论中日竹文化异同毕业论文_日语毕业论文

论中日竹文化异同毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

竹子不仅在物质上与人们的生活息息相关, 在人们的精神生活中也发挥着特殊的作用。日本自古便形成了丰富的竹文化, 中国大陆文化传入以后, 日本吸收了中国竹文化, 并有着较好的传承与发展, 与日本固有的竹文化结合在一起, 形成了独特的日本竹文化。

  日本竹文化是日本文化的重要组成部分。

日本是世界上为数不多的森林王国, 森林覆盖率为66%。在世界森林覆盖率较高的国家中, 日本是唯一一个不是热带雨林, 却拥有丰富的森林资源的国家。在森林的周边生长着繁茂的竹林也是日本植物分布的最显著的特征, 因此, 拥有森林王国美誉的日本又是世界上屈指可数的竹林王国。

  与中国竹文化相比,日本竹文化具有浓厚的宗教、美学、文学、艺术和民俗特点。日本的竹以神道祭祀为载体,是禅宗禅味的代表。此外,它还是坚韧不拔的理想人格的象征。竹作为一个特殊的符号,反映了大和民族对竹的认识、理解和信阳。

  

目  次

はじめに 1

先行研究 2

1 日本竹文化の歴史沿革 3

2 日本竹文化の表現形式 4

 竹文化景観 4

3 日本の竹文化記号 7

3.1 竹と宗教 7

3.2 竹と民俗 7

4 竹と文学 9

4.1 和歌と竹の文化 9

4.2 『竹取物語』 10

5 竹と芸術 11

5.1 竹と茶道 11

5.2 竹と華道 11

5.3 竹と芝居 12

5.4 竹と剣道 12

6 竹についての諺 13

おわりに 14

参考文献 16

謝  辞 17

はじめに

 高級日本語の授業で、水上勉の「竹とともに」[1]を読み、面白いと思った。資料を探して、竹について内容がいろいろである。日本竹文化と中日文化互いの理解を深める分析しようとするものである。

 日本竹文化は大和民族繊細な観察力と精緻な思考方式を体現した。稲作文化の影響で、 一年中丁寧に耕作する日本人は繊細な性格をなっていた。日本人は昔から竹不思議な成長力を丁寧に観察と考えていた。アニミズム[2]は世界を認識と理解する独特な観念である。神への恭敬が自然の流れに任せ、自然に融合する表現方式である。

 中国人は竹の特性を擬人化する。例えば、人は竹が寒さを恐れないで人間の節をまっとうする人格を連想した。竹の清風瘦骨を超然脱俗な人生境界を連想した。この竹の自然属性と人の人格特点の一致は中国竹文化の核心である。

 他種類の文化と比べて、日本竹文化の範囲がもっと広い。中国竹文化と比べて、日本竹文化の応用分野がもっと広い。日本文化記号の反映は中国竹文化と同じで、濃い宗教、美学、文学、芸術、民俗など特徴がある。日本で、竹は神道祭りのキャリアーと禪宗の代表であるし、堅忍不拔で理想的な人格の象徴である。

先行研究

 上田弘一郎は『竹ずくし文化考』という著書のなかで、「『万葉集』は、7世紀後半から8世紀後半ころにかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集である。天皇、貴族から下級官人、防人などさまざまな身分の人間が詠んだ歌を4500首以上も集めたもので、成立は759年(天平宝字3年)以後とみられる。」ということを指摘した。

 室井綽は『竹と笹』という著書のなかで、「三、五、七本というように小さい群を庭にいくつかつくって観賞する方法か、あるいは工場、民家から隔離させ静かな環境を作り出すために塀にそって全面的に植込むことが行われてきた。しかし、今後はあの竹のもつ柔軟さ、緑の美しさ、枝が水平に広がる特性などから心をおちつけるためなど、竹の良さをもっと身近な場所において観賞する目的で、大樹のように単独で、一本の庭木として一個のよさを観賞するために植える方法を考えるべき時代であろう。」ということを指摘した。

 また、室井綽の『竹』という著書のなかで、「春の食物の代表として、誰でも筍をあげる。筍のとりえは「歯ごたえ」で、この歯ごたえは、罐詰にも、菜葉にも、魚や肉にもない。歯ごたえは味覚に深い関係があるものだ。」ということを指摘した。

 沖浦和光は『竹の民俗誌―日本人の深層を探る―』という著書のなかで、「日本平安時代( 794~1192) の『竹取物语』、竹取りの翁(おきな)が竹の中から光り輝くかぐや姫見出して、翁夫婦が少女を養女に育った。後で段々竹の中で金を発見して、豊かに暮らした物語を巡る奇譚。」ということを指摘した。

1 日本竹文化の歴史沿革

 縄紋時代から、日本が竹製品を使用していた。しかし、紀元前年200から紀元300年まで間、農耕文化が中国から日本に渡した後、大量の生活用竹製品が広範囲に流行して、漁業と軍事など分野を延びていた。だから、日本竹文化の源は中国であった。中国の竹文化は日本に伝わった後、進化と伝承しながら、よく発展した。特に隋唐文化に対する大がかりな納得は日本竹文化に空前の発展をもたらしてきた。中国の竹楽器、生活用品が大量に日本に伝わったから、日本は中国に違って扇(折扇)を製造した。扇も日本と中国貿易の中で最も重要な商品の一つであった。竹も広範囲に建物と農業灌漑用に用いられ、生活生産の主な材料の一つになった。

 孟宗竹が日本に伝わった後、20世紀80年代、日本自生竹—苦

竹を超えて、一躍日本一の竹になった。その上、孟宗母に親孝行した物語も伝承された。中国儒家思想の影響を受けて、日本人も孝道を美德となっていた。

 孟宗竹の伝来とともに、竹は茶道、花道に用いられた。竹は縄紋時代の神秘物を生活用品に変化して、最後芸術の道具になった。ちなみに、割り箸、竹の皮靴、馬楝[3]。割り箸は今に影響していた。

 平安時代、「門松」[4]は中国から日本に伝わった。同時に、松竹梅の寒さにめげず、生命力に満ちた品格も日本民族に吸収した。

 

 

 

2 日本竹文化の表現形式

日本竹文化主な表現形式は竹文化景観と竹文化記号である。竹がビークルに日本文化を積載する。

 2.1 竹文化景観

 2.1.1 竹と生活

 日本は縄紋時代から竹櫛、竹ブレスレット、竹耳飾りなどものを使用していた。髪の上で竹ブレスレットを差し込むこと、飾りだけでなく、巫術礼儀の体現である。

 大和民族の親植物性が服とアクセサリーに体現される。日本人は今まで草履をはいている。イグサ、竹皮などで編みものである。

 日本人は米と野菜を主食として、竹製品を食器とする。一般的には肉が食べらない。それから日本料理のスタイルはあっさりと倹約である。

中国中医理論医食同源の影響で、日本は古代から竹の薬用価値を知っていた。 ハチクまたはマダケの茎の外層を削り取った内層は、竹茹(ちくじょ)という生薬で解熱、鎮吐などの作用がある。タンチク、 ハチクの茎を火で炙って流れた液汁は、竹癧(ちくれき)という生薬である。

日本で地震が多く、日本人は建物材料を選ぶ時、軽くて丈夫な竹が大好きである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接