門、排云株、徳輝殿、佛香阁、知恵海などの建物に並んで、山の而立に従って、

次第に昇進して、気風が雄壮偉大だ。高くて大きい仏香閣を主体にして、全園の中心線を形成する。全園の総面積 4 分の 3 の昆明湖を占めて、湖水は澄みきっていて青緑で、景色が心地良い。広大な湖面の上で、飾りを添える三つの小島があって、その主要な景物は西堤、西堤六橋、東堤、南湖島、七孔橋など。この景色が精巧で華麗で、園中で有名な水上の建物だ。後山と後湖には、青竹があって、景色が静かで趣があって、いたるところ松林の曲がりくねった小道で、小川に橋がかかっている。風格と前山がまるきり違う。ふもとの下の蘇州河、曲がりくねって続いて、時狭い時が広くて、江南の特色を完備する。岸辺の林の茂みの中で、建てて多宝瑠璃の塔がある。蘇州街のもとは宮内の民間の商店街で、そして現在すでに修復したのが遊覧客に向って開放的だ。景観が独特で、山を背に川に臨む。きらびやかな頤和園、中国造園の高い芸術のレベルを体現している。西暦 1998 年、ユネスコの世界遺産に登録する。頤和園は人類の創造的才能を表現する傑作だ。ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築や技術や都市計画や景観デザインなどの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すものだ。頤和園は現存するまたは消滅した文化的な伝統だ。

「頤和園」の建物のスタイル

中国では、庭園の建築芸術が悠久の伝統があって、世界造園の芸術で中で、独自のスタイルがある。頤和園は皇室の庭園の佳作で、それは中国古代造園の職人の苦労と知恵が凝集して、創造して高い芸術を完備する庭園がある。頤和園の建築の風格という四つの方面を含む。

①環境と調和する

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接