日本收纳文化以及对中国的启示毕业论文_日语毕业论文

日本收纳文化以及对中国的启示毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

日本人对于空间和资源的利用,他们的整理和收纳在世界是享有盛誉的。收纳物品,整理空间,在日本已经形成一套完整的体系。日本式的收纳以及对空间的巧妙利用让人惊叹。这种收纳文化在日本的形成是因为什么样的现实原因和历史背景?日本式的收纳具有什么特征?对日本和世界带来了怎么样的影响?

本研究从行五个方面对日本收纳文化的形成进行说明,同时分析了日本收纳文化的影响。总结整理日本收纳达人的收纳方法,形成中国目前的收纳的参考。

日本人通过对空间和物品的整理收纳艺术,上升到人生的整理术。从物品整理术上升到人生整理术。

关键词:收纳 ;整理;传承;断舍离

目  次

はじめに 1

1 日本収納文化の伝承と影響 3

1.1 収納文化の伝承 3

1.2 収納文化的影響 4

2 日本収納文化形成原因 7

2.1 気候の悪さ 7

2.3 真面目な態度 8

2.4 「縮小」の社会意識 8

3 日本収納達人と理念 10

3.1 近藤麻理恵の収納 10

3.2 山下英子の「断捨離」 11

4 中国収納現状と発展願望 13

4.1 中国の収納現状 13

4.2 中国の収納発展願望 13

おわりに 15

参考文献 16

謝  辞 17

はじめに

収納、その名の示すとおりにものを整理収納して、放置する。普通に、いろいろなものを出して使う。使ってからまた元の場所にする。元の場所にすることがそもそも整理収納であると言える。

 日本の特別な収納整理術は文化であると言える。世界で大きな人気を集めて、深いイメージを及ぼしている。ゴミの分別、ホテル、旅館など空間の有効利用から見れば、それぞれの方面で日本式の収納及び空間を巧みに利用することは人を感嘆させずにはおかない。収納文化が歳月とともに積み重ねて、日本人の日常生活から芽生えている。日本の整理収納術は空間と資源を十分に利用することと言える。整理収納によると、居住空間を住み心地にさせていて、生活もいっそう便利で、高効率になることができる。日本の収納文化は世界で非常に有名なので、人が書籍とテレビバングで日本の整理収納文化を身に付ける。

日本の収納文化についての研究は、日本国内にも中国にもいっぱいがある。日本国内で収納の方法について色々な本がある。収納達人が生活経験から完整な収納整理方法をまとめて、本を作った。中国で、日本の収納文化についての研究は主に、日本収納文化の形成原因や収納の特色などに研究した。中国の張穎が「中日収納文化比較研究について」[1]の論文で、日本人が収納を重視するの原因及び中日収納の違うところについて研究した。日本の地理環境、人口、資源から日本人の性格などまで五っつの方面で収納整理を大切する原因を分析した。日本の収納達人が普段の生活経験から収納整理方法を締めくくって本で経験をみんなに分かち合うことになった。近藤麻理恵さんが「人生がときめく片付けの魔法」[2]で典型的、実用的な収納術を紹介する。最近、山下英子さんの「断捨離」[3]整理収納理念が大ヒットである。断捨離はただのものの収納術ではなく、断捨離は心の執念を手放する態度、自分を執念から解放する哲学である。本研究中で、四つの方法で日本収納文化が形成したの原因を研究したい。地理、気候、日本人の性格及び社会意識方面で研究したい。日本収納文化の伝承及び影響について研究し、日本収納達人の収納方法及び理念を研究する。それで、中国の収納現状を分析し、中国収納の経験になると思う。

1 日本収納文化の伝承と影響

1.1 収納文化の伝承

 古代の風呂敷[4]から今の様々な収納用品まで、日本の収納文化の発展と伝承は収納用品に体現すると言える。今、無印良品は日本の有名なブランドである。文房具や衣類やスキンケア用品などの製品があって、収納用品もとても有名である。いろいろな収納用品が発明されて、収納のブームもますます盛んになっている。無印良品の収納用品は様々な種類がある。美しく収納するために、小物類の利点を利用する。例えば、ポリプロピレン衣装ケース、ポリプロピレンクローゼットケース、ポリプロピレンボックス、天然素材の収納用品、ラタン収納用品、硬質パルプ収納用品などいろいろある。生活用のものをとても詳しく分別して、対応な収納用品を生産する。価格は500円から10000まである。無印は世界でいろいろな店舗がある。

 収納文化が益々盛んになると共に、いろいろ収納クラスや、整理収納の講座が開かれている。参加者は家庭主婦だけでなく、女子学生や会社員やお年寄りもいる。ネットで検索して、いろいろな有名な収納が得意な収納アドバイザーがブログで収納についていろいろ教えている。ヤッフーで収納ブログのランキングもある。草間雅子の美的収納ブログも大ヒットである。ネットでセミナーの時間や場所を知らせて、収納について興味がある人を募集している。問題点、作業の手順、ゴールプランそして具体的なアドバイスを行う。

1.2 収納文化的影響

 収納は機械化のことではない。原則はあるが、各人の状況によって変わる。収納することは楽しいことで、各人の好みによって収納方法が作られる。まず、頭の中での先入観を捨てて、収納の原則を守る。収納の原則を守って一回整理した後、自分の好みによって詳しいところを調整して、自分なりの収納コツを見つける。こうして、収納ということ自身が楽しくなり、収納の全体を早めに完成できる。収納の過程を楽しむ人は本当の人生勝者である。

 整理収納することで人間関係を調整する。収納することのおかげで、家族や恋人や友達との関係も良くなった。多くの日本人は家族と一緒に写真を収納して、家族関係も良くなった。適当な時間を選んで、写真を取り出して家族全員で過去を回想するのも楽しいことである。それに、多くの人は収納することを上手く出来たあと、恋愛関係も良くなった。収納が苦手な缺点を克服した後、もっと自信になり、恋愛に対する態度も良くなった。部屋がきれいになり、彼氏の態度も良くなって、彼氏にプロポーズだれた人もいる。反するに、収納した後、不適当な相手と別れた人もいる。要するに、収納ということは人間関係を調整する効能もある。

 本当の人生は収納の後から始まる。収納は一生の仕事を執着している人がいる。こうゆう考え方は早く捨てたほうがよい。収納することはできるだけ早めに完成したほうがいい。なぜならば、収納は人生の目的ではないからである。収納することは「一回だけ、短期的に、完全的に」[5]完成できることである。「残るかどうか」と「残るものを大切にする」だけあって、一回で徹底的に収納して、生涯に自分がときめく物の取り込みで生活できる。本当の人生は本当の人生は収納の後から始まって変わる。

収納についての書籍が次々と出版さてる。中国ではいろいろ収納についての本が出版された。まず、山下英子の「断捨離」は中国では多くの人に読まれている。経済の発展とともに、中国人の生活レベルも高めている。「断捨離」という精神は多くの中国人に崇拝されている。「断捨離」という本が出版されただけでなく、「断捨離」に関する「知日」という雑誌も出版された。収納術に関する本も数多く中国で出版された。例えば、近藤麻理恵さんの「人生がときめく片付けの魔法」と「人生がときめく片付けの魔法2」という本が中国語の版も出版されて、大ヒットである。特に、主婦の間にこの本が紹介する収納術はとても流行っている。中国版だけでなく、英語版の書籍も数多く出版される。世界中で収納文化が流行っている。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接