关于和服与旗袍的比较毕业论文_日语毕业论文

关于和服与旗袍的比较毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

服饰既是文化的产物,也是文化的载体。和服与旗袍虽然出现的时间不同,但都是日中两国审美形象的代表,充分表现了两国女性特有的美。

通过对比女性的和服和旗袍,历数两者发展历程、从构造、色彩图案、附带品三个方面着手对两者进行比较,深层次探讨差异产生的原因,揭示出地理气候环境、历史条件、审美观念的不同孕育了各具特色的民族服饰。

在对比中发现,日本独特的地理环境、日本人的善于表现,以及余裕的审美观是和服经久不衰的重要原因,接下来从国家自强创造不被侵扰的外部环境、培养专门人才实现表现内容与表现形式相统一,以及东西结合实现审美多元化三个方面做出建议,希望旗袍成为独特的历史符号。

关键词:和服;旗袍;文化;传承

目  次

はじめに 1

1 和服とチャイナドレスの発展過程 3

1.1 和服の発展過程 3

1.2 チャイナドレスの発展過程 4

2 和服とチャイナドレスの外形の比較 6

2.1 構造の比較 6

2.2 色彩、図案の比較 8

2.3 付属品の比較 9

3 外形相違の原因 11

3.1 地理、気候環境の異同 11

3.2 歴史文化の異同 12

3.3 美意識の異同 13

4 チャイナドレスの未来発展 14

4.1 和服の伝承できる原因の分析 14

4.2 チャイナドレスの未来発展への提案 15

おわりに 16

参考文献 17

謝  辞 18

はじめに

服飾は文明の産物であり、人類文化の運び手でもある。人類の物質的な生活に満足するだけでなく、構造、色彩、図案、紋様、付属品は自国の思想観念、美意識を反映することもできる。和服とチャイナドレスの出現時間が違うが、自国の女性の特有の美しさを十分に呈することである。

和服は唐朝に呉地域の服を日本へ広がって、日本の特有な美意識と融合し日本民族の生活に合う服装に発展しつつある。江戸時代に、小袖の発展は盛んになり、今の和服とほぼ同じで、簡易な和服と考えられる。何重にも重なって、頭から脚部まで装飾品を飾る和服は日本人の含蓄、拘束、穏やかさを追求する美意識を呈する。季節につれて変化している色彩図案は自然を畏敬して、親近する心を反映する。

チャイナドレスは清朝以前の満族のガウンから生まれる。1929年の民国に、「国服」と確定される。20世紀30、40年代、全盛期を過ぎると、特に50、60年代以来、大陸に冷遇されるが、80年代に至って、チャイナドレスの美しさは改めて人目に立つ。けれど、経済条件、着る人の資質、社会環境の制限で、二度と流行できなくなる。かえってホテル、レストランで制服として普及される。改良されたチャイナドレスは素朴で、体の曲線を強調し、東方の女性の体形の優美を展示するだけでなく、優雅、高貴、自然の美しさの美意識も反映する。チャイナドレスは主に赤色、黄色などの鮮明な色彩及び竜、鳳凰などの瑞祥を使用する。

魏奈さん、蔣翔曇さんは「中日両国伝統的な服飾文化間の違いの分析」において、造り、色彩、場合という三つの方面から中日両国の地理環境、生活方式及び考え方の相違点をまとめる。閻彩尼さんは「チャイナドレスと和服との文化の比較について」において、両者の発展変化から中日の民族交流の相違点をまとめる。

和服が日本の最も代表的な服飾のは当然であるが、中国では、どうしてチャイナドレスを代表的な服飾とするのかというと、漢服に比べて、チャイナドレスは現代の人々の美意識にぴったり合うからである。カンヌ国際映画祭では、チャンツィイー、ファンビンビン等の女優がチャイドレスを着て、東方の女性の美しさを十分に呈する。他方、実行可能性という点からみれば、漢服はだぶだぶで複雑であり、簡単で素朴なチャイナドレスは現代の生活にさらに適応できる。そのため、ここで、チャイナドレスを中国の最も代表的な服飾として和服と比較する。

自国の最も代表的な服飾として、和服とチャイナドレスは外形が相違である原因はいったい何なのか?筆者は構造、色彩図案、付属品から比較し、それに、それぞれの地理環境、歴史条件、美意識などといった三つの方面から異同を研究してみたい。

きれいで魅力的な服飾として、和服は長い歴史を経て、今、日本人の生活において重要な地位を占める。チャイナドレスは中国で多くの女性の日常生活から離れ、教科書、博物館の記号にすぎない。筆者は和服の発展を分析し、さらにチャイナドレスの発展へ些かな意見を提案してみたい。

1 和服とチャイナドレスの発展過程

1.1 和服の発展過程

和服は日本における伝統的な服装で、「着物」(きもの)と言われる。着物は、本来「着るもの」の意味である。

昔の時、女性は「貫頭衣」というものを着付ける。布の真ん中に頭の通る穴をあけて、今の雨がっぱのような服装である。これは和服の原型である。

飛鳥時代と奈良時代、中国の文化や技術を導入することを重視するので、呉の服が日本へ引き込まれる。朝廷で礼服として定められる。和服は呉服とも呼ばれる。

平安時代、遣唐使の制度を廃止し、中国の文化の影響を離れ日本の特有な美意識と融合し日本の民族自分自身の服装に発展しつつある。

鎌倉时代、中央の公家政権[1]と関东の武家政権[2]が并立する。簡易な武家の生活方式を提唱したために、女性の服装も簡易化になる。

平安時代、貴族の服装の内衣とした小袖は、服装が簡易化するにつれて、簡潔のようになる。

江戸時代になって、庶民の文化として小袖が盛んになる。帯結びや組みひもが発達し、帯を後ろで結ぶようになる。こんな時の小袖は今の和服とほぼ同じで、簡易な和服と考える。

明治時代、洋服は急速に日本人の生活に入る。けれども、今でも結婚式、卒業式及び葬式などの正式な場合で、和服は第一位の選択として着付けられる。三月三日のひな祭り、五月五日の鯉のぼり、七五三[3]の時、子供に晴れ着を着せ、彼らにお祝いを祈り、神社に詣でる。満二十歳になった女性は振袖[4]を着て成人式に参加する習慣がある。

1.2 チャイナドレスの発展過程

チャイナドレスは広義と狭義の二つの意味がある。広義のチャイナドレスは清朝の満族の女性のガウン、民国チャイナドレス、経典チャイナドレスの三つの過程を含む。(ある学者はチャイドレスが漢民族のほうから始まると思う。)狭義のチャイナドレスは胴着と文明新装の特点を融合し20世紀30年代から始まり、30、40年代盛んになった民国チャイナドレス及び民国以来民国チャイナドレスの特徴をほとんど保持しているチャイナドレスを指す。

満族は八種色の軍旗に分かれ、八旗と言われ、「旗の人」とも言われるから、「旗袍」と呼ばれるようになるだろう。

清朝以前、満族は東北長白山一帯に生活し、主に遊牧をして生計を立て、馬術とアーチェリーを重視する生活方式と寒い気候に適応するために、ガウン全体は狭くて小さく、袖口がきつく、修飾が簡単である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接