(日)日本の神前結婚式について(中)关于日本神前结婚式毕业论文_日语毕业论文

(日)日本の神前結婚式について(中)关于日本神前结婚式毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

近年,随着政治经济的发展,中日之间的交流日益频繁。虽然中日是“一衣带水”的邻国,但是在文化和习俗方面却存在很大差异。有时外国人参加日本亲戚,朋友的婚礼时会犯一些细节上的小错误。所以,我选择具备日本特色的结婚仪式——神前结婚式作为研究课题,并和传统的中国结婚式作比较。总结出中日婚礼从仪式氛围到婚礼的礼金各方面的异同点。分析中日婚礼形式的不同,影响中日婚礼的思想因素等方面。希望通过对彼此的了解加深两国人民的相互理解。此外,还列举出平时大家参加婚礼时要注意的事项。注意事项主要包含五个方面:参加婚礼前邀请函回复的注意事项,结婚纪念品的包装事项。出席婚礼时的礼服,礼金的注意事项。希望给大家参加婚礼时作参考,让可以避免这些小错误。

关键词:神前结婚式;中式婚礼;异同点;注意事项

目  次

はじめに 1

先行研究 2

1日本の結婚式の形式 4

2神前結婚式 6

2.1 神前結婚式の起源 6

2.2 神前結婚式の場所 6

2.3 神前結婚式の流れ 7

2.4 神前結婚式の礼装 11

3中国の結婚式 14

3.1 中国の主に結婚式 14

3.2 中国の特色的な結婚式 14

4両国の比較 18

5日本の結婚式の注意事項 19

5 .1 礼装の方面 19

5 .2 結婚記念品の包み 19

5 .3 礼金の金額 19

5 .4 招待状の返信 20

おわりに 22

参考文献 24

謝辞 25

はじめに

地域によりさまざまな様式があるが、どの地域でも喜びの様式がある。いとこの結婚式に出席した時、こまごました用件で困られたいとこを見て、日本の結婚式を思い出した。中国の結婚式と違いを比較してみたい。中国は広くて人口が多い民族で、土地の習わしにのっとると、さまざまな結婚式が行われる。同時に,近代日本では、宗教にかかわりなく、教会式、神前式、人前式、仏前式などの結婚式が自由に選択されている。しかし、ほかの結婚式より神前結婚式の流れはもっと日本の伝統文化を明らかに示している。私にとって、神前結婚式という論文題目提出した原因は二つある。まず、中国の特色の結婚式と比較して日本のしきたりをはっきり知らせて、結婚式で些細な間違いを避けるといい。そして、もっと多くの人は日本の伝統の結婚式を深く理解できると思う。

先行研究

先行研究の記述:

先行研究は数多くある。ここでは、主に佐田恵佑の『婚礼事典』、榊原正彦(1998)の『冠婚葬祭百科』が資料として、このふたりの作家の研究を取り上げる。『婚礼事典』という本は人生のセカンドステップとなる「結婚」について、当事者本人に必要な知識はもちろん、両親や媒酌人、結婚を祝う立場のひとびとにも役立つ情報を満載してまとめた一冊である。「縁談」の紹介から、「新生活」の解説まで、結婚式について詳しく説明している。

『冠婚葬祭百科』という本は、一定のしきたりによると、祝意を正しく表すという場合にそなえての参考にもなればと考えてまとめたものです。「冠」の巻では結婚以外の個人的な祝い事、日常的な礼儀についてまとめることにする。本書は、それぞれの行事の意義や由来から説き始め、昔からのしきたりや、今日もっとも広く行われている作法について、できるだけ詳しく、順を追って、細かく項目をわけてまとめてある。結婚式の部分は見合いから新婚旅行まで、系統立てて説明している。

しかし、現代のひとびとは結婚の儀式をスムーズに進められるように、簡約な儀式を行うの傾向がある。たしかに、神前、仏前、キリスト教式あるいは新しい形式の人前結婚式と、いろいろの形式がありますが、ホテルや結婚式場の多くが、神前の式場を用意しているので、神前結婚式がもっとも多いのが現状である。でも、日本人として、伝統をついで神前結婚式を行うのは重大な意義を持っている。だから、神前結婚式にかかわる起源、挙げる場所、独特の流れなどを説明してみたい。

先行研究の問題点:

資料によって日本の様々な結婚式を記載しているが、各国の結婚式の区別を分析しなくて、中日間の異同点にはっきり分からない。だから、中国の古代の結婚式の資料を調べて、代表的な手順を研究して、異同点をまとめた。もう一つは、日本の結婚式において細かい注意点に明らかに説明しなくて、人々はその注意点に気がつかない。本文は結婚式を参加する時に注意点を指摘した。

1日本の結婚式の形式

日本では、さまざまな結婚式がある。主に形式は以下の通りだ。

神前結婚式

神前で神官によって行われるもの。最も一般的に行われている。

自宅結婚式

古くからしきたりに乗って自宅で式を挙げるもの。

仏前結婚式

仏前で夫婦の誓いを立て、祖先に結婚の報告をするというもの。

人前結婚式

友人や知人の前で結婚を誓うというもの。さらに趣向を凝らしたスタイルもある。

教会結婚式

キリスト教の教会で神の前に愛を誓うというもの。プロテスタントとカトリックで式次第も違う。

披露のいろいろ

洋風披露宴、和風披露宴、中華披露宴とカクテルパーティー、ガーデンパーティーなど。[1]

現代の日本では、キリスト教式結婚式とか、神前結婚式とか、仏前結婚式とか、人前結婚式とかのさまざまな結婚式がある。2009年において、ネットマークの統計によると、キリスト教式結婚式は大きなシェアを占めて61.7%だ。神前結婚式の比率は33.2%だ。人前結婚式の比率は4.3%だ。それと、仏前結婚式の比率は0.8%だ。2013年において、オンライン調査の結果は、人前結婚式と家庭結婚式が普及していた。今日では、結婚式場やホテルで神殿を設け、神前結婚として盛んに行われている。現代の人たちはシンプルで、ロマンチックな結婚式を挙げたが、きわめて神聖な神前式が厳かで、独特な魅力にあふれていると思う。

2神前結婚式

2.1神前結婚式の起源

歴史の資料によると、神前結婚式の起こりは明治時代だ。明治33年に皇太子嘉仁(後の大正天皇)と公爵九条道孝の四女節子の結婚式が宮中の賢所で行われたのが始まりと言われている。[2]この前に、日本ではいわゆる制式な結婚式がない。欧米諸国では、カトリック教を信じている男女は夫婦になる時、神さまから許可がおりらなければならない。欧米諸国に比べて日本のほうが自由に現れている。だから、皇太子が他人の提案に従って、披露宴を張るだけではなく、カトリック教を参考にして、厳かな結婚式を行う。その結婚式は「神前結婚式」と呼ばれる。まだ普及してない時、ただ天皇及びその一族が「神前結婚式」を行う。今までもう101年の歴史がある。第二回世界大戦の後、昭和35年ぐらいから普及していた。全プロセスから見れば、日本の結婚式は自宅式、神前式、仏前式、教会式、人前式という順番に現れる。いわゆる神前結婚式とは、神社の神殿内には、日本の神道を基に行われた結婚式である。花嫁真っ白な和服の装いを凝らして、新郎つい紋和服を着て、神社の前に約束を正式に結婚して、夫婦は全体の儀式の過程はかなり厳かでしめやかである。

2.2 神前結婚式の場所

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接