中日家庭教育对比研究毕业论文_日语毕业论文

中日家庭教育对比研究毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

为了了解中日家庭教育的不同之处,本文通过比较的方法对中日的家庭教育进行了对比研究。

  1. ,主要研究中日家庭教育的历程,对中国和日本的家庭教育的发展进行了简单的介绍,并且进行了对比。
  2. ,主要研究中日家庭教育的现状,分别研究了中国和日本在家庭教育的核心理念上的差异,以及各自的不足之处,并且进行了对比。
  3. ,主要研究中日的家庭教育产生差异的原因,从社会文化和家庭成员的教育水平进行了分析。
  4. ,主要总结中日家庭教育的优缺点,分析了中日可以相互学习之处,并期望今后中日可以在家庭教育方面有更多的交流,中日双方可以共同发展。希望通过对中日家庭教育的比较研究,可以对中国家庭教育的发展有所帮助。

关键词:家庭教育;中日对比;背景;现状;发展

目  次

1 はじめに 1

2 中日の家庭教育の発展史 2

2.1 中国の家庭教育の発展史 2

2.2 日本の家庭教育の発展史 3

2.3 中日の家庭教育の発展史の対比 3

3 中日の家庭教育の現状 5

3.1 中国の家庭教育の現状 5

3.2 日本の家庭教育の現状 8

3.3 中日の家庭教育の現状の対比 10

4 中日の家庭教育の相違の要因 12

4.1 社会文化の違い 12

4.2 家族構成の文化水準の違い 12

4.3 政策と理念の違い 13

5 中日の家庭教育が互いに対する啓発 14

5.1 日本の家庭教育が中国に対する啓発 14

5.2 中国の家庭教育が日本に対する啓発 14

6 おわりに 16

参考文献 17

謝  辞 18

1 はじめに

 有名な教育家スーホムリンスキーが次のように指摘している。「両親は未来を創造する「彫刻家」であり、児童の「基礎」は両親の両手から築くので、自分の子供を教育するのは公民の基本的な義務である。」[1]

 ご存知のように、家庭教育が教育の一部として、学校教育と社会教育の基礎である。家庭教育が終身教育に重要な影響を与えている。

 本論では、中国と日本という2つの国から出発し、家庭教育に対する研究分析する。いわゆる家庭教育、家庭を中心にして子供を教育して、教育の内容は学術知識ではなく、子供がどのように生活し、成長し、身を処することをわかるように教えるのである。

 家庭教育では、人の最初の教育を受けて、しかもそれは誕生からずっとあなたが成長するにつれて、とても重要である。そのため、親は家庭教育の中で最も重要な役を演じている。本論では、家庭教育に対する研究、つまり、親を対象に研究を行う。中国と日本の親の教育方法に対する研究を通じて、中日両国の家庭教育の長短所を比較分析したうえで、お互いに良い点を参考にするべきであると思われる。それにより自分の国家の家庭教育を完璧なものにできるだろう。

2 中日の家庭教育の発展史

 

 2.1 中国の家庭教育の発展史

 中国はかねてから家庭教育を重視して、原始社会の末期に一夫一妻制が現れてから、近代的な意味の家庭教育が誕生した。数千年の歴史の中で、大量の家庭教育の経験と文献を蓄積して、中国がなぜ家庭教育を重視する伝統があるのか、個人と家庭と国家と密接な関係がある。家庭教育の善し悪し、国家と社会の安定と発展に関わって、国家を管理することに対して基本的効果がある。

 「建国後の30年中で、国家が学校教育を発展させると同時に、とても家庭教育事業の発展を重視する。」[2]しかし様々な歴史の原因のため、家庭教育の理論研究はほとんど中断状態がある。人々は全力で一つ一つの政治運動の中に身を投じて、子供の家庭教育を考慮に入れる気がなくて、家庭教育の問題は社会の関心を引き起こしていない。その時、社会の中で、自分の私事にだけ関心を示し、自覚性は高くなくて、「革命意志」が衰退したと思われる。社会は要らないので、そのため、家庭教育の理論研究にも言及しない。改革開放と知識経済社会の発展で、人々は家庭教育に関心と情熱を奮い立たせて、家庭教育の理論研究と家庭教育の科学的な知識の普及をも推進する。

 ここ10年来、家庭教育の研究と交流に関してとても活発であり、繁栄している光景を現す。現在、家庭教育の理論研究は良好な始まりがあって、発展も健全である。

 2.2 日本の家庭教育の発展史

 第二次世界戦争を境界線にして、戦前で、日本の家庭教育は筋道と人情を重点にして、明治維新の後、欧米の思想教育の影響を受けて、たくさん新しい制度を設立した。しかし、忠誠心と孝行は主な柱として動揺していないで、この時、教育の目的は子供を国家、天皇、両親のために命を受ける人を育てあげることがある。 第二次世界戦争の敗戦は、日本社会にとても大きな打撃を与えて、そのため日本の家庭教育もとても大きい変化が発生して、民主主義の家庭教育が長い時期を通ってゆっくり確立されて、強力に児童を「人」にして尊重することを強調している。「昭和34年、日本は全世界にむかう国際連合児童宣言を公表して、さらに児童を尊重することの教育精神を発揚する。」[3]そのため現代日本の教育は主体的特色を形成した。

 戦後の日本は奇跡的にわずか数十年の時間を用いて廃墟から世界的経済強国を作り上げた。この50年ぐらいの間に、日本はさまざまな分野で大きな進歩を成し遂げた。これらの進歩は日本社会に巨大な変化をもたらした。同時に家庭教育の面で、日本も自分の独特の教育体系を形成した。

 2.3 中日家庭教育の発展史の対比

 儒学は中国から日本に入って、そこで、初期で中国と日本はすべて儒家の教育を受ける。儒学は尊卑等級の仁を核心とする。古代の中国と日本は儀礼の国家であり、しかし中国と日本はその時まだ発展していなかった。教育の体系も整っていなかった。中国の建国と日本の第二次世界大戦での敗戦が両国にとって重大な転換点となった。その後に、それぞれ家庭教育の発展を迎えたわけである。その点において、似ている経歴があり、共通の特徴を持っている。

3 中日の家庭教育の現状

 3.1 中国の家庭教育の現状

 3.1.1 核心的理念

 ① 最も良い教育

 今の中国家庭の生活水準はあまねくすべて高まって、多くの家庭にとって、子供が生まれた後で、親は子供が幼稚園に入る前に、子供のために未来図を設計して、どの幼稚園がいいかいろいろと調べておく。今中国の幼稚園で子供を虐待する現象が多発しているので、幼稚園の選択は1つの悩ましい問題である。多くの親は子供の安全を心配して、子供の知力などを開発することを望んだりして、結局バイリンガルの幼稚園を選ぶ親が多い。子供に小さいときから一つの技能をマスターさせることができて、後に重点の小学校中学(高校)を選んで、大学は多分外国へ行ってもっと高いレベルの教育を受けて、豊かな家庭は子供の学業のために移住を選ぶ者もいる。目的はただひとつであり、それは子供が最も良い教育を受けられることを望む。

 ② すべての面における発展

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接