从芥川龙之介的《罗生门》分析人性的丑恶毕业论文_日语毕业论文

从芥川龙之介的《罗生门》分析人性的丑恶毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

在世界文学界,对芥川龙之介的《罗生门》的研究历史悠久,内容多种多样。本文以这些先行研究为参考提出自己的观点。

本文将内容分为关于《罗生门》的先行研究、作品的社会环境与作者的心境、作品中的环境描写与作品人物的人性丑恶面的变化过程三个部分,并且每个部分又细分成几个研究点。通过这些研究点,能够详细地介绍作者的生活经历,作品的内容及主旨。同时,本文也提出了自己的想法和关于人性丑恶的分析。在把握它们本质的基础上继续面向今后的学习。

关键词:先行研究;作者的生活;人性的选择;人性的丑恶

目 次

はじめに 1

  1. 『羅生門』についての先行研究 3
    1. 『羅生門』についての中国の研究 4
    2. 『羅生門』についての日本の研究 5
  2. 作品の社会環境と作者の心境 7
    1. 作品の時代背景と当時の社会環境 7
    2. 芥川自身の悲惨な生活経験とその経験の影響 8
    3. 芥川の短い人生 9
  3. 作品の環境描写と作品における人物の醜さの変化過程 11
    1. 天気と建築への描写について 11
    2. 下人についての分析 12
    3. 屋根裏への詳しい描写について 13
    4. 老婆についての分析 14
    5. 女の死骸についての分析 15

終りに 17

参考文献 18

謝辞 19

はじめに

世界文学界では芥川龍之介の『羅生門』についての研究は歴史が長くて内容も多種多様である。研究は主に作品の文法と作品の主旨という二部分に分ける。そして、黒澤明監督の同名映画『羅生門』が世界で注意を引いたから、映画に関する研究も多い。この作品に興味を持っている学者たちは作品をもっと詳しく分かるために、自分なりの方法で努力している。

作品の主旨を研究する学者は普通利己主義とか作品の結局とか人性とかを目指して自分の主題を提示する。利己主義ときたら、沈遠はこう述べる。「利己思想の影響で道徳を背く行為であれ、他人の利益を濫用することであれ、自分の必要を満たすために、利己主義者がこれらのことを全部足掛かりにならせる。悪事をする同時に自分のイメージを維持して良知の安定を確保するように、利己主義者が全ての過ちを外部環境と他人に転嫁して、そして、過ちから逃れる目的を達する。」1。自分のことだけ考えるからこそ、利己主義者になる。結局を研究するなら、李玉麟は「主人公が利己主義というレッテルを張られたけど、所詮既存道徳の手かせ足かせを壊して基本的な生活権利と利益を取った。結論:この作品は喜劇であって悲劇じない。」2と、彼がこう述べる。大部分の学者は主人公のことを認可しなくて、しかし李玉麟が主人公に認可する値打ちがあると思うから、この作品を喜劇に定義する。人性研究を目指す学者が更に多くて、後でもっと詳しく紹介する。

本論文は三部分で構成して人性の醜さを目指す。三部分には数個の小部があって、それと同時に作者の生活経験や当時社会の状況などを結んで、でき

  1. 沈遠、『芥川龍之介「羅生門」の利己主義思想の解析』、南昌教育学院新聞,2011 年第 26 巻第 12 期
  2. 李玉麟、『「羅生門」最後結局の検討』、日本語学習と研究、2005 年第 4 期

るだけ詳しくこの作品を紹介する。先輩たちの研究成果を基づいて自分なりの考えを提示するつもりである。この論文を通じて今後の勉強に役立つのではないだろうかと思う。

1 『羅生門』についての先行研究

世界で有名な小説として、『羅生門』に関する研究の歴史が悠久であって、しかも内容が多様である。大部分の学者は主に作品の文法と主題を目的にする。もちろん、同名である映画『羅生門』が世界範囲で注意を引いたから、映画を研究する学者も大量に出現する。日本の著名な小説家として、芥川龍之介はとても人気があって、彼の作品を読む人が言わなくてもいっぱいである。個人的な研究がもちろん、専門的な研究団体もたくさんある。日本だけでなく、中国にも多くの人は芥川龍之介が好きだから、彼と彼の作品に関する研究がめったにない現象ではない。蒋葦葦はこう述べる。「実は、芥川は小さいから悲観の人生哲学の人生観を身につけて、常に現実のいろいろな問題に対して苦境に落ちた。彼は現代社会の暗さと不合理に一貫して批判の態度を持っていて、しかしながら、彼はこの苦難の現実に分離できなくて、未来に悲観と失望を持っていた彼は精神の依頼も見つけなくて、魂から孤独を感じて、どうしようもなくて悲観のトップに向かった。」3。『羅生門』の悲観結局は芥川龍之介の悲観人生から生まれて、対応して、この作品も一定の程度に作者の人生経験を反応した。何放は、「最後に作者が言いたいことは下人が生存できないこの結局である。そして、下人のような悲惨な運命がある人間はつづいて現れて、下人がいつか死ぬかを問わず、下人の死を踏まえて生存を追求する人間は次から次へ現れる可きである。」4と言った。人性の醜さはこの世界で長く生きていて、完全に消すことがまだ不可能と思う。

  1. 蒋葦葦、『「羅生門」から芥川龍之介の人性観を見る』、学理論、2011 年
  2. 何放、『「羅生門」への皮相な解析』、貴州民族学院学報、2010 年第 5 期

国籍を問わず、年齢を問わず、芥川龍之介と彼の作品を更に了解するように、もっと多い人が芥川とこれらの優秀な作品を分かるように、世界の研究者は本当に頑張っている。将来はきっと多いの人がこれらの研究に力を捧げると思う。

『羅生門』についての中国の研究

中国で『羅生門』を研究する学者が多くて、研究方向も多種多様である。例えば、楊希の論文『芥川龍之介の「羅生門」における人性の思考』により彼女の観点を紹介する。彼女は、「小説が主人公の心理の変化過程を完璧に描写して、この変化過程を通じて、作者の人生観を自然に分かることができる。」

5と言った。楊希は、『羅生門』から芥川龍之介の実現に希望と不安を持って

いた矛盾の心理がよく見える、と思う。養子の経験や生活の苦労や社会の暗黒面などを結び付けたからこそ、芥川の矛盾の極端の人生観を形成した。そして、楊希は芥川龍之介の身の上に同情を大いに示すとともに、彼の文学成就も褒め称える。もう一つの例を挙げたら、王晶は、「芥川龍之介が亡くなった後に、彼によって評判は相変わらずまちまちでまとまらなくて、全然相反の意見が同時に評論界に共存する。いまにも、芥川によって統一の評判がない。日本文学歴史にとってはこれが珍しいことである。」6と述べる。芥川の作品を読む時に、作者自分の思想、経験、当時の社会背景を結んで分析的な目で読むべきであると、王晶はそう考える。芥川龍之介の性格、人生観、世界観は彼の作品に影響して、そしてこれらの作品により反応する。悲観的な

人生観なので、芥川龍之介はたくさん有名な作品を作ったけれども、自分の生命が早く終わった。芥川の代わりに残った作品はこの世界に生きている。中国では芥川龍之介とか彼の作品とか研究する者は多い。これらの研究者は芥川の作品を褒める者もいて、批判する者もいる。しかし、日本文学界に、

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接